« September 2005 | メイン | November 2005 »

October 31, 2005

ねえねえアメリカ人って

おばかなの?牛肉輸入再開に向けてあんた方が信用に値しないから慎重なのにナニ?

日本がぐずぐずしているから侵害賠償を求める動きだと?ふざけんじゃねえよ!ナニ様だよ!!何故お客の意向を大切にしないのか。いい?分かる簡単な事なのよ。安全な品質を求めている。これが食べる条件なのよ。自分の身は自分で守る。銃で守って来た自治はあんた方が先輩じゃないか。日本が日本のやり方で自分を守って何が悪い。それを分からないから馬鹿だと言っているんだ。図体ばかりでかくなりやがって糞。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:54 PM | comments (0)

ヨコハマ・クリエイティブNight

知人から
折角事務所が近いのだから来なさい。と
ヨコハマ・クリエイティブNight
第二部にとっても興味ある人物が。
いかねばならぬ^^


posted 久多@麩羅画堂 : 07:17 PM | comments (0)

三丁目の夕日。

懐かしいよねオート三輪車とか蒸気機関車が日常だった時代。
町中を馬が荷物を引っ張っていたんだぜ。
牛があぜ道を耕耘機の替わりに働いていたんだぜ。

リビングは茶の間と言って松下の二股ソケットを大切に使っていてアイロンかけるときはそこからコードがぶら下がっていたんだぜ。
洗濯機が自宅に届いて外じゃさびるからと人は土間なのに板の間に置いていたんだぜ。
冷蔵庫が届いて入れる物なんか何もありゃしない。貧乏なんだから。氷が毎日のおやつなんだぜ。
あたしだけかも知れないけど。

そんな時代の東京じゃん。
懐かしいさ。

だけどポスターにあった

ケイタイがなくても幸せだった。

このコピー好きでない。
じゃあ今は不幸なのか?
今の便利さを享受しながら昔は良かったみたいなのは嫌だな。
だったら不便な昔に戻れよ。

ケイタイに変わる幸せがあったかも知れない。
だろうが。

いやまてよ。
ケイタイそのものが幸せの尺度なんか?


posted 久多@麩羅画堂 : 07:15 PM | comments (0)

お前は間違っている。

先日10月25日の続きが本日届いた。
システムのオバカなのかキーワード「萌え」が独り歩きしおってからに。
PC版『萌える学習キット ~もえがく~』、Amazon.co.jpで今ならお得。

いらねえよ。
接頭ではなく本題がヒットしなくちゃ駄目でしょうが。
キーワードだけに反応するシステムは人に優しくないね。
ラブレター2回送って反応がなければ脈なしだろうが普通。(淡白?)
しかもだあたしはAppleMacintoshのアプリも購入している。
対応OS:WindowsMe/2000/XPじゃないのは知っているだろがあ!

ここで気がついた。
ばーちゃるぴーしー「フォー」まっく購入していた・・・
それより頼むから注文した事を忘れないうちにこれを届けてくださいな^^;。
Gustav Dore (著) "Dore's Illustrations for Rabelais: A Selection
of 252 Illustrations" [ペーパーバック]


posted 久多@麩羅画堂 : 07:13 PM | comments (0)

暗い映画館は助かる。

エンドロールで面子を保つ事が出来る。
コープスブライド。
ビクター、ビクトリア、コープスエミリーのなんと美しく清らかで気高い魂なんだ。連弾のシーンのコープスエミリーの表情仕草に惚れました。

まだ書けないけどラストのエミリーの魂が救われる美しいシーン、そしてその声。
困った事にあたしは何かがこぼれて止まらない。最近栓のパッキングが古くなってもろくなったか。
コープス達(Sはついてるけど)の踊りや歌も最高!DVDとかじゃなくてスクリーンで弾ける様を見て欲しい逸品!
サングラスを掛けて映画を見る。
出そうになったら激しく瞬きを繰り返して出せる物はさっさと出しておく。我慢すると大粒になるから目だってしようがないっすよー^^
恋も同じですわな。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:11 PM | comments (0)

30日のSURABAYA他。

朝9時から渉外担当のあたしは理事会。家人は山へ芝刈りに。ハッキリしない天気に舌打ちしつつ横浜トリエンナーレの最終まとめを書いていたが、昼前映画を見ようと意見がまとまり桜木町ワールドポーターズのワーナーマイカルへ。

チケット買ってまだ時間もあるので軽く食べようとSURABAYA。
相変わらずの横文字苦手のあたしは「さらばじゃ」なんて読んで失笑買う。
インドネシア料理のお店ね。横浜ワールドポーターズ内
少しづつ頼んで皆で食べれば良かったのにナシゴレン(880)を二人前と焼きビーフン(780)。
子が食べたデザートの揚げバナナとアイスクリーム(580)がおいしそうだった。あたしはマンゴーアイスクリーム。
比較的抑えた料金だと思うが如何だろうか。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:09 PM | comments (0)

羊羹とりんごの29日。

朝一番の入稿を済ませ、月曜朝一番打ちあわせの支度を終え、天気の崩れが小さいように祈りながら横浜駅へ。
この日は3年ぶりの再会のk女史に横浜山手異人館(西洋館とも言うな)7館フルコース見学のエスコート役を頂戴した次第。

千日ぶりにお会いしたなのにいささかも距離や時間を感じさせないのはmixiのお陰かも知れない。北口で軽食を取って直ちに石川町へ向かう。雨天だったら5館固まった海側だけにしようと考えていたが何とか持ちそうな天候であった為に地下鉄より地上のJRを選ぶ。
車窓から何となく横浜の雰囲気がお伝え出来るかと思ったからだ。何せ今回は特急なので^^

大丸谷坂の急坂を上り「ブラフ18番館」、駅からもその威風が伺える「外交官の家」。初めての道で若干方向感覚が狂った。もちろん直ちに修正はしましたともさ。ぽつぽつ小雨の中を山手本通りを黙々と。絵はがき風にカトリック山手教会、フェリス、「ベーリックホール」、「山手80番館跡地」、「エリスマン邸」、「山手234番館(うーん)」、改築中の山手聖公堂、山手資料館、山手十番館、外人墓地、「横浜市イギリス館(うーん)」、「山手111番館」。ちょっと強行だったかも知れないなあ。各西洋館ではちょうどハローウィンの飾り付けが施され(これが各館張り合ってねえちょっと過剰かも)盛り上げていた。しかもそれぞれに主婦のサークルだと思うが植物画(ボタニカルアート)などの展示会も盛んであった。いずれも入館料は横浜市負担で無料なのだ。

移築された建物も多いので純正とは言い兼ねるがそれでもそれぞれの時代や建築者、施行主が見えて楽しい。
貧富の差が生み出したものだろう。現代でもこの周辺はまずまずの家が建ち並ぶ。
私は古い住宅のドアノブが好きだ。レバーではないタイプのね。

さてテンションの高い係員の方もいらして来場者に楽しんで頂こうとするおよそ公的(横浜市所有)な施設とは思えないがんばりもあって好ましかった。もっとも気持ちはとても嬉しいし素敵な事なのだが先を急ぐのでゆっくりお相手が出来なかったのが悔やまれる。ボランティアとはいえセレブな方たちだものね^^

さてさて大佛次郎記念館を舐めて丘の見える丘公園、山下埠頭、ベイブリッジ、マリンタワー、谷戸坂、元町、中華街西、南門・・・ふいー断片ばかりで申し訳ないっすよー。目一杯な山手でした。

さて次は銀座、武藤さんのAppleセミナーへGO

駄馬先生の書籍びゅんびゅんを読んで初めて買った3Dソフト「ストラタ」。
そのユーザーグループ「ストラタユーザーグループインジャパン」

そのメーリングリストでお知り合いになれたのもk女史、くうさんを紹介して頂いたのもnonbeさん。計算が不得手なあたしがここまでやって来れたのもユーザーグループの皆様のおかげです。

さて今夜のApple銀座では武藤さんがキャラクターの世界観、2D/3D両方のCGを合成して1つの作品を作り上げるテクニックなどを分かりやすくしかもここが一番大切なのだが楽しく解説。
分解そのものは多くをフラッシュで行っていたがイラストレーターで行うとパスも少なくて済むので嬉しいチップスでした。
夢姫さんともお会いできてリアルmixiになれた^^。
ペインター(今はアニメーションですね)のY氏とも偶然にk女史の横から名刺交換させていただいた。
M氏も最前席でがんばってらっしゃいました^^

二次会のがんこで名刺交換を重ねストラタでリアルな知人を得ました。もちろんmixiに加えさせて頂きます。

銀座だと11時が横浜帰還の適正時間なんです。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:04 PM | comments (0)

October 28, 2005

災害応急救助用乾パン。

横浜市災害応急救助用乾パン
量目 5枚入り(100g)
品質保持期限 平成17年3月
納入業者名 ミドリ安全株式会社横浜支店
製造業者名 北陸製菓株式会社

原材料 小麦粉 上白糖 ショートニング 食塩 胡麻 イースト

締切が早まったから一種の災害な訳で外に食べに行けないので食う。
結構美味しい。
癖になりそう。

昔はもう少し小さかったと記憶にある。
その頃は非常食じゃなかったんじゃないかなあ。
おやつだったかなあ。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:15 PM | comments (0)

ルーツ コロンビアクラシックブレンド

にほんたばこ産業
コーヒー
豊かな味わい 伝統のコロンビア豆使用
Roots「コロンビアクラシックブレンド」は、1970年代の豊かな風味を再現したクラシックタイプのコロンビア豆を使用し、ほどよい苦みとコクのあるコーヒー感を実現しました。
Rootsは「どんな場面でも本当に美味しいコーヒーを」を目指し、KEY COFFEEとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
コーヒー、砂糖、濃縮乳、牛乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 11:12 AM | comments (0)

ネスカフェ N545 スペシャルテイスト

ネスレ日本
コーヒー
真空アロマ抽出製法によって、香り高いコーヒーの風味をとじこめました。
飲み飽きない絶妙のバランス
苦み5、甘み4、ミルク味5
テイストコード
缶コーヒーのおいしさを決める3つのテイストをネスレ独自の基準で0〜9に数値化しました。
コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 11:06 AM | comments (0)

ジョージア エスプレッソマイルド

コカコーラナショナルセールス
コーヒー
深煎りの香ばしさと、ビターなコクが楽しめる高圧抽出したエスプレッソコーヒー。
適度な量のミルクと砂糖を加えて飲みやすくマイルドに仕上げました。
牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、香料、乳化剤
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 11:00 AM | comments (0)

October 27, 2005

ジョージア オリジナル1975

コカコーラナショナルビバレッジ
コーヒー飲料 SINCE1975
ジョージア オリジナルは1975年に登場した初代ジョージアの流れを受け継ぐ商品としてお客様から長く愛され続けております。
砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、香料、乳化剤
250g


posted 久多@麩羅画堂 : 05:25 PM | comments (0)

2005.10.15 pm02:30 だってこれトイレットペーパー。

ブランコに乗っていると人が並び始めるのが見えた。
鹿児島エスペラントだ。名前だけからでは何の事やら分からない。
大きな展示物で入口が狭く階段状になっている。

入って分かったが床面一杯に何やら飾り立てられ投影機から止めどもなく流される映像がそのオブジェを闇の中に浮かび上がらせる。
そして桟敷から眺める趣向であった。
あたしの最大の欠点は音楽に全くと言って良いほど理解がなく音符さえ読めない。
この空間に流れる音楽がどういった傾向の曲なのか言葉では表現できないのだ。
ただ、奇妙な音楽だったと言える。

闇から出てから、と言ってももともと室内全体が暗かった場所だから目が眩むと言う事はない。
いくつかの映像が流れている。

3Bで見たホラー系映像の所作の作家の映像も流れている。
その流れている映像はまったく会場と同一の位置で撮影されており、あたかも現在が位置を若干移動して再現されているかのような錯覚を起こす。

ミゲル・カルデロン氏の逆さまのベートーベンと普通のベートーベン。
芯に巻いた状態の新品のトイレットペーパーを組み立て積み上げたロダンの考える人。その紙のメーカーもロダン。

中庭に出る。

どうやら携帯のボタンの誤動作でダイヤルロックをされてしまったらしい。
メールが届いているのだが何も出来ない。
広場の真ん中に公衆電話がある。心当たりの友人に連絡を取ろうと試みる。
がその公衆電話こそ作品だった。
岩井氏の「波止場の伝言」苦笑するしかなかった。

空中を移動する動物の影。
スーパーボウルの飛び交う広場。飛ばす事が目的ではなく恐らく集団「空気」の体感する制作作業の跡地ではないかと思うのだがどうでしょうか。
ユニークな存在なのだが地味な扱いの「クローズドフレンド」。球体の発泡スチロールで頭を作りユニークな顔を作り友人に被せる。友人らしさが表現出来る面白い取り組みだ。これが友人の作った物なのか作家が作った友人の顔なのかは分からなかった。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

嫌な夢。

警告。読むな。
引き返すのなら今だよ。

あーあ、読んじゃった。
誰だって自分の首がマンホールの蓋で切断された夢など見たくないに決まっている。
なじみの女のアトリエへ出かけた私はしばらく世間話をしているが、ドアの向こうで音がしたのを聞きつけた。
ドアを開けると壁が土で、室内が切り崩されたように崖になっていた。天井が抜けており空が見える。
土の所々に描き掛けの絵が無造作に置かれていた。
鏡やら化粧道具も地層のバームクーヘン模様のそこが棚であるかのように並んでいる。
ここは部屋じゃなかったのかと後ろにいる筈の女に声を掛けながらよじ登る。
登りきった所で廃材の影に墓石があり見た瞬間に一番上の棹石ががりがりと音を立ててこちらを向くように回転を始めた。
不吉を感じて逃げ出す。
ドアから歯を磨いている女が歯ブラシをくわえたまま顔を覗かせぼんやりと私を見ている。
私は逃げなきゃ、何をやっているんだよと怒鳴りながらさながらボートのキャビンに転がり込むように元の部屋に戻る。何故ドアに真鍮のバーが取り付けてあるのだろうかとやはりぼんやり考えるが恐怖が先に立ちとにかく逃げようとマンホールの蓋を開け外を伺う。
首を回しかけた所で目の前が真っ暗になり、
次の瞬間には床に転がる首のない自分を見下ろしている。

夢という物は話すと離れ聞いた者に移ると言われるが本当だろうか。
金で売った頼朝の妻の妹の話はあるがね。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:28 PM | comments (0)

October 26, 2005

お給料日の夕餉。

いつもよりちょっと贅沢に。
これで日常のメリハリをつける。
海老雲呑と泡盛「蔵」。
静かにいただく。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:04 PM | comments (0)

ルーツ ファインエッジ

ジェイティフーズ
コーヒー 糖類50%減 微糖
コーヒー飲料等通常品(糖類7.5%/100ml)に比べ糖類50%減
後味切れるコクと苦み
Roots「ファインエッジ微糖」は、やや苦みを効かせたコーヒーの味わいとキレの良さが楽しめる「微糖タイプ」の缶コーヒーです。シャキッと気分転換したい時にどうぞ。Rootsは「どんな場面でも本当に美味しいコーヒーを」を目指し、KEY COFFEEとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
コーヒー、砂糖、濃縮乳、還元麦芽糖水飴、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
185g


posted 久多@麩羅画堂 : 04:46 PM | comments (0)

ジョージア ビタースタイル

コカコーラナショナルビバレッジ
コーヒー 糖質40%OFFおいしく上手に
当社製品「ジョージア ザ・ブレンド」と比較して糖質を40%カット
コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、香料、カゼインNa、乳化剤、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 04:36 PM | comments (0)

ルーツ レッドサバンナ

ジェイティフーズ
コーヒー
エチオピアモカ豆100%
アロマ華やかモカ100%
厳選したエチオピアモカ豆の「華やかな香り」と「柔らかな苦い」が楽しめる、風味豊かなコーヒーです。Rootsは「どんな場面でも本当に美味しいコーヒーを」を目指し、KEY COFFEEとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
コーヒー、砂糖、濃縮乳、牛乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
185g


posted 久多@麩羅画堂 : 02:36 PM | comments (0)

ルーツ デミタス ベルベットタッチ

ジェイティフーズ
コーヒー
豊かなコク滑らかな舌触り
「深煎りコーヒー」と「クリーム」の味わいが絶妙に調和した、舌触りの滑らかなデミタスです。Rootsは「どんな場面でも本当に美味しいコーヒーを」を目指し、KEY COFFEEとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
コーヒー、砂糖、濃縮乳、クリーム、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
170g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:51 PM | comments (0)

ジョージア グランデ

カコーラナショナルビバレッジ
コーヒー 厳選ブラジル豆のうまみぎっしり
世界有数のコーヒー生産国ブラジルのコーヒー鑑定士が選りすぐった、上質で美味しいブラジル産豆を100%使用。厳選豆からのみ得られるうまみをお楽しみください。
牛乳、コーヒー、砂糖、香料、カゼインNa、乳化剤、安定剤(カラギナン)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:46 PM | comments (0)

ネスカフェ 匠

ネスレ日本
コーヒー深煎
贅沢な素材と洗練された技
コーヒー豆20%増量
※当社ネスカフェサンタマルタforUPに比較してコーヒー豆を20%増量使用
牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギーナン)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:36 PM | comments (0)

ファイヤー オンリーワン

キリンビバレッジ
コーヒー
ロースとちょっと軽め 洗練されたうまさ
牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:30 PM | comments (0)

ボス 冬仕立て炭火焙煎 期間限定

サントリーフーズ
コーヒー
豆の芯まで炭火でじっくり丁寧に焙煎。芳醇な香りと程よい苦みを引き出したコーヒーに、コクのあるミルクをバランスよくブレンドしました。コーヒー通におくる、冬ならではのうまさです。
牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)、安定剤(カラギナン)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:24 PM | comments (0)

ボス カフェオレ

サントリーフーズ
コーヒー飲料
深煎り珈琲+牛乳&北海道産生クリーム
牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、全粉乳、香料、カゼインNa、乳化剤、安定剤(カラギナン)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 12:19 PM | comments (0)

2005.10.15 pm01:30 SENTANにて。

お茶が飲みたくなった我々は先に入口で見たカフェへ行こうと考えたが時間も少なくなっていた。
あっ標題の時間は適当に付けた物です。もっと遥かに時間は経っている。
自動販売機でお茶を購入。こういった会場では大抵が市販価格より高くなる物だがさすがに日常。同じであった。

横浜港ベイブリッジに向けて広がる山下埠頭の先端である。メモがあった。ランチに入った時間は午後1時半で先端は2時過ぎでした。

サメが転がっている。もちろん作り物でテレビでも紹介されていたが板で成形し発泡スチロールの表面を裏返しにした牛乳パックで覆っている。日常の裏返しが意外な形になって我々の前に現れる。ざっくりと言えばね。

三角台でしばし休憩。活力が戻ったところで4C攻略。
キュレーターマン頑張る。サミットと称して誰でも参加できる人生ゲーム。その会場の前で並ぶ人形たちに目を奪われなす術もなし。

実は1時から同じコーナーの中央でビューぴるの演技が始まっていた。パフォーマンスとも言うが自作のコスチュームを身に付け遥か高い場所まで昇りニッティングをするというものだ。恐らく今回の横浜トリエンナーレで最も私が心奪われた作品だろう。ニットで出来た人形が、いやコスチュームが素晴らしい。箱の中は逆順で入った為スタッフから注意されてしまった。文字やサインがあるのだから表示を大きくして欲しかったなあ。で2時でも彼女はニッティングを続けていたのだ。

中程ではcouma氏(6名のユニット)による卓球を通した作品。ごめんなさい、分かりません。

その横ではやはりテレビで放映された川俣氏も直接制作に参加した泥の空間。亡くなったチャンゼン氏の追悼作品だがアメリカ南部を襲ったハリケーンの惨禍を見ているようでいたたまれなかった。

隣へ移る。4Bだ。
大きな装置が暗がりの中に浮かぶ。エアドームが見える。中に数人がくつろいでいる。これは一般の人が入れそうである。エスタシオ氏によるインスタレート。形から受ける印象が愛らしい。だがこれも残念ながら何故どうしてという私の問いかけに答えがない。

多くの映像が所狭しと並ぶ。実は情報が多いため映像こそ理解が早いと思われるのだがこれもまた残念な結果であった。

公園のブランコの何倍もある巨大なブランコがゆらりと浮かぶ。座席は美しく発光しており実際に腰掛けて動かせる。参加好きな我々は無邪気に乗る。確かに気持ち良い。ハトバでのビールケースを積み上げたライトハウスの作者ホルベルト氏の別作品である。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:41 AM | comments (0)

ジョージア エスプレッソカフェ

コカコーラナショナルビバレッジ
コク深いコーヒーとミルクの贅沢な味わい
厳選した豆をエスプレッソ抽出し、ミルクを20%ブレンドした贅沢なコーヒーです。
ローストの効いたコーヒーとミルクの味わいをお楽しみください。
牛乳、コーヒー、砂糖、香料、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 09:31 AM | comments (0)

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

コカコーラナショナルビバレッジ
ジョージアの定番中の定番「エメラルドマウンテンブレンド」。豊かな香り、まろやかな味わい、スッキリとした後味が楽しめる、こだわりのコーヒーです。
コーヒー、砂糖、牛乳、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、香料、カゼインNa、乳化剤、安定剤(カラギナン)
190g


posted 久多@麩羅画堂 : 09:26 AM | comments (0)

ボス デミタス

サントリーフーズ
ツインロースター製法
こだわりのツインロースター製法を採用。高温短時間焙煎機で香りよく焙煎した豆と、低温長時間焙煎機でしっかりとしたコクがでるように焙煎した豆を使用。二つの焙煎方法から生まれる深みのあるコーヒー感をお楽しみください。
出ましたね「コーヒー感」。
牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、カゼインNa、香料、安定剤(カラギナン)


posted 久多@麩羅画堂 : 09:18 AM | comments (0)

October 25, 2005

ワンダストレートカフェ

アサヒ飲料
コーヒーにミルクを少しブレンド。甘くなくストレートな味わい。砂糖不使用
直火焙煎したコク深いコーヒーにミルクを少しブレンド、砂糖不使用の甘くない缶コーヒーです。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:40 PM | comments (0)

ワンダモーニングショット

アサヒ飲料
「おはようございます!」
朝専用缶コーヒー。珈琲豆を中煎りで焙煎した「モーニングロースト製法」。毎朝すっきりとスタートしたいあなたにぴったりの味わいをお楽しみください。
※すっきりしないです。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:35 PM | comments (0)

復刻堂ミルクコーヒー

ダイドードリンコ
昔懐かしいけど新しい時代・世代を超えて皆に愛される美味しさのブランドです。
昔銭湯で飲んだコーヒー牛乳かと思ったら若干味わいが異なる。
やはり「場」でなくてはいけないのだなと実感する。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:25 PM | comments (0)

支那そば屋。

先日チラシが配布された。行ってみた。
旨味調味料はいっさい使わずに、瀬戸内海産の高級煮干しをたっぷり使い、豚、鶏、羅臼昆布、モンゴル岩塩を使っているそうだ。

スープは透明度が高く実際の作業を見ていると「しろいもの」はどんぶりに入れていない^^。
チャーシューは薄く一枚。これがとろけるように口の中で消える。薄いからか煮込んであるからかどっちかなあ。
ただ全体に?油が勝っている。水を飲まないと喉が渇く辛さ。
他にしなちくとナルトとねぎの定番。基本中の基本らーめんですね。
支那そば580円、味付卵50円。
横浜市中区真砂町2-12関内駅前第一ビル地下一階
夜は9時30分閉店
小池指数は52/298。


posted 久多@麩羅画堂 : 04:15 PM | comments (0)

こいつ。

さつき様は、東大法をご卒業遊ばして39歳で横浜税関(通称クイーン)にて女性初の総務部長にご就任遊ばしました偉い方なのでございます。 (写真は関係ありません。)

なのでその一途なご性格から京大法の前原氏に親愛の情を込めて「こいつ」呼ばわりされたのございます。
どちらかと申さば男性が女性を「こいつぅ(ハート)」と呼ぶ媚態でございます。(ああ媚態、良く覚えていたなあ我ながら)
決してご自身が子供扱いされお相手が党首だからとか、東vs西でもございません。

恐れながら確かに私は著作権研究のために、アマゾンで下記書籍を購入しました。しかし萌えつながりとは言えどーなんでしょうか。アマゾンの顧客管理。文字だけしか見ていないんでしょうかね。
---------------------------
プロジェクトタイムマシンの 『萌える法律読本 ディジタル時代の法律篇—著作権法,不正アクセス禁止法, 児童買春・児童ポルノ処罰法など時事の法律解説』をお買い上げ のお客様にこのご案内をお送りしています。
みさくらなんこつ著『萌えるダイエッ ト』-、近日発売予定です。ご予約は以下をクリック。
『萌えるダイエット』
みさくらなんこつ (イラスト), アキバ式ダイ エット委員会 (著)
価格:¥1,800(税込)発売日: 2005/10/31


posted 久多@麩羅画堂 : 04:08 PM | comments (0)

お前だけを不潔とは言わさへんで。

という理由があるかどうかはさておき、G5付属純正キーボードはかくも汚れやすい物なのか。
ブローブラシ(吹き飛ばし)でも静電気発生吸着式はたき(吸着)でもしつこく残るカスども。脂ぎったあたしの指から繰り出される得体の知れぬ茶系の何か。

お客が来る時はさりげなく書類など広げるのだが・・・
我慢がならぬ状態になって来た。

鏡よ鏡、
どうすればうつくしいあたしになるのでしょうか?
やはりお風呂かなあ??


posted 久多@麩羅画堂 : 12:02 PM | comments (0)

2005.10.15 am12:30 鑑賞も腹が減る。

NAKANIWAを越えて4Aを抜けてトイレへ。
まだ始まったばかりの横浜トリエンナーレであるからトイレもそれなりにきれい。管理が行き届いていますね。

結構こういった部分が全体の評価を下げてしまう事もあり、特に美術関連の場合相応の美しさが求められるのは当然ですね。
写真がトイレで話が食事と言うのもトリエンナーレならでは。だって並んでいるんですもの。一本の消化管ですべての複雑な行程が完了する。(話は矛盾に満ちているが)これほどの合理性は他にないだろう。

コクサイヤタイムラで並ぶ。この私が。珍しい事だ。景色が美しいからだなと気が付いた。タグボートが停泊する波止場は美しい。力強い筋肉がその力を振るう前の静かなひとときだ。ボクサーがリングに上がる前の静謐だ。そんな感じが私を並ばせたのかもしれない。

記憶が小さくなる。このような感傷的ないつでも書けそうな事が多くなる。やばい・・・。

ビール400円。ロコモコ600円。この先端地区で食べられる唯一に近い料理だ。持ち込みも禁止されていますしね。
でもこの日は崩れる予報を崩して晴れている。

春日部から軽自動車に調理道具一式を乗せて若い男女の二人が頑張っている。夫婦でないのかも知れない。
ただのパートナーかも知れない。頑張ってお店を開く資金を作っているのかも知れない。そんな事情は妄想に過ぎず意味もない事だ。だが待っている時間は私自身のパートナーが離れているので仕方がない。

車の中では男性が汗にまみれて卵焼きとハンバーグを焼いている。紙で出来た容器に御飯を盛る。その上にハンバーグをのせる。さらに目玉焼きをのせる。四つのソースから客の好みを聞いてかける。スイートコーンを盛って出来上がり。

女性がお待たせしましたと渡してくれる。その笑顔と心地よい海風が、本日のベストなスパイスかも知れない。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:58 AM | comments (0)

October 24, 2005

ふざけるなアメリカ。

食肉にいや食べ物に曖昧、いい加減、リスク、確認されない約束、そんな物が認められる訳がないじゃないか。
日本人をバカにするな。それでなくても国内でさえバカバカしいほど食の安全が脅かされている。ユーザーの声が一番に決まっている。決してヒステリーではない事をアメリカは理解するべきだ。あんたがたがすべて正しい訳じゃないだろう。それともそれすら理解できないほど愚かな国民なのか。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:06 PM | comments (0)

小咄2題。


お姐さん、これ牡蠣入ってないよ。
え、海老とかき揚げの旬丼ではなかったですか。
違うよ、牡蠣だよかき、(値段表を指差しながら)えびとかきって言ったじゃないのよ。
失礼しました、お取り替えいたします。

もういいよ、食べちゃったんだから。
(あれおかしいなあ牡蠣はどこにあるんだろと思いながら食べていたあたし)
ちなみにかき揚げはまつたけなどが入っていて季節より高い。
でも正直まつたけなんかより牡蠣の方が数倍も好き。
家人とはここも意見が異なる。


メキシコにあるのはユカタン半島、
さっき事務所に電話掛けて来たのはスカタン担当、
きっかけはガールハント^^。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:27 PM | comments (0)

無精の朝。

家人不在の朝、これでおしまい・・・。
昨日投票の帰りに何年ぶりかで近くのスーパーマーケットに家人と共に寄った。(コンビニはしょっちゅうだが)
そこで見つけたかぼちゃあんのパイもどき。食べるの?ほんとに?という家人の目に頷きを3回繰り返して買って頂いた。




posted 久多@麩羅画堂 : 12:57 PM | comments (0)

不思議な物体。

これは何だろう?
昨日散歩からの帰り道ゴミ置き場にひっそりと大きな顔をして放置(ゴミ置き場だから放置でもないか)されていた、おそらくたいやきかと思うのだが・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 12:55 PM | comments (0)

好天の日曜日だった。

良く晴れた一日だった。風に揺れるカーテンを撮影した。
この三か月も咲き続ける胡蝶蘭を撮影した。
神奈川参院補選の投票に近くの小学校へ行った。
校庭に落ちていたドングリを撮影した。
デッサンの荷物を片付けに事務所まで出かける事にした。

天気が良かったので越して来て以来18年間一度も通らなかった保土ヶ谷古墳のあたりを通ってみた。
ふと後ろを振り向くと富士山が・・・ああ何て長い間損をして来たのだろう。
明日から出勤はこの道を通る事に決めた。
天気に感謝する。
横須賀線が横浜駅で車両故障。運休。保土ヶ谷駅で車両に乗ったまま待機する。
あれ先日振り替え輸送したばかりじゃないか。
しっかりしてくださいよJR。天気が良かったからあまり怒らないけどさ。
事務所に届けて帰宅したが横須賀線は普段なら新宿湘南ラインの東海道へ直通なのは保土ヶ谷、東戸塚は通過駅なのだが事故後の対処で各駅停車として運行。
但し後続がないのでドアを閉めますアナウンスが延々と続いていた。
しかし天気が良かったので許す。
あたしはどうやら帽子が好きなようだ。少し前までは婦警さんの帽子が好きだったのだがJRの女性車掌さんの帽子も可愛い^^。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:51 PM | comments (0)

なんでもないと言う事は

何も生まないって事で寂しいかもしれないが実は楽しい人生かも。生きる時間を生きるためだけに使える。でもまあ生きると言う事が創作なんかより困難な道かもしれない。なぜなら創作はすでに狂気だもの。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:49 PM | comments (0)

デッサン会

先週土曜日は神奈川インターパブリッシング協会主催のデッサン会だった。
当日のモデルM 君は稀にみる初初しさ。筋肉も無駄なく三角。われながら筆圧高く気持ち良く描けた。幹事ありがとう
見直して一枚だけ線が細く描いてあった。

M君の伏せた目を見ているうちにアニメーションのイメージが広がってメモを始めてしまいおろそかにしてしまった。
モデルとの対話はいつも偶発。
ポーズは皆でディスカッションしてM君ともども努力しました。
しかしあたしは男だから男を描くのは苦手なのだ。
女モデルの時はなんとも思わない場合が多いのだが不思議です。
幅の広い肩や引き締まった腰、平らな腹に嫉妬でもしてるんかいな?


posted 久多@麩羅画堂 : 12:45 PM | comments (0)

2005.10.15 am12:00 覗いている者。

覗いているだけでは何も生まれないのは皆知っている。皆も知っている奈良美智氏は割愛します。
唯一悪戯書きの出来る場とだけ。
もちろんそれは悪意に満ちた場ではない。私も書いた。
お出かけになったら探して下さい。黒いボールペンでquta@furagadou.comって書いてありますから^^。

しかし記憶が消える。急がなくては。作家と作品が繋がらなくなって来てしまった。日本の作家の場合は名前を覚えられるのですが困った事だ。

3Cでは最後に見た布で出来た巨大な女性。だが大きさが問題なのではない。
多くは翼の付いた帽子様の中がスポンジで成形され端切れを面に沿って断裁し縫い合わせた人形だ。
願い事が書き込めるメモが置いてあった。
自分で作る事も出来る。ご婦人が熱心に作っていらした。
娘さんだと思われる連れの女子高校生はせき立てていたようだ。最近の子はアップリケとかソーイングは得意じゃないのかな。

3Bの半分が昼食前の予定として残った。

横浜市街を舞台にしたストリートパフォーマンス。いきなり目の前で踊り出されたら目が合わないようにするか指の間から覗くに留めるかしてしまいます。でも映像だと平気でパフォーマーの後を付いて回る感じがします。実は映像の内容よりも舞台になった場所が何処なのかに話題が集中してしまったのですが。

乳房の形をした容器が並んでいました。材質は金属から陶器など様々。名前を失念してしまった。で、それは何をする物かと言うと料理する道具なんですね。ライスと菜と海老(?)を詰めて蒸して皿に逆さまにして食す東南アジアの料理のようにも見えてフランスのようでもある。仏領インドシナなんてのもあったから案外本当のようにも思えるのですがどうでしょうか。

その作品の横にはお化け屋敷、いや暗い小部屋を行く迷路が立ちはだかるのだ。
二つほど約束事がある。入ったら後ろのドアは閉める事。壁の絵をよく見て出る方向を決める事です。会期が終わって解体されるまで出て来れないとか拉致されてしまうと言う事はないので安心して作品をお楽しみあれ。
大きなクッションが部屋一杯に敷き詰められています。中に入ったら疲れていたらそのまま眠り込んでしまいそうな安らぎの空間作品。

ゆったりした音楽が流れる空間。昼食が済んだら少しここで休憩しましょうと言う女史に賛同してYATAIMURAへ。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:43 PM | comments (0)

October 22, 2005

今日の馬車道。

山手で人身事故がありみなとみらい線に振替乗車。で馬車道駅から出勤したので撮影してみた。JR関内駅や横浜市営地下鉄駅からだと撮ってみようかなという気が起きない。不思議な物だ同じ対象なのに。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:29 PM | comments (0)

本日のおさらい。


チューブ


posted 久多@麩羅画堂 : 02:27 PM | comments (0)

沖縄は土地が余っている?

へえ
伊江島


posted 久多@麩羅画堂 : 10:11 AM | comments (0)

2005.10.15 am11:30 オレンジに染まる人。

外から室内の3Bに戻る。
携帯端末やステレオカメラが林立し様々な映像が流れている。現実に行われる進行形ではないと思われる。あらかじめ構成されたストーリーに沿っての映像かと思う。記憶が曖昧なので申し訳ないがそれでも一つだけ覗くと面白い効果が見える。

あえてそれが何かは言わない。見てのお楽しみと言う事で。

それらが囲むように淡いベージュの広いカーペットがある。
アウアッド氏はテレビでも紹介されたが、起毛で生まれる生物達の現れ方や消え方が角度や差し込む光の見え方で現実よりも更に現実的になる。日常のありふれた光景が非現実化される一瞬だろう。細かく観察されると良いかと思う。私自身はそれを可視する者たちとメモしていた。

次の構成も楽しい。やはり日常でありながら偶然の作り出す不思議な造形と言えるだろう。ここで言う日常はまさにありふれた光景であるからその延長線上にある納得するのに時間はかからないだろう。それだけ近しいと感じるかもしれない。まさに作家が狙った点に合致するだろう。

断っておかなければならないのは私が面白いと思わなかったのは当然記憶に残らずここに書き記す事も出来ないので作品数程は感想を述べる事は出来ない。

3Cに移動する。

中国系の、ここで系でくくれる程簡単な作品がある訳では決してない。ただ確実に面白くなかっただけでこればかりは感性が支配するばであるから読む方は決して誤解しないで頂きたい。私が面白い物があなたが面白いとは限らないでしょう。その中でエベレスト登山装備の再現、各国中華街の大門の金箔の上への写真による再現(真ん中に台座があり銃が置いてあった筈なのだが?)、女性蔑視に直結しやすい題材を含んだ衣装の数々。

降りかかったシャッターから我々を覗き込んでいるかのように外の人々をスクリーンに映し出すウォルシュ氏の作品は一瞬それが映像と思わせない巧妙なサイズであった。よく見れば倍の大きさなのにね。

ここで一旦HATOBAに出てストロイリ氏のライトハウスを見る。ビールケースを積み重ねた円柱型である。螺旋階段を降りて来るスカートの女性にドキマギしつつ2階へ上がる。明るいオレンジに染まる。オレンジは好きな色の一つ。あくまでも撮影は不許可なのだが誘惑に負ける。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:02 AM | comments (0)

October 21, 2005

糞踏んだ。

あんまり眠いので山下公園へ
たった一人で
乾パンとコーヒーとデジカメ持って行って来た。
カップルばかりでつまらんかった。
しかも公園で犬の糞糞だ九歳。

(勘弁してください「ことえり」。日本語がおかしいのだけど)
犬の糞踏んだ臭い。
実はあまりに天気がよいので山下公園まで散歩ならぬ美術鑑賞。
泳龍/ジャンジェ氏/横浜トリエンナーレの屋外オブジェなのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:37 PM | comments (0)

2005.10.15 am10:45 徘徊する者ども3B

3Aから3Bへ移動する。
壁にうがった幅二間程の出入り口が微妙な展示内容の異なりを知らせてくれる。
多くの展示物が箱の中に納められており外側は木で作られた箱の構造がむき出しだ。

3Bはその箱が少なく見通しも効き比較的開放感のある空間となる。壁伝いに移動しながら見る。
カリンハンセン氏の作品は油彩、インクジェットプリントコラージュなど13点並ぶ。閉じかけたドアから何やらメロディが聞こえる。
その横には照屋氏のバーガーショップの包装紙で作られた告知_森。袋の中に柔らかい光に包まれた心安らぐ樹木が立つ不思議空間。小さいけど光っていたなあ。
ややっあれは何だろう?さすがにメモはしたが数日経って記憶が曖昧になるががんばる。撮影できなければスケッチでもすりゃいいのに頭に頼ったおかげさまの・・・。
えーっとキノコのようなもしくは枯れた樹木のほこらのような変な柱が5本。
中に大きさの異なるモニタが仕込まれており女性がずるずると這っているシーンや考え込んでいるシーンが続く松井智恵氏の映像作品。
知人にも同じ創作をしている方がいるのだが所作と言うものらしい。言葉がなく動きだけで思いを伝える。リングや螺旋のイメージもあるかな。
そこで先ほどの3Aの入口で気になっていたナマコを見るべく外のHATOBAへ出た。
同行のM女史やE女史がナマコ?と怪訝な声で追いかけて来るが大きな勘違いであったのはすぐに理解できた。
ナマコの口と思っていたのは・・・肛門だった。
あまり書くと楽しみが減ってしまうので書かないがそれは巨大な○○○○です。カフェになっており悪玉菌と善玉菌がお給仕しているそうだ。
入りたかったが時間に制約もあるのでまた後でと断念した。
ちなみに悪玉菌は悪戯をするそうだ。是非体感して欲しい。
横に4トンアルミバンがありエンジンがかかっている。誘い込むように扉が少し開いている。私は隙間が好きである。つい挟まりたくなる。だが高所であると同時に閉所恐怖症でもある、自分で言うのも何だか変だな。
箱の中はシアターになっており、この埠頭の夜を舞台に花火が縦横無尽に飛び回る映像が流れている。これも結末がユニークなので書かない。
ここで書かなかった事は横浜トリエンナーレが終了したら改めて書こうと思う。忘れなければだけどね。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:47 AM | comments (0)

October 20, 2005

相変わらず酔っぱらいで困る自分。

友遠方より来る。
自然食料理のお店「伊勢元」にて。
しかし飲む前からぶれている自分。
プレミアムを二人で半分ほども空けてしまった自分。
買う気もないのにコンビニに入って撮影をしている自分。

決してアッチへは渡り切らない自分がいる。
今朝一番の修正を終えゆったり気分でいる自分。
さあそろそろ昼食だ。
昨晩は飲んでいたのでトリエンナーレの原稿は書けず。今晩ね。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:37 PM | comments (0)

October 19, 2005

2005.10.15 am10:15天翔る大橋

実は入場ゲートから先は撮影禁止なのだ。したがって画像は少なくなる。お許し頂きたい。
山下埠頭の先にあるメイン会場の3号、4号上屋まで延々と続く歩けば10分のビュランプロムナードはダニエル・ビュラン氏の紅白のフラッグが16150枚(と思う)で埋め尽くすのだ。

無料の送迎バス(市営バス一般車両)も運行しているので往復しなくとも済む。
ただ行きと帰りでは風景が変わる。これを味あわない手はないと思うのだ。当たり前だが往路は海が背景となり復路はマリンタワーや山下公園がフラッグの影に見えかくれするだろう。
ここに日常でありながら日常を越えた日常からの跳躍が端的に表現され見る者は知らぬうちに体験する事になるのだ。
ビュラン・サーカスの舞台にもなるのだが時間が合わず見る事は出来なかった。

やがて目当ての上屋の前にはやはりブルーに塗られたコンテナが表れ視線を遮る。
その前のコンクリートで出来た埠頭には様々な色のチョークで描かれた足跡や顔が浮かぶ。
これらについては特にカードも見られなかったので自由参加だと思うがどうだろうか。ちょっと分からない。

会場に入りインフォメーションでフライヤーなどを受け取る。入る角度によっては気が付かないかも知れない。
音声ガイドも500円で貸し出していた。

会場は大きく分けて3A、3B、3C、4A、4B、4C、HATOBA、SENTAN、YATAIMURA、NAKANIWAの10ブロックに分けられる。トイレは会場の広さに比べると1か所でコンパクトだが清潔である。ソフトドリンクの自動販売機も4か所。喫煙所は屋外で晴れている日は暑いと思うが灰皿が3か所に用意されている。

さて回り始めるか。
各展示物には必ず一人のスタッフが付いており丁寧な案内をしてもらえる。
もちろん作家の内面まで語る事はない。それは先ほどの音声ガイドで確かめたい。

入ってすぐにインフォメーションより目立つのは池水氏の大きなモニュメント風構造体。参加する一歩を作品の上を歩いて渡るブリッジによって体感出来る仕掛けだ。橋とは言ってもそれは工事現場の櫓でもあり板が挿してあるだけ、高さもかなりあるように思えるがそれでも2階くらいではないだろうか。スカートの方は注意してくださいとのスタッフのコメントだ。巨大な物は好きだ。出雲大社の復元図などはドキドキしてしまう。もっとも高所恐怖症なので実体験は遠慮したいが。
頂上から3Aが見渡せる。

渡り終えるとすぐにフライングサーカスプロジェクトと称するアジアのコスチュームの変転、カンボジアの近代衣装のその素晴らしい現代性などの見直したいアジアの衣装が一同に見渡せる。日々の暮らしの様子もビデオなどで見る事が出来る。感じたのはモンスーンにはその気候にふさわしい衣装がある訳でむりやりコンクリートや電気製品で自らの首を絞めて行く愚かしさを考察した物かと思うがうがち過ぎか。iMacもありました。

題を忘れてしまったのだがリヤカーを牽く牛に雑誌を貼付け立体コラージュ様のオブジェがあった。荷台の大きな輪には数多くの哺乳瓶の乳首が貼ってあり子供の頭が転がっているのだが残念ながら感じる事はできなかった。参加より眺めるだけ、中に入り込めなかったせいもある。

オープンサークルではアジアの人々が日本をどう見ているのか、またアジアの中の日本を映像で捉えた作品がDVDや音楽で楽しめる。M女史と共にインドにある日本寺「妙法寺」の4分余りのDVDを借りてみる。そのDVDはラミネートされたペーパートレイの上に乗っていた。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:13 AM | comments (0)

October 18, 2005

2005.10.15 am10:00翼を持たぬ者からの伝言

エントランスから内部に向かって行くに当たり先ず自分が決して純粋な意味においてアーティストではなくむろん作家でもなくどちらかと言うとコマーシャルな立場が濃厚なので芸術と訳すアートに対して必ずしも誠実ではない捉え方であると申し上げておかねばならない。翼を持たぬ者の戯言でもあるかと。

日曜美術館で川俣氏がいみじくも語ったのが印象的だ。当たり前だと言えばその通りで別段斬新な主張とも思えないのだが、行動を伴ったという点が素晴らしいし何より共鳴する美術家が集う事が運動態(Work in Progress)に必要不可欠なのだ。ちょっと意訳になるが
「アーティストって展覧会に作品を出す為に精力を使い果たしオープニングなんてさっさと帰りたいものなんです。」
「これは想像以上に大変な事なのですが今回はアートは見に来てくれる、わざわざ足を運んでくれる人に結果を出しっ放しで後は考えるなり楽しんでもらう姿勢ではなく見る側と一体となって体験を重ねて行く。」
「完結する物ではなく次回に継続する作品があっても良いのではないか。」

しかし私にとって結構ここが難しいと感じるのはアートがパトロンを離れパーソナルになるに連れ弱くなって行くのではないのかと感じるからなのだ。
この危惧は対話とは相手がなくてはならないがしょせん通りがかりの人間に真剣に答えてもらおうと考えるのも少しばかり甘いのではないか。むしろ分かる人だけが対象というパートナーを超えた大パトロンこそアート(芸術的表現)の自然な姿ではなかろうか。

現代美術は敷居が高いと一般に言われているが実は反対なのである。対話を通してその成立を果たそうと考えているからである。事実古来から語りかけて来る絵画は枚挙にいとまがないがあなたが語りかける絵画は少ないだろう。誰よりも現代美術はそのあなたの語りかけを待っているのだ。
つまり芸術とは持てる者からむしり取り持たぬ者へは馳走する仕組みで成り立って来たのにも関わらず平坦化(平準化)が進行したかに思えるのですが、どうなのか?垣根を低くした事で得られる以上に大切な物を失ったと言っても過言ではないかと思うのだ。現代アートが貧しくなった理由はここにある。

そういった点から今回一番気になるのは行為を売る行為自体を活動ととらえたピアニスト向井山朋子。
ピアニストは15分間のあなたとの共有のために片道12時間をかけてアムステルダムから。とパンフレットには書いてある。
http://www.mukaiyamatomoko.com
締め切りは19日だ。
今日現在で550,000円。
しかも挑戦と彼女自身がとらえるのは落札者の15分間の時間だろうと思うのだ。
彼女が費やす一つの人生の中の数時間と彼女の人生の数時間を共有する為に自身の時間にふさわしい金銭を支払って対峙する。プラマイゼロこそアートなのではあるまいか。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:50 AM | comments (0)

October 17, 2005

無責任な統制国家。

どうなるか分からない?どうにかして来た国ではなかったのか?
矛先を外に向けさせるのは止めたら如何か。自主独立。それこそ国家ではないのか。
まあ小イズムの行動にも問題があるのだが、それはどう見ても国内の問題だ。国民は戦争はもうまっぴらだと思っているよ。

で肝心なのは、死んだ人間の為に靖国へ出かける時間が一国の首相にあるのならもっと時間を振り向ける用件があるだろう。今死にかけている、今救援を待っている、今助けを待っているそのような子供達に時間を使うべきだ。
まあ小イズムは言うだろう。
しかるべき人間に指示はしてあると。
だがあんたの一国のトップとして目に見える行動は餓鬼の行動に過ぎない。
人間として父として、親として、恥ずかしい。
統制国家の中国はともかく政権の不安定要素をかかえる韓国に対してきちんと語るべきだ。
そして私人公人の区別を聞かれせせらわらった石原の非礼と分かれ、
代議士である以上国民から選ばれた人間なのだから更に自重すべきなのだ。
代議士は公人であり私人たりえない。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:49 PM | comments (0)

2005.10.15 am9:55 大きければ可。

カラスが電線の上で喉を大きく膨らまして求愛している。
大きければ可、小さければ不可。
ややこしい生き物かもしれないな、人間てやつは。
そんな事を考えながら保土ヶ谷駅ホームで列車を待つ。

みなとみらい線「元町・中華街駅」コンコース改札口に青のコーンを組み合わせた何やら怪しげなチケット販売所があった。

10時の待ち合わせ時間に遅刻しそうだったので中は覗かずにデジカメ撮影だけにして地上へ。
B4出口から外に出ると10月も半ばなのに嘘でしょー。
自宅を出たのが9時で天気予報は曇り午後から小雨であり涼しかったのだが海岸に近いせいか蒸し暑い。
10時にマリンタワー前で待ち合わせた我々は挨拶もそこそこにさっそく山下公園のコンテナ4台で作られたルック・デルー氏の巨大モニュメント「スパイバンク」をくぐり、やはりコンテナをテーマカラーの青で塗装されて作られたチケット売り場へ急ぐ。
前回2001年の横浜トリエンナーレでは時間が足りなくなった経緯があるからだ。 極めて日常的な日本のアート鑑賞がそこにある。とにかく急がねばならない。

当日券1,800円を購入する。チケットを渡される際に「郵政民営化法案?」と問われ一瞬そのような政治的発言は今回のアートに関係なくむしろ危険な試みではないかと眉をひそめるも同行のM女子から「成立」と答えれば合い言葉が成立し刻々と変化する時間の変化や関わりから日常からの跳躍が既に始まっていると聞いたが後の祭り。苦笑しか残らず遊び方情報の不足を痛感した。

いやそれよりもこいつはこれから始まるゲートの先に何が待っているのか、単純なワクワクとした感情と緊張に包まれて歩きはじめたのであった。合い言葉は日替わりなのだ。別に答えなくても入場制限されてしまう訳ではないが、万一売り場の女性がお気に入りの雰囲気だったら仲良くなれないかも知れない。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:17 PM | comments (0)

October 14, 2005

フラッシュはいよいよ8。

しかしなあ、リッチコンテンツと言ってもなあ。
ヘンテコリンツなヤツを垂れ流しじゃなあ。
Studio 8日本語版でFlash Videoを速く、制作は容易へ

凄い!7.1倍ズーム!![新製品]リコー、7.1倍ズーム&手ブレ補正コンパクトデジカメ「Caplio R3」の発売日決定
「Caplio R3」


posted 久多@麩羅画堂 : 08:34 PM | comments (0)

このディスプレーが欲しいです。

EIZO フレックススキャンS2410W
大きく動くチルト機構と弓形のレールのスタンドに憧れます。
Appleのシネマに足りないのは押しつけでない柔軟性なんだよなあ。
皆座高が違うんだもんね。
EIZO

でもこのポジションはフリーなんでしょうか?
だとしたら浮かした状態でキーボード置き場も解消しますね。
写真は現在の作業中の姿勢を再現した物です。
遠近両用レンズの近景用部分はレンズの下中央なので気がつくと補正はしますが亀スタイルになるのです^^。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:32 PM | comments (0)

October 13, 2005

ガッツ石松から電話?

知人に声が似ていたので「阿呆はやめときぃ!」。
しかし声は終わらない。
ガッツ石松です。今回は何とかプリントのお知らせをしたくお電話いたしました。
と言った勧誘電話なのだが、印刷担当の方に回して欲しいと声が流れて来る。
興味を持った私は忙しかったがしばらくつきあう。
印刷ご担当者様ですか?そうでしたら7番を、かけ直して欲しい場合は5番をと促す。
二度と掛けないで欲しい場合は・・・何番だか忘れた。
ここで時間切れ、私は仕事に戻らなければならない。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:28 PM | comments (0)

唐桃軒

透明度の高いやや酸味のある淡白な醬油スープ。脂ぎった柔らかめの自家製チャーシューが一番似合う気がする。という事は濃い味がないとはっきりしない味か^^。私は常にネギチャーシュー醤油900円をオーダーする。直径8センチくらいの大判3枚以上、のり小、シナチク。ボリュームがあるので夜まで持つ。細ストレートめん
横浜市中区港町4-15 MAP
045-651-3194
夜は10時30分閉店


posted 久多@麩羅画堂 : 05:43 PM | comments (0)

October 12, 2005

たかさご家

行ったのは関内店。
細めのストレートな麺は酒井。若干醤油が利きすぎている感じの豚骨スープ。普通600円、味付け卵100円、ちゃーしゅうは締まった感じで好感、ほうれん草と大振りな海苔が3枚。
横浜市中区常磐町2丁目14 MAP
045-228-0308
明け方3時まで。
横浜家系に属すとある。家系とは


posted 久多@麩羅画堂 : 06:17 PM | comments (0)

October 11, 2005

長浜屋台ラーメン 博多っ子

横浜市中区相生町 5-87 MAP
045-663-3676
名前の通り豚骨スープ。いつも食べるのはチャーシューラーメン。ストレートな細めん、チャーシュー7枚、ねぎ、きくらげ、のり。辛い高菜と紅ショウガと白ごまをたっぷり入れて食べる。
チャーシューメン900円。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:45 PM | comments (0)

昨日の四谷三丁目。

「ひみつのハニープラム」オープニングパーティ。
今回ゑいじうでは初めてらしいプロジェクターを使ったフラッシュアニメーション。
「赤ずきんちゃん」が好評でした。
三人の合作とは言いつつきちんとそれぞれの個性が出せてうまくいったようです。


こやまさんの手ぬぐい。
書かれていた文案も楽しく使うのが勿体ないくらい。だからと言ってたたんでおくのも勿体ない。どうしようか思案中。


バジーさんのキャラクターおおかみ。
彼の性格はあたしのキャラだよね、ちょっと斜に構える所なんか^^しかもねえ最後の土壇場でドジを踏み未遂なんてのもそっくり・・・あはは


posted 久多@麩羅画堂 : 03:00 PM | comments (0)

男の甲斐性。

昨晩極北の白フクロウの番組があってな
餌をとる能力の高い雄は二羽のメスを養い子育てをするそうな。
それを見てな、家人の言う。
「男は甲斐性よねえ。」
久々にどきどきしましたよ^^;わっはっは


posted 久多@麩羅画堂 : 02:53 PM | comments (0)

October 10, 2005

ねぎごぼうらーめん

ねぎごぼうらーめん
商号が「つちや」っていうのか知らんかった。文字通り刻んだねぎとごぼうを軽く揚げて醬油ベース(貝柱とチキンスープ)の江戸前ラーメンに春菊とタケノコもあわせて乗せただけ。たったそれだけなのに再びきてしまった。ものすごく透明感のあるスープに春菊のとりあわせがあっさりして飽きがこないのかも知れない。
横浜市中区常盤町3-27-3 MAP
045-681-8756
ねぎごぼうらーめん650円


posted 久多@麩羅画堂 : 02:11 PM | comments (0)

カツコズパグカレンダープリント

依頼のパグカレンダーのプリントアウト。平日はプリンターが混むのでこのような休日に行います。夜間に自動でも給紙が必要だし(ああ計算して部数セットすりゃいいのか・・・凹)


posted 久多@麩羅画堂 : 02:09 PM | comments (0)

October 09, 2005

味の時計台

味の時計台
みそラーメン630円
直営横浜関内店
神奈川県横浜市中区常盤町3-37
MAP

045-222-4656
11:00〜4:00
本当はもつニララーメン(もつ煮込みとニラあっさり炒めを盛った?油ベースラーメン)780円を食べに出かけたのだが、土壇場で気が変わった。


posted 久多@麩羅画堂 : 04:14 PM | comments (0)

どう見てもジャガイモにしか見えない私は

駄目ですか。バターが欲しい。思い込んだらそうとしか見えない。
だから歳を取るのが嫌なんです^^;。
京浜東北線額面ポスターより


posted 久多@麩羅画堂 : 04:12 PM | comments (0)

昨日はセミナー。

『カラーコーディネーターの資格を取ろう!!』
●日時:10月8日(土)14:00〜16:00(13:30受付開始)
●講師:市川香苗氏
●会場:相鉄岩崎学園ビル(岩崎学園横浜西口2号館)8階
    横浜市神奈川区鶴屋町2-17 MAP
    横浜駅きた西口下車、鶴屋橋を渡った左手のビル、
    徒歩1分。


反省会という名の飲み会^_^;
論論亭
横浜市神奈川区鶴屋町2丁目16-10
045-323-1882
MAP
5時までビール中ジョッキ250円


カラオケ・・・11時まで
皆さんお上手です。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:52 PM | comments (0)

October 08, 2005

ヒーロー&ヒロイン展

第36回に本出版美術家連盟展
ヒーロー&ヒロイン展
楢喜八氏、成田一徹氏、藤田三保子氏も参加
日時 10月24日(月)〜29日(土)
   10:00〜19:00 29日は17:00まで
会場 インタースペースOJI
   東京都中央区銀座5-12-8 MAP
   王子製紙株式会社1号館
電話 090-8081-7084


posted 久多@麩羅画堂 : 09:56 AM | comments (0)

October 07, 2005

いまむら総本店

住所:横浜市中区相生町2-34
徒歩:JR関内駅から7分
電話:045-663-5399
定休:日、祝
営業:11:30〜14:30 18:00〜22:00
MAP

軍鶏煮干正油ラーメン こってり 750円
褐色のたっぷりスープ
太麺
巻きチャーシュー1枚
極太メンマ
ナルト1枚
3mm角に刻まれた生玉ネギ

魚介系のスープが口に残る。

蛇足だが「テラオン」の1階にある。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:51 PM | comments (0)

いくら擁護してもこれでは

駄目でしょう。やはり感覚のズレはどうしようもないのか。
正しさなんか言うから、皆様の何とかとか言うから空々しい。
いい加減にして欲しいぞ。
Nanka Hendazo Katarimono.........................................
懲りない組織


posted 久多@麩羅画堂 : 06:58 PM | comments (0)

オタクとマニア。

私はすえた薫りがオタク。そうでない人がマニアかと思っていました。
オタクは遍在する——NRIが示す「5人のオタクたち」
つまりそういう偏見は古くさい物とし、大人になる(=あきらめ)などといった価値観を忘れたまま大人になる人をさすのか。
でもそんな定義だと知り合いの全員がオ・タ・ク!^^


posted 久多@麩羅画堂 : 01:15 PM | comments (0)

BIRD AND RADIO ヤマシタクニコ個展

BIRDとRADIO。二つの短いお話をCGで描いてみました。
日時 10月10日(祝)〜15日(土)
   11:30〜19:00 15日は17:00まで
会場 ギャラリーR・P(アールテンピイ)
   大阪市北区曽根崎2丁目5-31 MAP
電話 06-6363-0230(ギャラリーRyo)
作家 みっどないと

実はお会いした事はない。
あった事はないがよく知っている。
デジクリにショートを掲載していて一発お気に入りだったヒトなのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:00 PM | comments (0)

October 06, 2005

食欲は罪。

秋はやはり食欲が増す。
止める事はできそうもありません。
なので

肉と野菜を中心にしてできるかぎり炭水化物を減らして肥満を避けるか、思い切り炭水化物を増やして満腹感を保ち絶対量を減らすか、また蒟蒻系の摂取に努めるか、はたまたマイミクたろさんのようにボクササイズに励むか、昨晩のテレビにあったように一週間絶食後水だけで生きるか。
考えると結構楽しい。
まだ現実ではないからだろうなあ・・・

写真はグリル野菜のマリネ。
赤ピーマン、ゴーヤ、カボチャ、人参、シイタケ、なす、三つ葉、やまいも、大根、タマネギ。当然のようにタマネギが多い。野菜は高いんだよね。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:28 PM | comments (0)

旦那にしっかりしろではいかんのか。

紀宮さまへ1億5250万 皇室経済会議で一時金決定
品位の保持

「死の逆走」招く幅寄せ=異例の暴行で逮捕−バイク2人死亡事故・大阪
いかにも自分が強くなったと勘違いする阿呆に良い薬

確かに免責期間があると言うのも何だかなあ。
<自殺免責期間>2年を3年に延長 生保大手各社

愛に溢れたくらしかな?
ダスキン6200万所得隠し、国税が7億申告漏れ指摘

健康喪失。がんばらないと・・・
収入低いと不健康感増大 中高年、ストレスが原因か


posted 久多@麩羅画堂 : 01:11 PM | comments (0)

October 05, 2005

秋ですね。

秋刀魚です。
大根おろしにポン酢でいただきます。
炭火ではなくガスレンジの魚焼きを使うのでワタは食べません。苦さが先にたつからです。


柿です。
茨城の親類から送られた商品にならない柿。しかし柿に罪はありません。美味しく頂くのに外見は関係ありません。ちなみに私は熟してぐしゃぐしゃになりジュルジュルさせて頂くのが好みです。固いのを好む家人と意見が合いません。^^


栗です。
これも茨城産。ふっくら美味しく頂きました。食べるのはあっと言う間ですが剥くのは大変。以前手伝った事がありますが包丁使いが難儀でした。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:40 PM | comments (0)

October 04, 2005

これは、な〜んだ?

ヒント:コマーシャルもスタイリッシュ!


posted 久多@麩羅画堂 : 06:30 PM | comments (0)

花手折る人。

今朝
出勤途中
道々花街道。

無惨な光景が目の前にあった。

丹精を散らして

それでお前の心は晴れたのか。
己が精神を放り投げて満足なのか。
もの言わぬ民を虐げてお前の力が守られると。

そのお前の貧しさが故の行為こそが
お前を貧しさから捉えて離さぬ事を何故知らぬ。

家々の庭先に美しく咲く花が木の枝さえちぎれとんでいたから棒かそのような物であろう。
無惨に散らされていた。
昨夜の帰宅時には異常がなかったのでおそらく深夜の蛮行だろう。
私はたとえようもなく悲しくなり、しばらくは怒りが治まらなかった。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:49 PM | comments (0)

October 03, 2005

sin city

性と暴力。
観て来たが、まああんなもんかなあ。 広島や印実録よりは良いがちょっと緩いと思うなあ。
お姐さん達が過剰サービスで1800円が安く感じる^^。 第一シムシティと間違えたと言うお笑いから始まりシヌシティだったのかとけつまずいたあたしの見方だからね。いい加減なんですが。

痛みがしつこく描かれていたけど、カミソリの痛みには負けますよね。
サクッと入ってスゥッと流れジンッと走る痛みは外人には無理なんかねえ?
痛みって知らないと理解できないですね。
日本は銃が合法ではないから撃たれた痛みを知らない。
だからいっこうにドキドキ来ない。
もっと喉の奥から舌が抜けるくらいの吐き気が痛みとして表現されないと暴力映画としては駄目駄目。

血液や体液の流れる様がゆっくりしつこく・・・しかも現実の色じゃないから想像をかき立てます。

ひざまずいて眉間に銃を当て引き金を引くとあたしは後ろに飛ぶのかと思っていました。直後の筋肉の痙攣とかで直立し前のめりに倒れるのですね。知らなかった・・・

白黒コントラストはそっくりそのまま竜宮異聞へ。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:05 PM | comments (0)

October 01, 2005

微速前進。

弦淇 吾を倒して 国 務まるならば 倒すが よかろう

久々に。しかし何枚描くのだろうか・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 06:50 PM | comments (0)

やさしさの深度。

 ある本で読んだのだけれども、象も人間も鼠も一生に心臓が鼓動する回数は同じらしい。
 人間から見ると小さい生き物は短い生涯を送るのだが、その分鼓動間隔が狭く早打ちと聞く。
 金魚なんかもあっさり一生を終えたりするのだが、結構生ききった満足感はあるらしいと書いてあった。

 一匹の雄の金魚が、その朝、腹を上にして浮いていた。
 飼い始めて8年目の事であった。

 殆ど赤い鮒としか思えない姿形をしており、餌金の運命を縁日の金魚すくいでQ氏が変えてしまった二匹の内の一匹であった。
 偶然にも雄と雌であったため夫婦となり子供を4匹成した。
 水槽から死骸を引き上げるYに向かい「かわいそうだな」と言うと、その横顔が「あなたにそう言う資格があるのか、そう思うのなら何故面 倒を見なかった。」と返した。

 気紛れな一言が、Yを深く傷つけてしまったのかも知れなかった。
 本当の優しさには根気と強さが必要なのだ。
 Q氏はその人にまた一歩近づけた気がした。
 優しさの深さは愛情の深さに比例して行く。
 深さは潜って見なくては解らない。
 水面からは決して見る事の出来ぬものだからだ。
 それから一年後、雌の金魚が後を追うように同じ季節に死んだ。
 Q氏は、今度は黙って自宅の裏の雄の金魚を埋めた辺りに重ねるように雌の死骸を埋葬した。
 生きた事に満足しただろうか。
 夫婦であった事に喜びを見い出したであろうか。

 久し振りにしみじみとした口調でQ氏は語ると帰って行った。
 深さは時間と反比例したのか、現在Q氏の水槽にはYの思い出とともに遺児が二匹泳いでいるそうだ。
19980511quta


posted 久多@麩羅画堂 : 11:36 AM | comments (0)

▲top page