« January 2005 | メイン | March 2005 »

February 28, 2005

まだ女刺客

bb2bb9a3.jpgメディア文化祭アニメーション部門受賞作品上映会に出かけました。
もっとも大賞「マインドゲーム」ではなく短編の優秀から推薦まで14本。

休憩無しの100分弱でしたが見せ場の固まりみたいな物であっという間。
2本を除いてもちろんセル画風ではありましたけれどほとんど3DCG。
短い時間に言いたい事をしっかり言う短編が上位なのですが、私は彼岸に旅立った母へ手紙を書くスタイルの「神谷通信」が余韻があって好き。
相変わらず尻尾を巻いて逃げ帰りました。
異聞はまだまだシナリオ行数で710分の2。
1176フレームあたりをうろうろと。
ちなみに今回は24fpsですから49秒か・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 10:11 AM | comments (0) | trackbacks

February 26, 2005

プロは決して動揺しない。

c0c382ea.jpg昨晩の帰宅途上、刺客の動きと表情を考えていた。
一撃で仕留められなかった刺客は動揺したのだろうかと。

勿論それが主人公である場合は別であるが一瞬画面に現れる刺客の表情など一般には重要な事象であるにも拘らず刺客は黒い陰に覆われてまるで添え物のように倒されて行く。
仮に映ったとしても目がぎらつき最後は苦悶の表情で一件落着。
初期、ほとんどを黒で塗りつぶし簡単に済ませようと考えていた事は事実だ。
しかし重要である人物を倒そうとするからには刺客にもそれ相応の互角とも言える人物を与えなくてはなるまいと考えるに至った。前述の表情に一考の余地があり埋まってはいないのではないかと思ったのだ。
プロであるからには状況の対処に数多くの選択肢を持って然るべきで結果としては無表情で行こうと決めた訳だ。
声を発せず機敏な動作である事を心がけたい。
刺客について
614年、瑞に生まれ氷女(ひめ)と名乗る美女。幼い頃に暗殺集団「鰐」に拉致されその際両親の死を平然と見ていた事から祖「阿武」に愛されさまざまに仕込まれる。性技は巧緻を極めるがそれは目くらましに過ぎず他の刺客が性器に仕込んだ毒袋の破裂を以て対象物とともに相打ちとなる手法はとらない。絲術を得意とし頸動脈の一撃必殺は見事だ。瑞使節団とともに那国に現れる。遊女になりすまし弦淇の暗殺を企てる。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:29 PM | comments (0) | trackbacks

February 25, 2005

女刺客

cbdd2881.jpg仕事の合間とはいえまだこんな所で止まっている。

振り下ろした状態から体勢を立て直し次の動作に移るまで。
トゥイーンを使えば良いのだが腰、胸、肩のひねり、腕、足、頭のシンボルが増えて管理が面倒なのでフレーム&フレーム・・・20・・・
トゥイーンにしなかったのは腕の反射が問題だったため。
右から光が当たっている左腕シンボルのインスタンスは肩を中心に回転させると振り下ろした際に逆になるから。
しかしほとんど椅子の陰で見えないんだよねえ。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:26 AM | comments (0) | trackbacks

February 24, 2005

知識の島が大きくなると

今朝の新聞から拾った言葉を忘れないうちに。
知識の島が大きくなると、不可思議の海岸線が長くなるという言葉があるが、

1私にとって眠くなるものらしく海岸線がぼやけて来る。
2限られた知識の中で自己満足の比率が高まると砂浜は狭くなりやがて絶壁となって人を遠ざける。
3島が大きくなるに連れ真砂の一粒である自分が小さくなる。
と思う。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:12 PM | comments (0) | trackbacks

February 23, 2005

女刺客

e1b66eba.jpg16フレームだから16枚描いて0.66秒ね。
これは長期戦必死!死んじゃ困る、必至!!


posted 久多@麩羅画堂 : 09:05 PM | comments (0) | trackbacks

February 22, 2005

椅子の制作から破壊まで

919c5149.jpgこの二日間で椅子を作って壊すところまで。
頭の中にあるイメージを実際に描こうとするとその実現に結構時間をとられる事があります。
イラストを描くつもりで細かい所まで描き過ぎる。
0.333秒(8フレーム)のためにいくら何でも30分はかけ過ぎです。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:56 AM | comments (0) | trackbacks

February 20, 2005

森。

確かにHの考えは危うい。
だが森、貴様に金がすべての風潮は現在の大人が作り出したものか?などと言う資格があるのか。
腐乱まみれは口を慎んで引っ込んでいろ。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:26 AM | comments (0) | trackbacks

刺客の視覚化。

8cf09945.jpg殺しの道具の扱いについてあれこれ考えたのだが、ちょっと疑問が沸いて来た。
時代が少し違う気がする。
さてどうするか?
シナリオの0,1%しか進んでいない状況です。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:23 AM | comments (0) | trackbacks

February 19, 2005

刺客。

d9337f4d.jpgデッサンで動きを確認する。実際にはFlash描画だからすっきりするが腕の動きのシンボル化は難しそうだからフレームを重ねる事になりそうだ。
いつになったらタイトルまでたどり着けるやら・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 03:07 PM | comments (0) | trackbacks

3Dアプリの使い分け。

0fd3ae22.jpgCarrara3jとStrata3Dpro3.9.1jの画面比較。おじさんとしては慣れるまで時間が掛かりそうだ。
キャラクター系をCarrara、構造建築系をStrataにしようかと考えているが、さてどうなるか。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:33 PM | comments (0) | trackbacks

色の白いは七難隠す。

1611ef14.jpgしかし美人薄命とも言う。雨のお陰であばた顔。
昨日は朝から熱っぽかったがやはり風邪のようだ。
で、うがい、葛根湯、ビタミンC、養命酒のフルコース。

昨日は夕刻より色校で問題のあったデータをクライアント側のモニタで検証。
ラスタライズまでしたから後は頼むでは責務を果たしたとは言えないだろうとイラストレーター諸氏に伝えてくれるよう依頼する。

正月にガラパゴス諸島へ行った知人のカメラマンから海イグアナの写真を見せてもらう。思ったより頭から肩、腹にかけて赤い斑が鮮やかでイモリのようだ。

頭痛を抱えて別件打合せ。世間話はいらない。液体燃料の説明を受ける。

本日263.1MBデータを100分かけてサーバーにアップする。光だろ?その間OSXでは大丈夫なのは分かってはいるが他のアプリを立ち上げるのが恐く貧乏性なのかデータ転送中にエラーでも起きたら嫌だもの。

荷物は腹にして欲しい。背中、腰、尻のそれは邪魔。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:30 PM | comments (0) | trackbacks

February 18, 2005

学閥が邪魔をしているんじゃ?

効率の悪い科学研究って縦割り社会と政治屋教授が元凶じゃないのかなあ。
才能に問題があるとは思えないのだが、オープンオープンもっとオープン。
競って結果オーライ!
読売

posted 久多@麩羅画堂 : 10:05 AM | comments (0) | trackbacks

February 17, 2005

CARRARA3

49c1c8b7.jpg3Dアプリケーション、CARRARA3日本語版(あちらではとっくに4になってるが)の体験版をダウンロードする。
BRYCEにインターフェイスが似ている。
と言う事は快適で洗練されたキャッチフレーズに少しばかり違和感を覚える。
歳を取るとなかなか慣れ親しんだものから抜けるのに苦労する。
株式会社イーフロンティア

posted 久多@麩羅画堂 : 10:35 PM | comments (0) | trackbacks

February 16, 2005

OS10.3.8

Appleから送られて来たソフトウェア・アップデートの通知。
へえとボタンを押してインストールした。

しかしインストール直後から、ついさっきまで静かだったG5が、アプリ(アドビ真っ黒問わず)立ち上げたり画面を開いたりすると、ちょっと心臓に悪いほど大きな音でファンが回る。ウォーーーーーーーーーーーーーーーンって。
今だけの症状なのだろうか????
×イラストレーター
×フォトショップ
×フラッシュ
△ドリームウイーバー
○インデザイン
○ストラタ
○フリーハンド
○ファイヤワークス
○ガレージバンド他Appleアプリ
そんな大した事今回はやっていないのだが・・・
私はプリントサーバーに使っているのWinの画面は嫌いだが、Macもそれほど愛していないからか??
何だか嫌だな、機械って。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:31 PM | comments (0) | trackbacks

傘をささぬ女の子。

今朝雨が降っていた。
私は傘をさして坂道を上がる。
そこへ小さな女の子が傘を手にさげたまま坂を下って来た。
私は「傘をささなきゃダメだよ」と忠告した。

今朝雨が降っていた。
私は傘をさして坂道を上がる。
そこへ小さな女の子が傘を手にさげたまま坂を下って来た。
私は「傘をささなきゃダメだよ」と忠告した。
やはりこれは忠告であって思いやりではない。
思いやりなら何故彼女が傘をささないのかその理由を問い正しただろう。
聞いた上で「傘をささなきゃダメだよ」と言葉をかけたのなら自分が救われる。
同じ言葉が複数の意味を持つ事を10歩ほど歩いてからそれに気がついた。
それで即興で創作する。

彼女はその傘がお気に入りだった。
彼女は傘は雨が降った時に使うものだと母親から言われていた。
しかし晴れた日でも持ち歩きたいほどだった。
いっしょに遊びたかったのだ。
それほどに好きな傘だから雨で濡れるのを可愛そうだと思っていた。
だから雨の日でもさす事がなかった。
案の定、彼女は風邪をひき肺炎を起こし入院した。
ある雨の日の事。
退屈そうに窓から外を眺めている彼女の目に赤い傘が映った。
「あっ、私と同じ赤い傘。」
やがてドアをノックする音がし、見知らぬ女の人が入って来た。
「あなたは誰?」
問いかける女の子に女の人は見舞いの果物かごをサイドテーブルに置くとにこやかに話しかけて来た。
「私はあなたの傘よ。いつも私を大切に思ってくれてありがとう。だけど私はあなたのために生まれて来たの。雨は嫌いなの?」
「いいえ。雨は好きよ。だって水たまりに素敵な模様を描いてくれるもの。」
「そう、良かった。雨も私の友だちなの。今日来たのは雨の気持ちを伝えたいためなの。雨はあなたが風邪を引いてしかも入院したと聞いてとても悲しがっていたわ。ああ僕のために彼女が入院してしまった。何て事をしてしまったのだろうとね。」
「私はあなたが雨ともっと仲良くするために生まれて来たの。だから退院したら、あなたと雨と私がもっと仲良くできるよう傘をさしてね。」
それだけ言うと女の人は帰って行った。
しばらくして女の子はドアの傘立てに、少し濡れた赤い傘があるのみ気がついた。

通りすがりの小さな出来事だった。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:27 AM | comments (0) | trackbacks

February 15, 2005

色校三昧。

2d289905.jpg三種の神器。赤ペン、ルーペ、ライト。
データ入稿の場合は各データ制作者が責任を持たなくてはならないが、カタログなど素材が広範囲多種多彩な場合にはまだまだイラストレーター諸氏、写真家諸氏から自分のデバイス依存でピクトログラフィープリントの色調に合わせて欲しい要望もありアナログでやるんですー。
本来はデザイナーは自分の指定のみ責任を持てば良い。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:29 AM | comments (0) | trackbacks

February 14, 2005

色校三昧。

先週から続いている1,500点ばかりの色校正。
データ入稿の確認はモニタで、ポジ入稿の確認はライトテーブルでと色校正用紙を拡げたデスクの往復を延々と粛々と進行だ。

写真家やイラストレーターのデジタル環境はまちまちだ。モニタも違えばマシンも異なる。
何もないのもあれば埋め込みプロファイルのもある。
せめて印刷が最終納品と分かっておれば、モニタの色温度は5000k。
カラー設定はジャパンカラーAdobeRGB1998とJapanColor2001Coatedにして欲しい。
出ない色ではなく出せない色はなるべくできるなら避けて欲しい。
何よりも印刷物を見てがっかりするのは作った人なのである。
デザイナーはがっかりしない。
出来る限り最悪の結果を迎えないようあえて色数を減らしCMYKをシミュレートするからだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:33 PM | comments (0) | trackbacks

February 13, 2005

異聞微速前進5キャラクター雑感

0e8d3982.jpg以前青池氏のブログ、フラ魂でキャラクターについて述べられていたが大変興味深いものがあった。
「立つキャラ私感」こちら>>■

で、自分の場合はどう考えていたのか。
図は猫谷物語を書き始めた当初のものだからだいぶ前のものだが、今でも頭の中ではこの構造を踏襲している。
生愛善の正三角と滅悪怨の逆三角で頂点に人の持つ要素を散らしている。
多くの人々は交差六角形の範囲内で生きているとし、若干偏りがあるもののまずその性は善であろうと考える。

これらの要素だけで成立するとは思えないが、自分の宗教観から登場するキャラクターを当てはめる事にしている。
物語では様々な葛藤を含めつつ各頂点を鮮明にすれば少なくとも6人は容易に生まれる筈だ。

問題は頂点を実際には知らないという事だろう。
限りなく善人にはなれないであろうし、正反対の極悪人にも実際には無理だ。
似而非善人、小悪党が関の山では無いかと思うのだ。
だから、ひたすら考える。
自分をその立場に置く。
決して真ん中を考えてはいけない。
悟りで無になってしまうし、欲望のない人物はつまらない。
しかし頂点が鋭角ではなく鈍角になってしまうのはやはり甘さが原因なのではなかろうか。
六角形の中から外を見るのは勇気がいるものだ。

さらに図を見て真ん中を水平に切ると理解できるのだが、悪人でも生き続ける奴もいれば、愛と善に溢れた人間でも滅びる。
話を作る面白さは実はこの辺りにあると言える。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:44 AM | comments (0) | trackbacks

February 12, 2005

異聞微速前進4美しき刺客。

e2d2d0fe.jpg殺しの道具。
刺客は当然のように忍び込む以外は武器の携帯は出来ない。
今回は伽の最中に起こった事としていた為刃物は御法度。

しかし毒ではつまらない。
「刺客 弦淇に殺される」この一行が結構難問だったわ。だが創る面白さはこういった場合に発揮される。妄想たくましくあれこれと考える。
昨日はここまで。シーンの切り替えはすべてこの手法をとる。
こちら>>■

しかし異聞はネット公開では無理かも知れない。
墨女や鏡では軽くするために大分犠牲にした部分があったが、背景細部まで道楽にふさわしい仕上げにしたいと思ったからだ。
swfは2MBを越えている。音も入ってないのにタイトルが出るまでに10行くんじゃないのか。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:19 AM | comments (0) | trackbacks

February 11, 2005

異聞微速前進3。

ae16155c.jpgシナリオには科白以外にはそのシーンを一行「刺客 弦淇に殺される」って書いてある。
シナリオの段階では木を見て森を見ずは避けたかったのでさっさと書き進めてしまったが、ここに来て迷ってしまった。

刺客は立ったまま殺されるのか、座ったまま殺されるのか、寝たまま殺されるのか。
それで夕べから・・・考えている。
そのシーンで3つのパターンを演技してみる。
自分でサドになったりマゾになったり立場を変えて布団の上で実演する訳だ。
立ったまま>暗殺に失敗した刺客を壁際に追いつめ喉を掻き切る
座ったまま>捉えた刺客を椅子に縛り付け拷問の上喉を掻き切る
寝たまま>刺客に馬乗りになったまま喉を掻き切る
刺客が男なら先ず間違いなく一番、しかしこれが女だから迷った訳だ。
二と三は自由を奪うからサドの傾向濃厚で恐らくどちらかになる。
弦淇の寝室を作っている最中は二番を想定していたのだが、ちょっと時間が掛かりそうなのとさっくり行きたいので他を進める。
あなたならどれが一番きれい?

「誰の差し金だ」
「那王」
「ふむ見事だ」
「惜しまれて死ね」
喉を掻き切る
「この國の民は王の名を口にせぬ」
なんで見事と言ったか?弦淇は武を心底愛しているからです。策略を嫌う。刺客が死を目前にしてまでプロであったからです。となると三番ですねえ。決定!
色に迷って義経を生かした清盛も政治家でなくて武人だったら平家滅亡は免れたかも知れないですなあ。
もっとも弦淇のこの性格が後に災いしちゃうんですけどねー

これも今気がつきましたが、命を狙われる可能性のある人物の館って外を明るく中を暗くは鉄則だよねえ。
襲われた時に相手は目が慣れるのに時間が掛かるからなあ。
部屋が明るいなあ。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:59 PM | comments (0) | trackbacks

February 10, 2005

異聞微速前進。

93eac831.jpgシーン001弦淇寝室。
ストラタからswf書き出し。明かりの反射グラデーションにポリゴン模様が現れる?何故なんだろ??タイトルまでまだまだ掛かる予想。

仕事の合間しか時間がないから仕方がない。マイペースで進行。
こんな感じですね。
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 09:51 PM | comments (0) | trackbacks

キャラクター微速前進。

e846c6a1.jpg那国水軍大将亀族(きぞく)将軍 大海弦淇
(おおあまのげんき)顔正面


posted 久多@麩羅画堂 : 09:18 AM | comments (0) | trackbacks

February 09, 2005

無能議員を減らせば

事は簡単だ。出来ないのは無能を選ぶ国民に罪があると言える。
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 09:47 AM | comments (0) | trackbacks

February 08, 2005

お前は知らぬ。

ff4cd411.jpgおお無垢なるが故に吾と我が身を捧げんと欲するか。
汝、真に惨たらしき滑稽を身に纏いし荒人を知るや。
吾や知らず。

異聞はインデックスまで完了。もっとも制作者と
「命 男 之を費やし 女 之を紡ぐ」までなんですが(^_^;
龍族の紋章制作中。
本日やった事は宮殿通路天井装飾216kb
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 01:52 PM | comments (0) | trackbacks

February 07, 2005

エレベーターガールは二度笑う。

現在ではセクサロイドになっているが刻の眷属の副題だ。
時計の針の重なりにインスピレーションを得たのだと思う。
また事務所のあるビルのエレベーターに閉じ込められたデリバリーの若い男性の恐怖の顔を見た性かも知れない。

その108階建ての高層ビルにはエレベーターは一つしかない。だが噂では二つあり昇降が重なった時に現れると言われていた。出世する人物は偶然に二つ目のエレベーターのあるフロアで乗り換えるとされていたのだ。もちろん能力ある人物に特定されていたが、ある日冴えない男がその偶然に遭遇した所から物語は始まる。オチはその男が下りの方にも乗ってしまった。である。下りに何故乗ってしまったか。それは秘密であるが

堕ちて行く
今のままじゃ このままじゃ 何も残らない 残せない
エレベーターは異界の塔

とまで書いた時点で本能寺の変へ話を進めた。
しかし同じ頃同じ話が本になったためにさらに昔に話を進めた。
結果卑弥呼まで行き着くのである。

畿内か北九州かは問題ではない。現代と未来を横浜に置いたから。なぜなら話は高層ビルでないとイケナイからと、取材が楽だから。これもまた強引である。でも02年に石舞台は見学しました。物語では実際の10倍くらいに想定しています。
なんとなく余裕が感じられるのは異聞のシナリオが確定したから。でもまあ油断大敵という事もあるからこれから延々と続く作画にちょっと遠い目・・・
僕は高所恐怖症なのだが何故か高層ビルが題材に出て来る。あっこれは願望の象徴ではないですぜ、旦那。
落ちる感覚は分かるのです。おそらく溺れかけて引き潮に体の自由を奪われた際の多数の泡の先に手がかりが遠くに去るのを目撃したからではないかと思うのです。あの恐怖は40年以上も前の事なのに昨日のように感じられます。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:31 AM | comments (0) | trackbacks

February 05, 2005

虚構は実像を結ぶか。

昨日は実際の夢の話を書いたが、夢は決して虚構ではなく実存に限りなくオーバーラップしている。
何かどこかに意識の有無を問わず引っかかる物があったり関心事や葛藤が底深く沈殿しているのだろう。

まあ自分だけかも知れないが化け物は夢に登場した試しがない。
だから魑魅魍魎の類いは覚醒している状態で妄想の中にのみ存在する。
この想像力は僕の場合かなりの努力を要する。変異(形質上の異変)であって真の想像ではないからだ。
僕の商用ではないアニメーション作品の多くは夢見から始まるがそれは例えばアイデアを練っている状態なのではないかと思われる。
海底の沈殿物に一発打ち込み泥が拡散して一見たわいもないもやもやした物になるが、やがて収束してカタチになる。
空に浮かぶ雲が何かの拍子に引き出しに納められた過去の事例から実像を結ぶのに似ている。
その一発は衝動とも言い換える事ができるだろう。
その衝動を引き起こす起爆剤(思いつきではない)が最近足りないのでは無いかと思うのだ。
起爆は痛みであって喜びではない。
これが不健全である事は理解できるが喜びは僕自身が吸収してしまうから仕方がない。
何が言いたいのかと言うと、作ろうとする意識が出発点ではなく生まれたから作る。
だから満ちるまで動けない。
これなのだと思うのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:57 AM | comments (0) | trackbacks

February 04, 2005

夢に憑かれる。

立て続けに夢を見ると疲れる。
その喫茶店は横浜の三ツ池公園にほど近い場所にある。
歌手のY子を伴い訪れた。

テーブルをレンガで作る企画があるからだ。
店主とは初めてお合いするのだが気さくな方だ。
店内はテーブルが10ほどでほぼ満席に近い状態だった。
ここでテーブルを新たに作るとなるとその席を減らさなければならない。
それでも店主はまあ一日の事だから大丈夫ですよと言ってくれた。
見回すと知った顔があった。ライバルの会社の企画担当でS嬢とその部下達だった。
僕に先を越されて面白くもなかったのだろうがお手並み拝見の積もりだろう。
S嬢にY子を紹介する。
やがて友人のS、T、女優のKがやって来た。
僕は尿意を催したので席を立った。
そこで目が覚めた。まだ5時45分だ。
しかしレンガで作るテーブルって何だ??

particleIllusion SE for MAC OSXで試作
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 03:15 PM | comments (0) | trackbacks

Appleが望むのなら

真剣に考え直した方が良い。
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 02:39 PM | comments (0) | trackbacks

February 03, 2005

疲れる夢。

地獄谷のぐらつく石の階段を下りて行く。
角度は30度はあるだろうからかなりの勾配だ。
半分ほど降りた所で恐怖を覚え引き返す。
降り口あたりで携帯が鳴り友人から早く降りて来いとメッセージが入る。

白骨を見る度に心に傷が現れそこから何かが抜けて行く。
死を間近に体験する度に軽くなり風船になった自分はかろうじて地面の石に細い糸で繋がれ飛び去らない。
浮き上がるのを阻止するのは煩悩だ。
かなり詰まっているらしい。
そこへ鬼がやって来る。
邪悪に見える鬼も本当は善悪判断への道程の番人だ。
悪い奴じゃない裸では寒かろうと心の中に招じ入れる。
福の神と鬼が頭の中でどんちゃん騒ぎで踊り狂う。
そんな夢を見た。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:24 AM | comments (0) | trackbacks

February 02, 2005

生き方。

生き方。訳すと、イキがらない、気取らない、偏らないと読む事ができるね。

しかしこれは太郎の生き方を念頭に置いたらしく自分なりに素直に理解できます。
ちなみに僕はすべて反対の生き方をしています。
作品とは自分を表わすと同時に自分の欠点を浄化する作用もあるようです。

女は愚直なまでにまっすぐな男を愛せるのだろうか。
お話だから構わないとは思うのだが・・・
いや生活能力に関わらずそのような男なら女が生計を立てるだろう。
いや疑う事も知らず大切に育てられた女は男の何を見て判断するのだろうか。
NHKルームシェアの女を見ていて、「あなたはそれに気がつかない男だから別れる」うんぬんの科白が気にかかった。
女に無関心である事と気がつかない事が同一視されているようで気になる。
太郎と姫の関係が難しく感じられる。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:44 PM | comments (0) | trackbacks

February 01, 2005

科白。

俺は俺である事を裏切るわけにはいかぬ。
姫とともに島に残る事を強要する老人に対して太郎の発する言葉。

まっすぐである事はまかり間違えば逆風の憂き目に合うと言う事でもある。
しかしこれが直ちに正義だと考えれば誤りである。
正義とは立場が決定するものだからである。
ただ小説と異なりアニメーションにした場合にこの設定のままだと科白が多くならざるを得ない。これは避けたい。
こちらは役に立つ「語源探求」
こちら>>■

posted 久多@麩羅画堂 : 10:50 AM | comments (0) | trackbacks

若過ぎる才能の死を悼む。

中尊寺ゆつ子氏の死を悼む。4歳と1歳の子を残してさぞ無念であったろうと思う。合掌

絵自体は好きではないが、伸びやかに等身大の女を描いた。そこが好きであった。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:59 AM | comments (0) | trackbacks

▲top page