« April 2006 | メイン | June 2006 »

May 31, 2006

ひらめきは、

ひらめきで終わったようだ。昨晩の「6人のヒゲおやじ」展でのパーティ席で手渡されたお箸の袋になにやら書き込んであるが、皆目見当が付かない。誰か判読してくれ〜♪
枇杷も色づくが、この季節の本命「あじさい」もねっ!
今月も多くの方にお越しいただきありがとうございました。
Hits32,149>T184,672
Visits3,181>T13,318
Pages7,245>47878


posted 久多@麩羅画堂 : 12:02 PM | comments (0)

May 30, 2006

雷雨の後は気温が下がるから

長袖にする。格好より健康だ。^^
ますます色づく。
牡蠣粉豆
季節
本日「6人のヒゲおやじ展」はじまりはじまりー。来てね!


posted 久多@麩羅画堂 : 03:13 PM | comments (0)

May 29, 2006

肉の日。^^

さ〜て。何だ?
答えは明日。
枇杷が色づき始めました。恐らく食べごろの写真は撮影できないと思います。人様の庭ですし手が届くところの果実がじっとしている訳ありませんものね。
答えは「おからこんにゃく」でした。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:50 AM | comments (0)

May 28, 2006

村岡修至展

期間:5月24日(水)〜5月28日(日)
時間:12:00〜19:00
休館:月曜・火曜
会場:東京・広尾GALLERY旬
東京都港区南麻布4-2-49
    サンパレスビル1F
    地下鉄日比谷線広尾駅A1天現寺交差点方向
    電話03-3444-7665


posted 久多@麩羅画堂 : 07:00 PM | comments (0)

雨の日曜日。

時の辻褄合わせ。沈〜
二ゲラです。黒種草とも言う。コスモスのようにひょろっと高くトケイソウのように怪しい花です。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:41 PM | comments (0)

May 26, 2006

空豆と神の河。

「神の河」 -- かんのこ -- と読みます。神の河は良質の麦だけを原料として100%単式蒸留で造られた本格焼酎です。コハク色なのは薩摩酒造場独自の製法でじっくりと3年以上長期貯蔵熟成させた証拠です。とWebでは記されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:59 PM | comments (0)

May 25, 2006

晴天なれど霞み。

枇杷が大きくなって来た。
最近思うのだが、素材が悪いのに調味料で誤摩化す作品が増えて来たように感じるのだ。アフターエフェクトに頼り過ぎじゃないの?物言えば唇寒しで声を大にしては言えませんが。ああ、でも私もフォトショップで光を表現するから同じようなものか・・・^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 10:35 AM | comments (0)

May 24, 2006

蘖(ひこばえ)=伐った草木の根株から出た芽 (広辞苑)
切り倒された木の株や根から再生して来る若い芽の ことです。 「孫生(ひこばえ)」とも書くそうです。さらには樹勢が衰えると萌芽(ひこばえ)の発生を招くと書いてあった。4月12日の若い芽がそれに当たるが今朝落とされていた。
本日のデジクリで吉井宏氏が紹介された生頼範義氏の画集!懐かしいあった筈だと棚から引っ張りだした。1981年だよー29歳だ^^生活者としての絵描きは肉体労働者に他ならぬ。これ覚えてました。もっとも僕の場合は点描が影響を受けたかな。モノクロの世界だったから。フランクフラゼッタもね影響を受けました。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:54 AM | comments (0)

May 23, 2006

本日は師が拙宅へ参られました。

「近うよれ」 。ははー。近過ぎてぼけました。おかしいなあ。森氏のところで発見。まもなくデジクリでも発見。今朝届いたのですがばたばたしていて報告遅れました。
「ROKUNANA WORKSHOP OF MEDIA DESIGN
A.e.SuckのFlashアニメーション講座 絵コンテ編、作画編」 DVD発売
ストア ロクナナ


posted 久多@麩羅画堂 : 07:31 PM | comments (0)

駅の階段の昇降に関する

河の両岸は摩擦によって抵抗が生じ場所によっては渦を形成する。
駅の階段の端もやはり渋滞を引き起こす。しかしこれは摩擦ではなく片側に逃げる事の出来ぬ壁があるからだろう。真ん中は、これは例えば4人が平行して歩ける幅が前提なのだが、左右の逃げが遊びと言い換えても良いがそれがあるから多少はぎくしゃくするも両側より動きはスムーズのように感じる。いや、待て逃げ場がないからこそ摩擦が生じるのか・・・^^
RAMが足りません。^^;
ひゃ〜♪2GBでも足りないのか^^;やれやれ
600MBくらいのcmykなんだけどなあ。もしかしてこれは驚くべき存在〜^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 10:46 AM | comments (0)

May 22, 2006

ちっとも晴れて来ません。

関内最古の定食屋「佐久良屋」。
日替わり定食580円、焼魚煮魚定食750円、フライ定食500円、煮物定食650円、天ぷら定食700円、オムレツ定食650円、ヒレカツ定食750円、焼き肉定食750円。と書いてあります。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:34 AM | comments (0)

May 21, 2006

横浜快晴。事務所外はね^^

事務所付近は晴、気温22度、湿度42%、北北東風速3
しかし雲はある。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:34 AM | comments (0)

何かね?イケてるって??

今度のe解説は、イケてるFlashアニメを作るプロの手法を紹介する!!URL
ダ・ビンチ・コードも見たいが寝ずの番(R15)も見たい。いや、それどころではない。が、正直なところだ。外は良く晴れている。窓は解放。だがモニターに影響するのでブラインドは落としている。何か変だがやむを得ない。このSUGAビルのおかげで街の景観は保たれている。飲食店が多数入居するテナントビルで第15まであったと思うのだが、外観を同様にする事で買い取った古いビルを改装する際にコストも下げる事ができるそうだ。立派なVIである。
ラストレーターCSってコマンドSで保存していても落ちるとデータはなくなるのかなあ。
別名保存のみが残っていた。個作の3時間半が消えてしまった。キーボードの押しが弱かったのだろうか・・・・ああ、そんな事ないな。ミスだな。保存に2分かかるもの・・・夢中になってしまっていたのだろう。やれやれ^^;復旧しました。考えていた時間が長かったようで記憶を頼りに続けました。初期の一部キャプチャを取っていたのも幸。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:28 AM | comments (0)

May 20, 2006

湿度78%。

気温24度、曇り、南南西の風、風速8。
とても蒸す。5月とは思えないね。しかし同時に僕は折りかなさるように幾重にも連なる雲が好きだ。陰影もある大きな風景だ。見ていると地上のつまらない出来事が馬鹿馬鹿しくなるから不思議だね。さて、そうは書きながらも仕事は渋滞気味、個作は停滞気味、招待状も中退、夜の9時には帰宅してダビンチの謎も見なければならない。所属団体の総会もある。プリントアウトや額装も、ほぼ自分の事だけでも多重進行なのに、ルンパロさんは偉い!
六根清浄(ろっこんしょうじょう)
心身ともに清らかになること。修行者が霊山等に登る時に唱える言葉。目、耳、鼻、舌、身、意の感覚器官だそうだ。もっとも土台がダメでは話にならん。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:21 AM | comments (0)

May 19, 2006

気怠い朝。

どうも雨の朝はぼんやりしてしまう。アクションスクリプトは更に僕を眠りに誘う^^。いやいやそんな事はない。
久しぶりに本家の麩羅画堂を更新しました。刻の眷属、蝉、竹女。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:01 AM | comments (0)

May 18, 2006

蓄光シート。

大分前になるが開発した会社からこのシートのサンプルを頂いて何か面白い用途があったら教えてくださいと言われた。
僕は夜光塗料と勘違いしていたから無造作に扱ってしまった。
後悔している。
テレビで紹介されていたこの非常口誘導サインは床に貼ってある。もしくは壁の下の方に貼ってある。
電気も使わない。煙が発生しても隠れないなど利点も多い。
それをさっき横浜市営地下鉄阪東橋駅ホームで見かけた。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:14 PM | comments (0)

雨に打たれる。

天空から落下する雨に打たれる。痛そうである。
お茶犬ボールペン。
プラスαのせかいです。同じ金額で同じお茶なら。
しかしこれは好奇心を満たすためだけにゴミを増やしているのだろうか。
面は線で仕切られる。どこまで行っても変わらない筈だ。だが見掛けはそうならない。末広がりの根元は線ばかりで困る。仕方がないので亜土瓶イラストレーターCS上での0.5mmの実線をアウトライン化してみる。ちょっと大変^^;

これで便宜上の線は消滅した訳だ。
僕は常に線が大切だと言ってるのに線が無くなった。
ではなく境界は不滅なのだ。
だが均質という価値を失ったな。もんだいはどちら、どれ、どこ、に価値を認め発展させるかだな。曖昧を捨てた筈なのにあえて不均質を求めた辺りに弱さを認めざるを得ないね。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:08 PM | comments (0)

May 17, 2006

これは挫折の記録なのか。

途半ば 志果せず なのかね?
開花せんと待機するも折悪しく雨に出会い
濡れて花弁が密着し自分の力では如何ともしがたく
天候の回復を待つも徐々に体力は失われ
なのかね?
ドウダンツツジ。
ランボルギーニ ガヤルド 。
(カウンタックしか知らないのですが^^;)あの頃は町中に溢れていたなあ。小学生が「あ、スーパーカーだっ!」とな。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:31 AM | comments (0)

May 16, 2006

輪伽藍珍。

アクションスクリプトも、まあ呪文じゃないから単語が理解できればぐっちゃぐっちゃになった状態からほどいて整理復活も早いと思うよ。
と思いたいものだ。うんうん。せめておしフラスクリプトくらいはマスターしないとまつむら先生他申し訳も立たねえよー^く^;。
でも、ちょっと控えているのが、6人のヒゲおやじ展に出品する畳一枚で大きすぎるので途中下車します。すみません。
偶然無用の味わいを出さない為の。 まあブレンドでやれば良い処理ではあるんだけど、それをやればコンピュータの勝利で終わる。かもなあ・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 09:42 AM | comments (0)

May 15, 2006

QUTANET.COM

KIPの会員紹介ページに掲載されていた懐かしのトップ画面index.html。フルフラッシュを目指していたが見られない恐怖がインデックスページを追加させた。
でリンクしているwww.qutanet.comはもう別の会社が使用していた。へえ?


posted 久多@麩羅画堂 : 07:31 PM | comments (0)

今朝の事務所。

快晴。
気分も快晴といきたいところだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:05 AM | comments (0)

May 14, 2006

母の日ローズ。

カーネーションだけじゃないのね。^^


posted 久多@麩羅画堂 : 03:51 PM | comments (0)

昨日の事。Fサイトセミナー。

Fサイトセミナー。気がつけば昨年5月はルーブル展、11月は陶芸絵付け&保険&諸々とぶつかり一年ご無沙汰してしまっていたのね。これでは新作もなし顔もなしで忘れられた存在になると危惧しました。^^;
第一部、森氏の作例は愉しかったあのテイストは好きだ。しかしアクションスクリプトだ。うんうんと頷くさきからこぼれて行ってしまう。何と情けない受講生だろうかと・・・^^;
第二部、A.e.Suck師のデモは毎回驚かされる。技術がなくちゃ描きたい世界も実現しないんじゃないのと常に言われている気がするんだね。
櫻の二巻、吉田暁さんの「花の翳」丸山さんの「吉野の姫」あたしゃはっきり言って沈没してますね。あっはっは
写真は亀甲会、作品展、新宿西口プロムナードギャラリー
シフトの加速を認めざるを得ない心の状況如実。

今朝作品制作のため出社したが、駅で見かけた光景から思いつき。 。
「立ち枯れ」
男は自分の創作と他人の不幸がリンクしている気がしていた。
創作意欲が高まると必ず人が死ぬ。
現に大きな作品を作ろうとして叔母が癌で死んだ。
否、人の死を見てショックを受けて、
創作意欲が生まれたのかも知れない。
結局のところ、
順番は問題ではなかった。
だがあくまでもそれらは偶然だ。
偶然がただ単純にいくつか重なっただけなのだ。
しかし男はその繋がりに意味を見てしまい恐怖を覚えた事は確かだ。
男はすくんだまま自身を縛り上げてしまった。
やがて生きているだけの存在に成り果てた。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:12 PM | comments (0)

May 13, 2006

今朝の肉。

ベジタリアンの朝食。
思いつき 1
ここに女房を亡くした男がいて写真に向ってめそめそしている訳。写真はモノクロームで写っている女房はきちんと化粧をしている。男の涙が女房の目の辺りに落ちる。すると女房の目のアイシャドーが溶けて流れそれが題字になる。女房は生きている時は亭主のそんな弱い部分を知らなかった。いつも亭主は頑張っていたんだと思う。それだけ女房を愛していた訳だ。張り合いをなくして泣き暮らしている訳だ。そんな状態を見かねて女房は自分を想って生きていられたのでは迷惑だ成仏出来ないと文句を言う。しかしこの話はあったな。

次の思いつき
永遠に歳を取らない方法。時間の売買で刻の眷属を発想したけれど、自分自身を完全なデジタルに置き換えてしまうんだな。ところが一人でさえ膨大なデータ量だ。人間より大きな媒体を必要として歳を取らない変わりに地上は媒体で膨れ上がってエネルギー供給がおぼつかなくなる。折角歳を取らなくなったのに保存したデータを呼び出せなくなるから困ったね。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:23 AM | comments (0)

May 12, 2006

Tom Room

友人のブログだ。
悲しき軽運送屋の顛末記
なかなかディープでそこが面白い。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:57 PM | comments (0)

今朝の花。

薔薇
なんでしょう。
ツツジの種類。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:12 AM | comments (0)

May 11, 2006

天空の涙が、

清純を穢す。
場合も或る。
落下一滴の、
確率を想う。

しかし何を以て穢すと云う。
無垢なるが故に純と云うならば、
人に純はなくしたがって不純の見た光は純にあらず。
否不純だからこそ穢れを知りまたその対極を知るか。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:20 AM | comments (0)

May 10, 2006

どんてん。

皐月だろ?
はっきりせんかい!!ほな・・・
所用で出かけていた為昼食をとり損なった。横浜市営地下鉄「関内駅」コンコースで久しぶりに崎陽軒のシウマイ弁当を710円で求めた。冷めても美味い。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:20 PM | comments (0)

May 09, 2006

階段の森。

晴天が一番好きだが曇り空もまあ撮影には向いております。
今朝の一こまですが、後になって気がつきました(大汗)階段でしゃがんでコンパクトカメラを扱い、レンズを下から上に向けるというのは実に危険な態勢だったのね。
話は変わるが、あたしはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)だろうと思う。最近自覚する^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 09:46 AM | comments (0)

タペストリと言うのか^^;

最近大型プリントの展示で見かけるこの仕様。
上部下部共にプラスチック製品で切れ目がありプリント用紙を挟み込む。
実は倫子さんの個展の際にヒントがあったのだが、名前は何と言うのだろう?ご存知??
大きさはとりあえずB1希望なんですが、プリントサービス会社に聞いてみようかな。
タペストリというそうです。
URL
知人に聞いてみると様々な意見が出たが、概ね芳しくないね。展示されている周囲の作品がポイントらしい。すべてデジタルプリントであれば雰囲気を壊す事もなく「同じ土俵に」立てるのだが、いわゆる油絵や書、陶芸、手芸などアナログ手法の作品の中ではパネルやこのぺらぺらでは作品自体の内容より体裁で貧相に見えてしまうらしい。なるほどと思うのだ。もう少し考えてみようと思う。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:43 AM | comments (0)

May 08, 2006

飛べない蒲公英。

取り残される恐怖。
湿気が拡散を妨げる。
待つだけ。
きっと良い日が訪れるさ。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:28 AM | comments (0)

May 07, 2006

捨てられて・・・

枝に残ってさらされたままの枯れ花は見苦しい。したがってむしり取られ打ち捨てられる。僕はここに一種の凄惨を感じデジタルに収める。美の対極にある醜は果し切った満足感で諦めとも儚さとも違う。そこに僕は惹かれるのだ。煉瓦や砂利ではなくタイルの上というのも良かったかと思う。これも功徳というものだ。 仕事。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:46 AM | comments (0)

May 06, 2006

とらわれの人。

生きているようで生かされている壁の花。
仕事。^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 09:56 AM | comments (0)

May 05, 2006

そして本日、関内快晴。

事務所は静かです。
最近面白いのでやっているパノラマ写真。
天地。
まあ魚眼使えば良いのですけれど
デジタルコンパクトカメラですので・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 03:34 PM | comments (0)

4日の事、茅ヶ崎。

取れ立て焼き筍。東海道線、茅ヶ崎駅からバスでしばらく。旧家の竹林でお世話になりました。
PHOTO
まさに薫風。空には鯉のぼりが。
竹女を生んだ舞台でもあります


posted 久多@麩羅画堂 : 03:28 PM | comments (0)

3日の事、中野。

知人の吉田暁君が「花の翳」で佳作をとったDOGA CGアニメコンテスト 東京上映会へ出かけた。会場は中野だ。入場引換券が10時からという事でしかも一人一枚サクラを使う訳にも行かず^^;ちゃんと朝早く出ました。と言っても新宿ラインもあるので楽になった物です。
無料でここまで見させて頂けるのかと思う力作が目白押しでしたね。もっとも個人的には?な作品が無かった訳ではありませんが。

驚いた作品
モンスターブーツ(映像賞)
パパが必要なの(作品賞)

美しい作品
FLY(佳作)
吉野の姫(グラフィック賞)
花の翳(佳作)

笑ってしまった作品
ルール
半重力ブーツで学校へ行こう
将棋アワー

アートとして見ても良いかな作品
魔法の椅子


posted 久多@麩羅画堂 : 03:06 PM | comments (0)

May 02, 2006

シャクヤク。

大きな花ですよね。いかにも自信にあふれている。
「立てば芍薬,座れば牡丹,歩く姿は百合の花。 」
好感度具合ですが自分は、プチッ>プリッ>プリンッ>プルン>トゥルンッと熟成が進んだ果実が好きです。マンゴーとか。では熟れた方が何でも好きかというと撮影はしましたがこのシャクヤクは好きなタイプではない。花はダントツにヒマワリ、桔梗です。でも女性を描く場合は豊満でないとイケマセン。なので豊穣です。
下記URLで知った事ですがボタンは「木」,シャクヤクは「草」だそうです。 URL


posted 久多@麩羅画堂 : 11:52 AM | comments (0)

5月1日の出来事。めでたい

メーデー。労働者の日です。だったかな。午前打合せが長引いて昼食取り損ね移動東銀座アップルストアにて「まつばらあつし氏のフラッシュドローイング」観劇。いんやー皐月の晴れた正午の横浜駅2番線は風が心地よくこのまま吹かれて下り列車で三浦半島逃避行したいと思いました。

昨日の3時の関内周辺も気持ち良かったなあ。東銀座駅へ移動しつつ銀ダチへ通過儀礼のメール送る。現在連休下の過酷な状況にあるらしいので素通りしようと思ったのだがすぐさまお返事。「来い、水ぐらい飲ます。」との事で東銀座から新橋駅を最寄り駅とすべく移動。 度付きの水を御馳走になり早々に退却させて頂く。新橋駅の横須賀線はそのまま帰宅最寄り駅直結だよなあ。ああサプラ伊豆。京浜急行は快速特急ではなく特別快速なので快特。横須賀線より早い。今度から迷わず京浜急行にしよう。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:18 AM | comments (0)

4月30日の出来事。

休日なのに直帰とはいかに?^^
急遽5日の予定だったASIAGRAPH2006yokohama を30日にして出かけました。( 4月26日(水)〜5月6日(土)9:00AM〜6:00PM神奈川県民ホール) 知人のムトウさんが出展されています。喜多見氏の企画です。 MAP
1)三井MAP
廃墟 MAP

梅林閣045-662-3698 MAP


posted 久多@麩羅画堂 : 09:07 AM | comments (0)

あほ”かと”2。

植え替えのその後。いや植え替えではなく「種まき」でした。^^


posted 久多@麩羅画堂 : 09:06 AM | comments (0)

▲top page