« December 2005 | メイン | February 2006 »

January 31, 2006

君は決して悪くない。

だから、そう気を落とすな。
iMac DV Special Edition G3-400MHz グラファイト 製品コードM7668J/A AirCard付き
普段は決して名前を呼ばない。LANの都合上設置番号6を割り振っているだけだ。人に紹介する時だけiMacグラファイト。

君が家に来たのは2000年の8月、暑い盛りだった。その半透明で美しいスモークグレーのボディはチーク材のインテリアに囲まれて少しも違和感を感じさせなかったな。反射する観葉植物の影はAppleが言うほどには冷却効果のない君をどのくらい救っただろうか。正面からは普段見えない君の美しい背中の曲線を僕は愛したのだ。
もう5年を過ぎていたんだね。
友人は言うんだ。なんだ6年も前ではないかねとか賞味期限はとっくに切れとるとか酷い言葉だ。
僕は知っているんだ。君がどれほど優れた存在なのかを、そしてどれほど働き者なのかを。げんに今まで不足や不満を微塵も感じさせる事はなかった。奴らがやって来るまではね。

BUFFALO USB2.0FlashDrive RUF2-S 256MB
PENTAX OptioWPi

女や子供は君に面と向って言うんだ。ダメじゃん、もう古いんだから新しいのに買い替え時じゃないのと。しかし考えても見てご覧。他にまったく支障がないんだろう。絵も描ける、文章も書ける、インターネットに接続できる、写真だって見る事が「できた」・・・
「できた」・・・
「できた」・・・
今はできない事態が起きてしまった。十分に力が備わっているのに、何も分かっちゃいない若造がのさばり出して、「これからは俺たちの時代だ、爺はすっこんでいろ!」と主張を始めた。
だからこそ僕は何とか君を守ろうとない頭と知恵をひねり出そうと努力をしている。
いや、たかが機械に感情を持ち込む事は許されないし自分らしくない事は百も承知だ。壊れたらまず無造作に新しい機械に入れ替えて昔の事は何事もなかったかのように忘れてしまう性格だからな。そうさお前は機械なんだ。役に立たなくなったら捨てられて構わないのだ。役に立つからこそ人間と共存できるのだ。
共存?何を言ってるんだ俺は。
命を持たない物、機械と共存だと・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 12:25 PM | comments (0)

January 30, 2006

これは繋がる。

ロジテックh-mini。
iBookダイレクトでは電源供給ハブをかませばマウントする。
iMacとG5では電源も不要でマウントする。ただこれでも大きいのでFlashDriveにしたのだ。
写真は2003年の禁煙前のだ。^煙^懐かしいなあ・・・
あは、結局何の解決も無いね。繋がった機器を並べてこれは繋がったとか言っていても肝心のカメラのUSBが繋がらなければ何の役にも立たない。ふっ

メモ
USB接続に対応するシステム環境は何ですか?
【Macintosh】
USBポートを標準装備し、 MacOS 9.2 および Mac OS X(10.1、10.2、10.3)がプリインストールされていて、最新のバージョンにアップデートされているMacintoshモデルです。MacOS 9.2 および MacOS X(10.1)以降 では OSに標準添付のUSBドライバで認識されます。

USBマスストレージクラス対応ですか?
対応しています。

USBは、2.0対応ですか?
2.0フルスピードに対応しています(USB1.1と同様)。ハイスピードには対応していません。

USBドライバをインストールしましたが、パソコンで認識されません。
次の項目をご確認ください。
1.
カメラのUSB接続モードは「PC」になっていますか?
カメラのUSB接続モードが「PictBridge」になっていると正しくUSBマスストレージデバイスとして認識されないため、画像が閲覧できません。カメラの詳細設定メニューのUSB接続を選択した後、十字キーで「PC」に切替え、OKボタンを押してください。
2.
カメラとパソコンは正しく接続されていますか?
カメラ側、パソコン側ともにUSBコードが接続端子の奥までしっかり差し込まれているか再確認してください。
3.
パソコンに複数のUSBポートがある場合、他のポートに代えてご確認ください。
4.
USBハブを介している場合、パソコンに直接接続してご確認ください。
5.
カメラの電源を入れた時に、液晶ディスプレーが何も表示しない状態(「DISLAY」ボタンを押しても表示されない)になっていますか?
カメラとパソコンが正しく接続されていないとPC接続モードになりません。前記2項をご参照の上、正しく接続されているか再確認してください。
6.
(Windows98/98SEパソコンのみ)USBドライバをインストール中に途中で中断しませんでしたか?
カメラとパソコンが正しく接続されている場合、接続中にデバイスマネージャーを確認すると、[USB(Universal Serial Bus)コントローラ]内に[PENTAX USB DISK Device]と表示されます。
USBドライバが正常にインストールされていないとパソコンには接続できません。
USBドライバのインストール前にパソコンに接続したり、途中でインストールをやめてしまったり、正常にインストールされなかった場合、その後でUSBドライバをインストールしても正常に認識されない場合があります。
カメラとパソコンを接続してからカメラの電源を入れ、パソコンのデバイスマネージャーをご確認いただき、「?OptioWP」「!OptioWP」「?PENTAX USB DISK Device」「!PENTAX USB DISK Device」など「?」や「!」のついたドライバが表示されている場合は、デバイスの更新もしくは削除後にパソコンを再起動してから再度接続してください。デバイスマネージャーの確認方法やデバイスの更新もしくは削除などはパソコンの説明書をご確認ください。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:41 PM | comments (0)

うっそー、そんな、馬鹿な!

略するとUSB。こほん。
昨晩繋がらないUSBに苛立ちながらテレビで色彩の美しい映画を見ていた。始皇帝が絡むの。
で、始皇帝は文字の統一をした。統一って大切。何も皆が同じ事をやれとか画一化した均質社会を築けとかではない。

僕のような豆腐頭でも理解できるパソコン機器であって欲しいのよ。せめて形状くらい同じUSBにして欲しい。カメラがダメ、パソコンがダメ、ケーブルがダメ。の検証ができない。まあまだパソコン側の形状が統一されているから良いのだけど。
カタチはまあしょうがないや。各社コンパクト化や軽量化でしのぎを削りいかに小さくするかで悩んだ結果だろうからね。
でもBUFFALOのUSB2.0FlashDrive256MBの説明書に
「本製品がマウントされたらMacOS拡張形式またはMacOS標準形式(本製品の容量が1.1GB未満のときのみ)で初期化してください。初期化しないと、データの書き込みに失敗したり、ファイルが認識しない事があります。」
なので、ではちょっとやってみようかとしたら
G5ではそんなの選べない。MS-DOSファイルシステム(FAT16)だけだし、iBookではこのオプションを実行しないとと脅しておきながら薄く網がかかって無効で選べないし・・・何だか自分が日本語も理解できない愚か者のように感じられてがっかりさ^苦^

で、また自宅に戻ってからiMacのご機嫌を伺わなければならない。
うんざり〜。と言ってもいられない。
カメラだけの為に新しいiMacなんて買えないよー。
BUFFALOのUSB2.0FlashDrive256MBは
まず優先順位としてiBookでMacOS拡張フォーマットした。
次いでG5に挿すとこれは読めないから捨てなと言う。
しかたがないのでドスで再度フォーマットした。
で、iBookのOS9起動でマウント、OSX起動でマウント。確認
だけどこれも自宅へ持って帰る前に一度はデータを移しマウントされたんだから無意味だよなあ。^無^
何か今日は一日馬鹿やっているなあ。・・・くすっ


posted 久多@麩羅画堂 : 02:51 PM | comments (0)

USBが繋がらない・・・何故なんだろ?

自宅で使用する、 apple iMac グラファイト OS9.2.2 128MBに家人のコンパクトデジカメを接続して画像をHDDに落とそうとしました。
FUJIFILM FinePixA310の時は付属品でUSB接続できたが、
新しいPENTAX OptioWPiの付属品だとデスクトップにマウントされない。
しかもBUFFALO USB Flash Drive RUF2-Sも初めて使用したが同じくマウント出来ません。

同じUSBの穴にエプソンのスキャナーやプリンタ、ワコムタブレットは問題なく繋がっています。
必要用件はOS9.2以降、CarLibは新しいJ-1.6 QuickTimeもJ-6.0.3だし不足や不備があるとも思えませんが何が足りないのかなさっぱり・・・うーむ

その後知人から
USBは1.0ですか、2.0ですか?
1.0はローカルの規格が散在するのでMacだと繋がらないものがあると聞いたことがあります。2.0でも方言はあるようですが、1.0程ではないようです。
メモリーカード経由ではどうでしょうか?

とお返事をいただき
USBは1です。カードリーダーは使った事がなかったので(今までこうした事がなかったので)用意しておらず分かりません。
アサペンのサイトや説明書ではマウントされない原因にCarLibのバージョンが記載されているのみです。うーん?

事務所のiBookで検証。OS9起動。自宅のiMacと同環境(と思う)。
PENTAX OptioWPi付属USBはマウントできました。 しかもBUFFALO USB Flash Drive RUF2-Sもマウント。
さてここから謎解き・・・???

検証を始めるとだんだん腹が立って来た。
G5はシステムプロファイル
iBkはシステム・プロフィール
どちらもアプリケーション>ユーティリティにあるがiBは英文AppleSystemProfilerだ。
G5にはUSBがバージョン含めきっちり書き込まれているがiBは接続された機器の詳細で自身の事に触れていない。くそ。
iMacのほうがまだ分かりやすい。あ、まただんだん腹が立って来た。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:14 AM | comments (0)

January 29, 2006

可愛い顔をして。

ウサギゴケ。タヌキモ科。ウサギが耳を立ち上げたような姿の可愛い花を咲かせる
食虫植物。

生きる為に人を引き寄せる。生きる為に可愛い顔をする。生きる為に美しい姿になる。
しかし生きる為に腐敗する事が一番強いのではないかと思える。腐敗と言っては失礼な対象であるなら発酵でも良いのだが。
本日ある事をする為に出社なのだが、動き始めた列車の前の箱から異臭が漂い、ある人は眉をひそめ、ある人は鼻を手で押さえ振り返りながら、ある人ははっきり臭いと言いながら僕の乗った箱に移動して来る。まあストリートライフ愛好家の方の長年の歴史が詰まった「にほひ」なのだが、出かける前に撮った写真と出かけてから起きた偶然との辻褄合わせの午後なのである。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:37 PM | comments (0)

January 28, 2006

10円メニューの店、吉吉。

昨晩は友人達と飲んだ。
ちょっと変わった店へ行こうじゃないかと言う事で10円メニューの店、吉吉(きちきちこちら)へ行った。関内駅の目の前セルテの6階だ。
10円メニューは5種類だけ。そりゃそうだ全品10円じゃ潰れてしまう。

おい卵って今いくらだ?
えっ知らないよ。
パック300円くらいじゃないの。
じゃあ一個30円かよ。
で、何で煮卵が10円なのさ??
仕入れ値12円として調理の水道光熱費、消耗品、一番大きな人件費はどうすんのの会話。

ま、お味の方はま・・・かなり許される。コース(10皿)1500円からで1000円追加で飲み放題。
その後はお決まりのおかゆのお店、文安(ぶんやす)あたしはいつもハーフサイズ。
文安(関内桜通り)
横浜市中区常盤町3-27-2 電話045-212-5703
時間は朝8時から昼2時、夜5時〜11時半 定休は日曜祭日
最近はぐっとお行儀が良くなって早く帰るのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:07 PM | comments (0)

January 27, 2006

整理していたら・・・

トップ画像を探したついでにディスクを整理していたら出た。
Flashでペンタブレットは初めてという意味だと思うな。
缶入りのペインターを買ったのはもっとずっと前だもの。
しかし好きな事を書いているな。
今はそのほとんどをFlashとペンタブで描いているのに^適^


posted 久多@麩羅画堂 : 04:26 PM | comments (0)

ロトスコープ。

文化庁サイトからarticle。
articleの中で
▽新 コ・マ・ド・リの観察 【NEW】新/探索・その05
コ・マ・ド・リな風景 【創意と工夫と締め切りの日々】
ロト・スコープとモーション・キャプチャ

僕が一番面白いと思ったのは、コマドリという名前です。
それは一枚一枚の気の遠くなる作業だからです。
しかもそれは文中でもあるように、「描き写しただけ?」と観客が感じてしまう恐れが労力の割に多くあると言う事です。
昔、試作したアニメーション。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:04 AM | comments (0)

January 26, 2006

口説き文句。

そりゃ口説く時に殺し文句は必要だろうよ。
だから呪文って何だろうなあとくだらないけど非常に興味を持ち固唾を呑んで(決してくだらないと思っていない事がバレバレの書き方だなあ)事の成り行きを見ていたら・・・

おっちゃん(57歳)は口外したら効き目が無くなると仰るじゃあありませんか。
もうそれをニュースで聞いた時はがっかりでさあ。
その後、何ですか?「殺されるよ、病気になっちゃうよ。」
それじゃまんまで芸がないではありませんか。

今の日本にカリスマって必要だよね。
何となく溶け出してしまっているように見えるもの。
ここらでがつんとぶち上げて薫陶して担いでわっしょい。
H君だけの問題じゃない、JK君だってやってきた。
問題は担いだ人間の強さだね。
あっさり降参ゲロ吐いちゃあ、ぶち上げて梯子外されてしまったようで悲しい。
頑張れ腰巻き、いや取り巻き^芸^


posted 久多@麩羅画堂 : 03:16 PM | comments (0)

January 25, 2006

書。

「第34回 光荘会 青門書道展」
横浜市教育文化センター横浜市民ギャラリー3階
書家細坪青洲さんと楢喜八先生にお会いして昼食をご一緒させて頂いた。
写真は私の悪戯書き^^;

僕は小学校低学年の頃、郡展で銅賞を頂いて以来、
書を正式に習って書いておりません。
しかし筆で書く事はありますし鑑賞する事もあります。
柔らかい筆の運びの文字が好きです。
正直、何が書いてあるか分からない。
解説を見ながら読み解きます。
それで知っている文字や読める文字があるとその崩し方から他の文字が何となく分かる場合が多いです。
もちろん理解が進めばより書を楽しむ事ができます。
でも眺めていて寛ぐ事ができるのならそれはそれで良い嗜みなのではないかなと思う次第です。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:07 PM | comments (0)

January 24, 2006

<H2A8号機>打ち上げ成功。

「だいち」を計画通り分離。
ライブドアのニュースとかに隠れた感じがするがとにかくおめでとう。
やればできるんだね、技術立国日本。
なのに中国に小型ヘリコプターを売ったヤマハ発動機は売国奴なの?


posted 久多@麩羅画堂 : 01:09 PM | comments (0)

つらら。

北側の屋根の勾配ではなかなか積もった雪が落ちきらない。
溶けては凍り溶けては凍りを繰り返す。
繰り返し、繰り返す。
腹腔から伸びたドレーンがベッドからぶら下がる。

その中を赤く染まった体液が生きている証のように繰り返し繰り返し左右に揺れる。
僕は膝に頬杖をしたまま顔を動かさず目で追いかける。
ひとつ動かす度にこうつぶやく。
生きている限り生きている自分だけを信じろと。
すがれば必ず弱い自分が現れる。

花村萬月は小利口な輩に優しく言う。
神は存在するが不在であると。

僕はもはや神を冒涜もしないし試す事もしない。
神にとって最も恐ろしい事は無視をされる事であり
無信心ではない。
だがこう綴る事で神はほくそ笑む事だろう。

やはりお前は私を忘れてはいないのだね。
繰り返し、繰り返す。

馬鹿を言うな。忘れる筈が無いではないか。
お前は父を見放し、友を三人も絶望の淵へ追いやり、あまつさえその子らを見殺しにした。
かつ、
お前が試練と称して薄ら笑いを浮かべたのを僕は知っている。
お前に価値があるとするのなら
終生、僕が生きている限りお前は神を名乗る唾棄すべき非道の民。

それを忘れるのならば、僕も断罪されるべき存在。
だからお前を祝福するのだよ。
消えて罪が許されぬようかろうじて僕が友の為に成す事は忘れぬ事。
今頃おまえは気づいたのか。愚かな民。
繰り返し、繰り返す。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:29 AM | comments (0)

雪景色。

21日は大雪。といっても横浜地方の積雪は8センチだけど。
雪景色


posted 久多@麩羅画堂 : 11:26 AM | comments (0)

アップルストア銀座。

22日の日曜日はまつばらあつしさんの講演。
さすがに一月の夕刻だ。人出に反比例の寒さであった。
氏のイラストレーションはフラッシュ描画がすべてと思っていなかったので会場でちょっと驚いたのだ。
本当に全部フラッシュだった。ひやあ
前の方の席から質問が飛んでましたねえ。^く^
レイヤーとRGBの問題は天下のアドビだ。
解決ぐらいいとも簡単にやってくれるだろう。
そしたらおとなしくバージョンアップするんだけどな。

「まつばらあつし氏講演」
2006.1.22(日) 17:00〜18:00
Apple Store Ginza 3Fシアター
入場無料
内容:イラストレーターのまつばらあつしさんが、
Flashをつかったお絵描きやいろいろな仕事の技法などの紹介

狐狸庵にて
板わさと熱燗を頼む。

黒い四角な皿の上に白い蒲鉾数切れと人参の切片に山葵を乗せた物がことりと置かれる。
蒲鉾に山葵を乗せて?油を注しておいた小皿にちょいとくぐらせ口に運ぶ。
ぷりぷりとかすかな抵抗を見せつつやがて言いなりになってしまう。
蒲鉾って女か?
いやいや、そんな不埒な事を考えるより黒い四角な皿に置かれた蒲鉾が何やら先ほど見た土にまみれた残雪のように見えてしまい儚くなってしまう。
だがそれはほどなく運ばれて来た熱燗でどうやら僕の脳内から完全に消えてしまう。
酒さえ入ればこっちのものさ。
数葉を残して四角な皿の黒さが目だった頃。
僕は更に熱燗を一本追加した上で天ざるを注文する。
ちょっと失敗だなと思ったのは酒が無くなる直前に頼むべきなのを酒が一滴も無くなってからなので時間が空いてしまった事だ。
何故なのかと言うとお店の奥に気を取られていたからだ。
(気を取られた理由は言わないが)
蕎麦屋の天麩羅をつまみに呑む熱燗はうまいのである。汁に付けて食うので塩は頼まないといけない。あまりうるさくはないので普通の塩で十分。何だって食ってしまえば腹の中で体がうまく始末を付けてしまう物だ。舌の楽しみだけに食う訳ではない。食うという事は命をつなげる事であって決して愉しみになる訳は無いのだ。
じゃ、何故お前はそれほどこだわりの無い事を言いながら一種楽しむ風情を書き連ねているのかといぶかしむ向きもおありかも知れないが、酒飲みの僕ににそんな事言われても困る。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:24 AM | comments (0)

ゲルマニウムの夜。

広田レオナさんの直筆。雪の原野を角のねじれた黒い牛が向って来てやがて画面を埋める冒頭。シスターテレジオがタマネギを剥くシーン。黒の分量が好みである。
ゲルマニウムの夜
2006.1.21(土)13:00〜
東京国立博物館一角座
2,000円


posted 久多@麩羅画堂 : 11:20 AM | comments (0)

January 20, 2006

1.2.3月予定メモ

「ミヒャエル・ゾーヴァの世界展」 ★行けなかった。
2006.1.22(日)10:00〜20:00
松屋銀座8階大催場
一般900円
本展はアートとしての驚くべき力と質の高さを持つゾーヴァ作品の全貌を紹介する、世界でも初の本格的な展覧会となります。代表作や映画『アメリ』に使用された立体作品をはじめ、未発表の原画もあわせ約130点を紹介いたします。

「元麻布ギャラリー見学」
2006.2.4(土)13:00〜16:00
東横イン元麻布ギャラリー
andor展のための会場設定

「e-spaceカレンダー展2006」
2006.2.18(土) 17:00〜18:00
ギャラリーコンセプト21
〒107-0061 東京都港区北青山3-15-16
TEL:03-3406-0466
交通 東京メトロ・表参道駅B5、A1出口より徒歩3分

「Flash 8を使ったアニメーション制作入門」
2006.2.18(土) 19:00〜20:00
Apple Store Ginza 3Fシアター
入場無料
内容:FlashアニメーターA.e.Suckが、Flash 8とIntuos 3を使って
タイムライン主体のアニメーション制作を実演

「CG carnivalスペシャルプログラムーFLASHアニメーションの進化」
2006.3.3(金) 18:00〜20:00
東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)
入場無料
出演:POEYAMA、大沢駿、512kb、蛙男商会、ルンパロ、竹熊健太郎ほか
内容:作品上映、メイキング紹介、トークショー


posted 久多@麩羅画堂 : 06:30 PM | comments (0)

7.4g、6.5ccでいかに恐ろしくするか。

仕事中ですが他の考え事もします。白目に対する角膜の大きさが恐ろしさのバロメーターかな。
黒目がちは愛らしく、白目がちは酷薄に見えるだろう。眼が点などと言う表現は、白目がちだから、驚きのあまり心ここに非ずの状態だろうと思われる。(ほんとはどうかは知らない)と考えると仁王様はできる限り黒目を小さくした方が恐ろしいと見える。

ここで問題なのは仁王が決して恐ろしいのではなくどちらかと言うと邪気を払う慈しみの最大表現であるという事だ。
それをただ憤怒の形相だからそれらしく見せるため、いわば単なる手段の為に黒目を小さくして果たして罰が当たらないか。
目下最大の難問である。

ちなみに7.4g、6.5ccは片目の大きさで、あたしは黒目が小さいが決して薄情ではありません。
これは老人環というもので生理現象なんです。白い環が黒目の回りにできるので黒目が小さく見えるのです。
目の事典


posted 久多@麩羅画堂 : 03:38 PM | comments (0)

氷柱。

今朝はぐっと冷え込んだ。
大寒である。
今年初めて見た氷柱。
造成して赤土が出ている水たまりだから霜柱ではない。
よね?


posted 久多@麩羅画堂 : 02:07 PM | comments (0)

痛々しいポスター。

ま、石油もサイも絶滅が危惧され実際危ないから良いのです。
よね?


posted 久多@麩羅画堂 : 02:06 PM | comments (0)

手のひらを返す。

多くのマスコミも一般の人もこぞってもてはやし落とす。
七人の侍の水呑を見ているようで、さすが日本人。
口の中が酸っぱくなるけどそういった姿勢は好きだなあ。
外交では何処の国だって自国の利益の為には手段は選ばない。
よね?


posted 久多@麩羅画堂 : 02:05 PM | comments (0)

19日、冬の朝と遅延と対処。

19日の朝、寒いが気合いが入っていた。
昨日から進めている提案仕事をさっさとやっつけるつもりだった。

0835
保土ヶ谷駅前の国道一号線歩道に長い列ができていた。
保土ヶ谷駅コンコースが人で溢れていた。
アナウンスがあった。
「戸塚駅構内で起きた横須賀線車両事故で運行停止。運転再開の見通し立たず。振替輸送実施中。」
自宅で知ったのなら躊躇無く京浜急行線を利用しただろう。

0840
ここで三つの選択肢が考えられた。
1>このまま待機する。
2>振替で歩いて15分の相鉄線の駅に向う。
3>振替で市営バスを利用して横浜駅もしくは関内へ向う。

状況判断
1>復旧まで人身事故なら20分、車両事故なら20分から40分で徐行運転まで見込める。動けば一駅だ。
2>駅への所要時間と乗車時間は5分だが各駅停車だと朝の通勤時は本数が少なく混雑が予想される。乗車できなければ待たなければならないがその場合の所要時間の見込みが経験不足から予測できない。
3>駅前の長い列を見たが普段からバスの混雑を見ている。さらに輪をかける人数が停車場に溢れている。寒風の中待たなければならない。手洗いに行きたくなったら列を離れなければならない。

結論
なので1と決めた。

ここで新たな展開が起きた。
通常停車しない東海道線の新宿ラインが大船までの横須賀線各駅に停車するとのアナウンス。戸塚駅まで下って動いている東海道線上りに乗り換え横浜駅まで行くとする。

しかし各駅に停車した列車は運行が再開されても直ちにスムーズには動かない。つかえた車両が進まない限りホームに到達できない状況ではJRは発車ベルを押さない。

風を避けるために停止した東海道線車両に乗り込む。

0915
横須賀線運行再開のアナウンス


posted 久多@麩羅画堂 : 01:59 PM | comments (0)

January 18, 2006

憤怒。

仕事で過ごした。
絵を描く為に憤怒の形相を自分でも確かめているが、目を剥いたまま眉間に深い皺を寄せなおかつ口を開けるのは並大抵の顔では難しい。
もの凄く顔が疲れる。ひりひりする。ふう


posted 久多@麩羅画堂 : 08:58 PM | comments (0)

January 17, 2006

想定内。

日本は地震国であるから耐震設計は安全設計であって、
安全を損ねる経済設計はありえない。
当然であるから範囲内。
それをやらないから範囲外。
11年前の今日を忘れたとしたら、
あまりに馬鹿な国民という訳で情けないではないか。

いつからドブネズミが大手を振って、
お天道様の下を歩けるようになったのか。
困った事だなあ。

これは夢の一部だが、
僕はその塔が嫌いだった。
エレベーターは塔の外側を昇降するゴンドラしかないからだ。
見えるから安全だ。
見えなければ何をするか分からないからというのが、
建築主の発想だったからだ。
このゴンドラは塔の本体との間に僅かだが隙間があってそれは50階でも70階でも90階でも変わらなかった。
僕はこの隙間を通して広がる下界を想像してしまうのだった。
床はそこになく僕は空中を浮遊しているかのように感じられ、
足下には落下して行くだけしか猶予が与えられていないのだ。
だからあまり乗らなかった。
ある日、エレベーターが故障してしまい途中の階からオフィスのある上階まで階段を利用せざるを得なくなった。

ところで何かをやらかして表沙汰になってもやはり想定範囲内?


posted 久多@麩羅画堂 : 07:51 PM | comments (0)

SALON DE CHARIVARI TOKYO 2006と

16日は知人の辻下さんが参加されている第36回 シャリバリ2006年展へ出かけた。
4時半頃仕事を片付けて横須賀線で新橋。銀座8丁目だから新橋が一番近い。
地球堂ギャラリーではそうそうたるメンバー、御大が居揃う。
ワイン紅白頂いて楢氏と来週の水曜日のお約束をしてお分かれする。
ちばてつや氏の原画なんてそう見られる物じゃないから宜しかったです。

その後、田村さんと待ち合わせ、コリドー街の泰明庵。
だしまき、ふきのとうてんぷら、あつあげ、そばころっけ、 びー る、うらがすみ、しちほんやり、めかぶのポンズとショウユ、半盛りそばで仕上げ。
京浜急行で帰宅。
さすがに3日目だとお腹もいまひとつ・・・。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:22 PM | comments (0)

串の坊 横浜関内店

15日は横浜駅西口の三越後にできたヨドバシカメラマルチメディア館へ出かけた。
事務所で暖房効果を高めるパネル型のヒーターを購入する目的だったが案外少ない品揃えで残念だ。
仕方が無いのでUSBフラッシュメモリ256MBを購入した。
手乗りとはいえHDDに小さなデータを入れて持ち歩いていたからこれからはもう少し軽量で持ち運びが楽になるだろう。
ヒーターはビックカメラにも無かった。

名刺用光沢インクジェット用紙を購入した。
内々の集いで串の坊 横浜関内店へ出かけた。実は何度か足を運んで日曜の夜なら予約なしでも行けると踏んでいた穴場だったのだが銀座磯村は・・・見事に一杯で90分は待つとの事で断念。
串の坊 横浜関内店で食事となった。
初めての店なので若干の不安もあったが、ネタも新鮮でお酒もおいしく頂けた。
帰宅後コーヒーを頂きながら名刺をプリント。しかし朝のプリントとレイアウトがヘッダで4ミリフッタで1メリ小さくなるきちんと札の中に収めるためにデータをいじらなければならなかったのが残念だった。しかも数字通りで印刷すると完全にずれている。これには参った。何故??
しかしさすがに光沢である。まずまずであった。
何故事務所のレーザープリンターならもっと美しいのに手間をかけるかと言うと失敗する確率が高いからなのだ。どうも紙づまりを起こす。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:10 PM | comments (0)

広東料理「龍華樓」

14日は神奈川インターパブリッシング協会の新年会に出かけた。
なかなか美味しく頂けた。このお店は昨年の夏にも納涼会でお世話になった。個人的にはクラゲが大きいまま出るのが好きです。
龍華樓
美味しく頂いた後に生憎の雨だが、聘珍茶寮でお茶して帰宅する。

この朝、私は傘を落としている。自動販売機でお茶を買う為に手袋を外し、財布から小銭を出す際。またはおつりを財布にしまう際にペットボトルを脇に抱えた際。どちらかだと思う。
残念で悔しいのは落とした事を約2時間気にも止めなかった事だ。
有燐堂で名刺用インクジェット用紙を購入。滲むかも知れないが他に無い。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:02 PM | comments (0)

January 16, 2006

5つの袋を順番に見る夢。

乳白色で空間に浮かぶ大きな袋。
触ってはいないのだがとても柔らかい。
それを順番に見るように義務が課せられている。
僕はそれが苦痛でならない。

朝の通勤列車で、ドアの側の手摺に身を預けるように立ち、
文庫本を読みふける女を見かけた。
黒革様のブックカバーだったので本を支える指が尚一層白く見えた。
そのせいか強く僕の興味を惹く事になったのだ。
Finger Language (※手話ではない。女の指の動きまたは仕草が語る言語)というより
反った白くふっくらとした中指に
5分間の退屈を紛らわせたといったところだろう。

所詮美しいとは、骨格
に粉飾決算してるに過ぎない。

それにしても何故
(助平)心という物は厄介な存在なのだろうか。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:13 PM | comments (0)

January 13, 2006

夢の話 シャドーボクシング。

別に殴りたいとか喧嘩したいとか鍛えたいとかではない。
夢を見た。
今となっては自分以外で登場人物を覚えているのは家人くらいな物で他の人はひたすら黒子である。
3度見たがそれが3度なのか続いているのか寝ぼけているのか分からない。
聞いてくれ。

1幕)誰かのパーティで余興で映像を流そうやという話が起こった。あたしは自分が制作をやるとは思っていないから賛同した。映像はフラッシュでと言う事になった。まだ「ふ〜ん」状態である。どう作るかが議題となった。「そうだなあ何か爆発のような物が良いのではないか誰かの雰囲気にぴったりじゃないかな。」「ああ、それそれ、それで良い。良いけどもうひとつ味を出したいね。」「じゃボクシングで可愛い子にぶちのめされるってのはどう?」「良し!それで決定」

2幕)エレベーター内部鏡面の黒壁で乗り込んだ人が映る。「で、どんな描画方法でどんなポーズだろうか」「こんな感じじゃない?」あたしは映る自分にポイントを置いて繋げて描けば楽かも知れないねと言った。まだこの時点で自分がやるとは露ほども思っていない。映った自分のポイントを指で押せばポーズは崩れるもの。「で、誰がやるんだ?」黒子が皆消えた。

3幕)事務所でタイマーをセットしてムービーカメラに向ってポーズを作っている自分がいた。しかし自分で自分を撮影するのは難しい。結局自宅で間仕切りを背景に家人に撮影してもらう事になった。出で立ちは裸にトランクスとスキー用のグラブ。笑いを堪える家人を前に必死である。

ここで「誰が言い出しっぺなんだ。」と自問して夢から醒めた。

誰なんだろう?三人は居たような気がする・・・うーむ。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:52 PM | comments (0)

January 12, 2006

化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術祭のサイトの
MAPの流れる文字列がカーソルに当たってくだけるのが楽しいね。
PAGE

恵比寿には毎年2月の最後の日曜日に出かけます。今年はどんなだろう?楽しみ^く^


posted 久多@麩羅画堂 : 08:23 PM | comments (0)

青門書道展

第34回 光荘会 青門書道展
日時 1月22日(日)〜26日(木)
   午前10時〜午後6時
会場 横浜市教育文化センター
   横浜市民ギャラリー3階
電話 045-224-7923
交通 JR京浜東北線 関内駅 北口下車徒歩5分
MAP


posted 久多@麩羅画堂 : 07:40 PM | comments (0)

January 11, 2006

鏡開き。

本日鏡開きです。
なのでお汁粉頂きました。
最近(だいぶ前からだけど)のお餅はカビが生えない真空パックで助かります。
段重ねながら直径も8センチの小柄。

40年以上前(かな?)は底についた青カビをこそぎ落として、
しかも固いのをトンカチで割っていましたからなあ。
やわい腕だと餅に負けてぼよよ〜んとな。
その頃の鏡餅はどど〜んと直径30センチはあったのでてっぺんの橙もきちんと座っておりました。
で、現在では割らずに切ってお料理する事ができるので、正確に言うと開く、割るではなく切るなのです。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:14 PM | comments (0)

第36回 シャリバリ2006年展

SALON DE CHARIVARI TOKYO 2006
第36回 シャリバリ2006年展
日時 1月16日(月)〜1月21日(土)
   11:00〜19:00 16日は14:00〜 21日は17:00まで
会場 地球堂ギャラリー
   東京都中央区銀座8-8-6 銀栄ビル2F
電話 03-3572-4811
知人の辻下浩二氏が参加されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:51 PM | comments (0)

私のスター展

忘れられないあの感動
私のスター展
日時 1月13日(金)〜1月21日(土)
   11:00〜19:00 21日16:00まで
   15日お休み
会場 ギャラリー銀杏(世界観ギャラリー隣)
   東京都千代田区神田小川町3-28-13
電話 03-3291-0989
URL
出会い、読本、ふれあい、体験。現在の創作活動につながる感動を10人のアーティストが表現。
知人の山岡康子氏が参加されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:43 PM | comments (0)

January 10, 2006

穏やかな魔物^く^。

穏やかな午後に届いたまものは取り扱い注意。
7日夕刻より中目黒。木村倫子さんの「女子展」出かける。
1月26日まで中目黒1-3-6(2F)CAMARADA
前回はプリントだったが今回は更に繊細な線を紡いでライブである。

8日は怠惰に流れた。ちょっと考え事もあったので籠った。
夜録画してあった「海老ボクサー」をみた。んーB級だが面白かった。しかし海老じゃないだろ、あれはどうみてもシャコじゃよ。

9日はNHK日曜美術館特番仏教美術を見ていた。
美術も大きな後ろ盾や極端な奉仕でより高い次元に上がる事もできるね。
今回は「遊糸描」が宜しかった。面相筆の先端だけで描く繊細な線だ。心に残るものがあった。生かしたい。
如来、菩薩も宜しいがこの数週間は四天王、十二神将で頭が一杯。
最近アイデアが上滑り気味。
実行に手間取る場合が多くなった。気持ちが集中していないせいかと思う。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:44 PM | comments (0)

January 07, 2006

七草粥。

その昔(子供の時は田舎育ちでしたから)は雑草(回りはいわゆる雑草に溢れていました)なんか食えるかなどと思っていたもので、
七草と言いつつセリと大根の二種類だった記憶がある。
最近ではスーパーで七草粥セットで売られているようです。

さっそく今朝は食卓に出ていました。
そのままでも美味しく頂けるのですが、やはり塩味が欲しい。
香の物を乗せてね。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
これぞ 七草
写真


posted 久多@麩羅画堂 : 03:15 PM | comments (0)

January 06, 2006

気散る。

くうーん、だだだだだだだだ。
真横の解体工事。コンクリート床撤去は最終段階か。

事務所の室温は20度Cなのですが寒いです。
下階はまだ営業しとらんのか、床がいつまで経っても冷たい。
コンクリートは蓄熱するのか空気が暖まるのか、下階に暖房が入っていたりすると結構あたし共の部屋が温かくなる感じがします。
なので本日は足裏を温める発熱シートを靴下に貼付けて来ました。
これでかなりしのげそうです。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:07 PM | comments (0)

謹賀戌年2006

あけまして
おめでとう
ございます
本年も宜しくお願いいたします。

戌年は成る年にひとつ足りないと書く。
いわば未完成であり不完全な状況にある。
そして完成に近づく気概や努力が試される年であると言えよう。
もちろん努力をしていると自分に恥じない人が多数だろうと思う。
しかしそれは正しい努力なのか、
がむしゃらである事は大切な事であるが大振り過ぎないかは
反省しても良いのではないのかと感じる。

阿吽。
対にある物は対極を表すという。
明暗、生死、光闇。
片方が言い募る時はそれだけの理由があるからだろう。
だからじっと耳を傾けるが吉。
良く聞けば解決の道も見えて来るだろう。

野暮は最低、粋は最高。
元日の読売新聞特別版第二部から。
日本映画の父と呼ばれたマキノ省三が初めて日本人監督として劇映画を作って100年目だそうだ。
その子の雅弘氏の教えとして5つ新聞に紹介されていた。
1自分の金で監督をするな。
2野暮は最低、粋は最高。
3早撮り。
4一筋二抜け三動作。
5芸は軽さを以て至上とする。
まあいずれも頷ける。

3日の読売新聞朝刊政治から。
リーダー像を問うの中で漫画家里中満智子氏が良い事を言っていた。さすがである。ちょっと長い引用だが、「いい意味での功名心のある人だ。名を上げたいと思えば、高い理想を掲げて、頑張らないといけない。理想を現実の物にするには、権力があった方が良い。ものすごく功名心があって、権力志向で、これがチャンスだと思って、足がガクガクしているけど名乗りを上げて死にものぐるいでやる。そういう命がけの人が出て来ると面白い。」


posted 久多@麩羅画堂 : 11:59 AM | comments (0)

▲top page