« March 2005 | メイン | May 2005 »

April 19, 2005

小国になりたいのか。

卑劣な報復は止めてください。中国と同じになってしまう。日本は今こそ大国になるべきだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:39 AM | comments (0) | trackbacks

April 18, 2005

アドビもマクロメディアも

ころころ仕様が変わるので嫌いです。
統合された使いやすいインターフェイスとか言って悪い所だらけになったら困ります。

私が好きなのはアドビのインデザインとフォトショップとアクロバット。マクロメディアのフラッシュ4だけです。あとアルダスのフリーハンドね。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:04 PM | comments (0) | trackbacks

April 14, 2005

Yは誤っている。

昭和の日制定支援を社説に掲げているが誤りである。

昭和は天皇が作った物ではなく国民が作った物だ。
国民の多数が死んで築いた時代だ。
象徴と代表は異なる。
誕生日イコール元号制定日ではない。
歴史を言うのならばその一点だけ根拠を明らかにせよ。
むろん誕生日を祝うのは誤りではない。
個人の生誕日は祝福すべきだ。
だが昭和の日とする事は私は賛成できない。
みどりの日のままで良い。
以前から祝日が根拠のない日付に簡単に変わる事に不快を感じているのだ。
国には国の歴史、いわれなどがある。
祝日を動かす輩に歴史を言う資格はない。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:54 PM | comments (0) | trackbacks

April 13, 2005

大きな子供。

だな。
とても素敵な歴史を持ち、大好きな国なのに体制が悪いから嫌いな国になってしまう。
本当にオリンピックやる資格があるのかね?
もう無理なんだよ、同一プロパガンダの共産なんか。
え?13億人中の3万人が騒いだだけ?大した事がない?さすが!大物!!

日本は常任理事国を目指すべきではない。そして応分の負担に留めるべきだ。第一に日本は決して豊かじゃない。今の文化は貧しいじゃないか。
金を貸した方が気分が悪くなるのは願い下げだ。いっそ日本は脱退したらどうかな。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:26 AM | comments (0) | trackbacks

April 12, 2005

ガス抜きと称する統制国家の哀れ。

国民を一定の思想で縛る国家を劣等感国家と言う。
その危険な道を歩んでいる国家に無償貸与はいわば日本人と日本国家が支払っている。
下らない軍拡にその金を使う暇があったら国民の福祉に使いなさい。
日本も死んだ金を湯水のごとく提供するのは即刻中止したらどうだ。
え?商売に支障が出る?
国家のプライドと金を秤に掛けるのか?


posted 久多@麩羅画堂 : 09:18 AM | comments (0) | trackbacks

April 10, 2005

?柘榴酒と慎ましやかな桜と恐ろしい桜。

fcb05247.jpg恐ろしい桜。
池一面に花弁が敷き詰められる。
渡っておいでと桜が言う。
酔った私は深淵の怖れを忘れる。
声が聴こえる。
現から。

例えば脳内に蓄積された凄惨妖艶の類いは詩的に昇華されて作品に言葉を借りた映像としてフィードバックされる。

ひとしきり舞い、終う(しまう)と女は扇子を畳み両の手を膝の前に置き低く頭を垂れ二度と私を見る事無く肩が小さく震えるを見せた。
急に視界が広がり今まで宮殿の板の間だと思い込んでいた周囲が女を中心に円弧を描き鏡なる水面(みなも)に変化(へんげ)したを私は当然と思い女の薄紅色の裾藻(すそも)から一枚(ひとひら)一枚と花弁が溢れ(こぼれ)渦を巻きながらやがて一面に埋まるをやはり起こるべきを待ちこがれていたかのように受け入れるのであった。

水面は人が見れば柔らかい。
武術家にとっては板のように固い。
だが昆虫など小生物にとっては表面張力による粘着性の高い一度捕らえられたら逃れる事のできない恐ろしい世界なのだ。
一つの世界が幾通りもの表情を併せ持つ。
しなやかな女が突然鬼に変わったとして何ら驚くに値しない。
問題は鬼を誘い出す男の器量であると言える。

しかしだ。桜の変化を鬼に例えるのはいささか乱暴かも知れない。な。と。さ、仕事しよ。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:17 PM | comments (0) | trackbacks

April 07, 2005

いかに生むか。

641b250d.jpg脚本としてまともな物になるかは別次元の問題として私の場合は現実からと夢からと二通りの誕生がある。
写真は国道一号線の円福寺の桜。門の脇に見事な大樹があり盛りを過ぎた桜が宙に舞う頃は圧巻である。
情の欠片もない無慈悲な医師の宣告と百段階段の野良猫「キジ」との出会いと舞う桜吹雪が例えようもない無常観を自身に与え「猫谷物語」を生んだ。


友人とのたわいもない会話で「南の島には龍が横たわりいつか昇を待っている。」と浦島伝説が結びつき「竜宮異聞」が生まれた。
自宅の壁時計の針が重なるを見て家人と交わした会話「次に重なるのは法則にするとどうなんだろうか。」から時の重なり、時を刻む者達の一瞬の出会いを引き出し「刻の眷属」が生まれた。
これらはすべて現実から生まれた訳だ。

一方モデルとの葛藤から夢を見て曖昧で理屈の通らない筋の隙間を埋め繋いで生まれたのが「墨女」であり、男女に潜在する価値観の相違から見た夢が「鏡」である。

恐らく理由の伴わない夢は見た試しがないからこれはらも現実が引き起こした素材と言える。同様に「竹女」は筍掘りに出かけた藤沢の風景であり「蝉」は芭蕉の一句であり「女鬼」も瀬戸内海の小島の赤い土だ。
問題はこれらが夢にまで出る強い力を持っているかどうかに掛かる。

知り合いの広告代理店の営業は一度は外されたのにも関わらずクライアントから一本の広告再開の電話を受ける夢を見たと言う。そのくらいでないと営業はできないよと事も無げに言っていた記憶がある。

自分の思考や感情を制する程の強力な存在。それこそ自分の考える物語なんだと思う。
捨ててしまえば消えてしまう無数の儚い存在。それらの中から選ばれた者達だけがカタチになれる。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:06 AM | comments (0) | trackbacks

April 06, 2005

若干と言うか

2a710b01.jpgいろいろありまして、あらたな気持ちで出発したいので試作として晒しておきます。
原因の切り分けはできたので以後これがどう変わるかは完成まで秘密。
左右600ピクセルで36秒。1.4MBありますのでとても重いかも。
いろいろ部品なんぞが見えますがお見苦しい点はご容赦ね。
これ

posted 久多@麩羅画堂 : 12:39 PM | comments (0) | trackbacks

April 03, 2005

沈丁花。

7982fc9f.jpg百段階段は、沈丁花の薫径。

ひゃくだんかいだんは、じんちょうげのかおりみちと読んでいただきたい。
自宅に帰るには丘を登らなければならない。丘は横浜気象台のあるフランス山とほぼ同じ高さで自動車用の坂道と階段がある。階段は猫谷物語でも出た100段で普段はそちらを使う。
この階段の登り口に沈丁花が3本植えてある。
階段の両側は壁で薫りはその挟まれた空間を立ち上る訳だ。
これを打電した夕べはすでにその薫りは終わりを告げていた。
疲れて帰宅する深夜にその薫りはいかほどに自分に生きる喜びと元気を与え続けてくれた事か。
失われて気づく、また失われる事によって精一杯の命を全うする。
いやそれこそ人の思い上がりだろう。人は自然を愛するが、実は自然が人を哀れんでいるに過ぎないのだ。
自然のマトリクス(子宮)の中で消費されて行く存在こそ人であり、だからこそ儚い一瞬に己が光芒を放たなければならないのだろう。
自然は季節の変化でその時期を知らせてくれるのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:31 PM | comments (0) | trackbacks

演技。

bbb6d21d.jpg先日アニメに対して若干落ち込んだのは、尾澤直志氏のアニメ作画のしくみ(キャラに命を吹き込もう!)を読み、「動かすだけに終わってしまい作る楽しみを見逃しているのではないか。」の文でした。

自分の今制作している物が、「動いているが動いているよう」に見えない。何遍見直して手を加えても同じだったのです。これではただの自己満足だ。観客の方を見ていない。そうも感じたのです。
弾んでいない、ただ動いているだけだ。絶対どこかに解決する方法がある筈だが分からない。このような状況でした。
もちろんオーバーな演技でメリハリを付ければ少しは解決の方向に向かうかも知れません。
しかし沈着冷静で自分の過ちに気がつき仕事をしようとする刺客に遊びがあるはずもありません。失敗すれば恐らく死が待っている。
ここに落とし穴が潜んでいたとは。

感情は見せなければ分からない。
冷静な感情と絵づくりは異なる物だったんですね。
それを「見せなければ」冷静さが伝わらない。
つまり作る喜びとは、ここにあった訳なんです。やっとね。

図は倒れた氷女の結った髪がほどけていく様。整ったものが崩れる終焉にふさわしい演技かな?と思ってね。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:26 PM | comments (0) | trackbacks

暴力が大きな顔で司会する。

あんた、止めろと言われれば止めると言うたろ?止めなさいよ。だいいちあんたの顔も話もまったく面白くないのよ。
なんでかって言うと最近たかが芸人が正義顔しているからよ。
もっと芸人としての自覚を育んで自分はたかが芸人なんだと悟ってから再起しなさいよ。
ビートたけしを見習いなさい。

posted 久多@麩羅画堂 : 12:43 PM | comments (0) | trackbacks

April 02, 2005

鰐の祖、阿武。

08d045e9.jpgサービスカット。物語では顔を出さないから。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:46 PM | comments (0) | trackbacks

April 01, 2005

ナルシスト。

6cee0bd7.jpg自己愛か自己主張か。ラッパスイセンはラッパを持っているだけにおしゃべりだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:36 PM | comments (0) | trackbacks

▲top page