« September 2006 | メイン | November 2006 »

October 31, 2006

出る悔い。

こりゃ仕方がない。出したくて出すものじゃないから。
しかし悔いは根元から断たなきゃ駄目と昔から言われており、学習能力に大きく関わるので注意した方が良いですね。
今月はHITS85,243(463,091) Visits6,250(35,503)頂きました。ありがとうございました。
横浜スカイ365更新


posted 久多@麩羅画堂 : 11:27 AM | comments (0)

October 30, 2006

出る杭。

は打たれるもの。用意万端で望む今川に織田は奇襲するも準備不足は否めず思わぬ障害。頼みは人心なれど価格だけで動けば更に流動的で土石流、人は石垣今何処。誰かがやらなければならないのだけど、実は何となくって決めている人も多いのじゃないか。この何となくを形成する為に相当のお金が使われている。CMってやつ。でスパイは出て行けって言ったら全員が居なくなる。あれって怖い。社長が「俺について来れない奴は来なくて良い!」と言ったら誰もいなくなったりして恐怖。事前の調査、根回しが大切だなあ。
今朝はカメラを忘れた、財布(小額の方)を忘れた、南無携帯ストラップが切れたなど雲行きが妖しい週明けである。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:45 AM | comments (0)

October 29, 2006

World Food Day 2006

■GALLERY MYDESIGNS in World Food Day 2006
会期:10月9日(月)〜10月29日(日)
時間:11:00〜21:00
会場:表参道ヒルズ内Idea Frames (イデアフレイムス)    渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ西館地下2階
   電話:03-5410-1270
MAP
知人で参加されているのは、光作氏とミヤモトヨシコ氏です。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:00 PM | comments (0)

竜宮異聞ポリシー。

平面的である事
彩度が高い事
能動的である事
濃密である事
デフォルメを徹底させる事
見た事がない事
媚びない事
官能的である事
色相は七色に留める事
(紅、群青、蒼、橙、赤紫と繋げる色として黒、白)
負けぬ気概を維持する事


posted 久多@麩羅画堂 : 03:25 PM | comments (0)

東京コンテンツマーケット2006

振り上げた拳と言うものは他人ならば振り下ろして決着するが、自分に振り上げた拳は下ろせない。なぜなら自分を叱る前提としてふがいなさがあり、それは実に空虚な存在だからだ。つまり空虚に対して憤りを感じ叱る行為で拳を振り下ろすのはまったく無意味だと言う事だね。スカと言う訳さ。 昨日「 東京コンテンツマーケット2006」へ出かけ味わった気分ですね。

何故この場に自分が居ないのかと言ったやるせなさ。コンテンツが足りない。 と、まあ情けない話はさておき
市場は強力な内容(コンテンツ)を求めている。当たり前なのだが違うのは市場から吸い上げる機構が育って来たと言う事だろう。ただそれでも売り込みをしてくれと言わせる虚弱さがある。より一層市場は周囲に目を行き届かせる努力が必要なんじゃないか。と同時にルンパロ氏が提唱してきたものが実を結びつつありそれが嬉しい。
会場ではHAL_さんから、ファンワークスさんから、ちょろぴさん、おおばひろしさん、ブッキー☆プッキーさん、TSUNAさんにもお会いしました。名刺交換でもたくさん頂いた^^

といったいきさつで帰宅時歩きながら忘れぬうちに携帯から竜宮異聞ポリシーを立てた。自分のような情けないやつばらは自分を縛らないといつまで経ってもふらふら極楽蜻蛉のままなのだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:21 PM | comments (0)

October 28, 2006

珈琲たいむ

スーパーオリジナル
コーヒー
2006年_190


posted 久多@麩羅画堂 : 12:08 PM | comments (0)

ブルーマウンテンブレンド

横浜館
コーヒー
2006年_189


posted 久多@麩羅画堂 : 11:58 AM | comments (0)

『ハマクリ・イブニング』Vol.26

昨晩は知人からのお誘いでデジタルキャンプ主催の『ハマクリ・イブニング』Vol.26へ出かけた。このプログラムは素晴らしい。プレゼン全部に感動した。第一回からお誘いはあったのだが都合が付かずそのうちに忘れてしまっていた。^^; 勿体ない事をしたと後悔している。初めての参加であったが温かく迎えて頂きすぐに打ち解ける事ができた。プレゼンターのお一人、阿川さんが知人だったおかげもある。仕事で若干きつめだった後で感激すると爆発しちゃうんだ。昨晩のように感動が伝えきらないもどかしさと言うか愉快で言い切った感じがしたなあ。
今日は「 東京コンテンツマーケット2006」へ出かけます。お昼近く会場かな。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:59 AM | comments (0)

October 27, 2006

姑息。

こそくってしゅうとのいきって書く。なんでだろー
姑息は嫌い。タダではないのにタダを装う。休む為に学びを捨てる。いっそ1,900億円のペテンがスガシイ(まさか!)
街で見かけたのだが何だかなあ-_-;喪中ハガキの割引が今月いっぱいって。
写真は関内で見かけた燃える印象。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:52 AM | comments (0)

October 26, 2006

本物快晴。

やはり想定快晴より本物の方が良いに決まっている。
予定=10/28六本木 おのぼりさん 、11/03西麻布 羊毛ちくちく 、11/04南太田 デッサン 、11/11参宮橋 フラッシュ 、11/17日暮里 羅馬人 、11/18吉野町 濃厚ワインパ 、何処にルソー入れるか?あんたはダリ?久多オリカレ、某合同展の天部畳シリーズ、某プロモ3作品・・・他諸々
写真は季節もののquri_gohan


posted 久多@麩羅画堂 : 12:14 PM | comments (0)

October 25, 2006

家族割引。

はっきり言って使いきらん。やはり従量加算が良い!使った人が使っただけ、基本料金も廃止!これこそ自己責任!大体「放題」なんてのがいかん!電話料金を気にしながら話すから濃くなるんだ。^^;
携帯メーカーは回線事業者ごとのモデルデザインを廃止!数が多過ぎて頭が痺れて選びきれん!

複雑な料金体系は「何か適当に誤摩化して」の感じがするんだ。
(あたしは頭が回らんから^^; )
自宅の電話はNTTだろうが東京電話だろうが電話機は何処のメーカーだって繋がるし、家族の誰が使っても家族割引なんてないぞ!え!!問題外?そうか・・・
(データのやりとりは放題でええよ^^;)
ま、冗句だけど何処もは黙って継続する僕に何もしてくれないのな。十分サービスはしてあるとハ言うがなあ・・・^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 01:02 PM | comments (0)

October 24, 2006

日々之口実。

あ、違った。日々之好日じゃった。
しかし変換は人を現すと言ふ。
好日より先に口実が出たとは情けなし。^^;
最近良い芳香に考えないと腹が経つので・・・
(何かねえ、ことえりの変換が可笑しくなってきた)


posted 久多@麩羅画堂 : 11:07 AM | comments (0)

October 23, 2006

日々之晴天。

土曜日に干したシイタケが日曜日の夜に・・・
お酒が進みました。ういっ


posted 久多@麩羅画堂 : 05:16 PM | comments (0)

October 22, 2006

第一回デジタルポンチin浅草

J-Mac主催デジタルポンチ
期間:10月4日(月)〜10月22日(金)
時間:10:00〜18:00
休館:月曜日(祝日の場合は翌日)
会場:TEPCO浅草館
   〒111-0035 東京都台東区西浅草2-27-7
   電話03-4463-8422

知っている方では、いご昭二さん、塩澤文彦さん、菅ナオコさん、山田ゴロさん、宮島幸次さん、まつばらあつしさん、福田紀子さん、NIWAKOさん、綱島ヒロユキさん、駄場真弓さん、駄場寛さんが参加されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 06:00 PM | comments (0)

アンリ・ルソー。

日曜美術館で。知人に誘われていた世田谷美術館。なかなか都合が付かなく延び延びになっていたがとうとうNHKで放映されちゃった。もう混雑しちゃうだろうな^^;
僕はこの画家の作品を印象として覚えているだけだった。それは恐らく教科書か参考書に小さく掲載された挿絵だろうと思う。

風景の中の自画像、眠れるジプシー女、蛇使いの女。深い緑と鮮やかな橙だけが心に残っていた。僕の好きな色だった。影響を受けたとは思えないのだが遠近感のないもしくは無視した構図は確かに好きだ。それでさらに恐ろしいのは印象だけが強く残っていた平面的な構図はイラストメーション「竜宮異聞」で濃厚な感じとしての印象がジャングルのイメージと重なる事だ。まったく意識下に沈殿していたものが撹拌されて表層に現れる。そんな気がした。回線を気にせず描き込もうがんばろう来年・・・
写真は最近の自分のようで会話が続かない・・・・・・・;;


posted 久多@麩羅画堂 : 04:54 PM | comments (0)

October 21, 2006

まみむめもんじゃ。

食べ過ぎ。大丈夫まいふれんど。生ビールは時ヨッ気似は良※。ずいぶんとぼけた変換だが面白いからこのまま(^-^;良いモデルさんだった。筋肉たっぷり次回も男性かも(※ジョッキ二杯)
KIP主催メンズヌードデッサン
時間/18:00〜21:00
会場/フォーラム南太田 大会議室
費用/2000円


posted 久多@麩羅画堂 : 11:30 PM | comments (0)

ヤマシタクニコ個展超短編の世界

どのような世界かそれは私にも分からない。ますます充実するヤマシタクニコの世界。
期間:10月16日(月)〜21日(土)
時間:11:30〜19:00(21日は17:00)
会場:ギャラリーR・P(アールテンピイ)
   大阪市北区曽根崎2丁目5-31MAP
電話:06-6363-0230(ギャラリーRyo)
作家みっどないと
作家談:いつものショートストーリーよりさらに短い小説と、絵(手描きの絵をCG加工)を組み合わせた展示です。会場では得本和音さん作曲・演奏のピアノ曲を流す予定です。こちらも音の短編小説といえると思います。みなさまお忙しいとは思いますが、梅田にお出かけの際はぜひお立ち寄り下さい。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

10月21日なのに

国道一号線傍にて


posted 久多@麩羅画堂 : 01:55 PM | comments (0)

October 20, 2006

えりまき。

やらねばならぬ事が多くやりたい事へは相変わらず思考がまとまりません。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:17 AM | comments (0)

October 19, 2006

シミ。

道路に落ちた銀杏の実。潰されて種の殻が白く残る。思いつきに振り回されて今日はとても疲れた。いつもの事だけどね^^


posted 久多@麩羅画堂 : 08:40 PM | comments (0)

October 18, 2006

ぼよんな車。

ボヨンに意味はありません^^;語感のみ
ぼよんな車は張り紙が車体の至る所に貼られていました。
「傷をつけると恐いので車庫前に置かないでください」
今は10メートル離れたところに駐車してます。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:27 AM | comments (0)

October 17, 2006

デフォルトは

デフォルトはデフォルメにある。確認して進む。ルンパロ氏の日記で見た。「アニメが想像域の産物」これこれ!あたしがブツブツと一昨年からもやっていた言葉。リアルはリアルに任せておけば良いのだよ。とにかくずうっと感じていたのだ。自分らしい本当に描きたい世界。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:37 AM | comments (0)

October 16, 2006

感じはこうかな^^;

イノシシの口唇から覗いて見える牙はどちらとも言えないが上下各2本で全てが上を向いている。上よりも下の方が横に広がっている。もののけ姫で描かれたいのしし(大事主だったかな?)は下顎からの牙だった。ユーラシアイノシシはニホンイノシシとリュウキュウイノシシだと思う。今までに得たページでは牙の断面は三角で上の牙と噛み合わせの時自動的に研磨されるそうです。向って来る時にカチャカチャと聞こえるそうですから恐ろしい。どうやら見えている牙は下顎からのようで上顎の牙は上唇を押し上げて下の牙のポケットにしているように見えますね。

知人から頂いたコメントは
雌雄共に下顎の犬歯が発達して牙状になっており、雄は特に長い。雄の牙は生後1年半ほどで確認できるようになり、半月型に曲がった形で終生成長を続け、最大で15cmほどまでになる。
上顎の犬歯も大きく、それが擦り合わさるよう下顎の犬歯が生えているため、常に研磨された状態の牙は非常に鋭い。ただ、この牙は後方に湾曲しているため、攻撃用というよりもむしろ護身用である。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:50 PM | comments (0)

October 15, 2006

花札の猪は牙が下向き^^;

昨日からやってます。イノシシの唇から覗いて見える牙は上顎か下顎か?
旺文社の野外観察図鑑「動物」によれば「牙は上あごの犬歯」となっている。では下顎の大きな犬歯は何だろう? いろいろ調べていたら花札が出て来て・・・が〜ん。下を向いているではないか・・・うーん

昨日の検索
資料を探しているうちに^^
資料1
イノシシの牙は上あごの犬歯が伸びたものだと記憶していたが、雄の下あごに牙があるなんて記述もあって?????
資料2
確かに上下の顎に犬歯はあります。哺乳類なんだから。だけど牙と犬歯は違う。うーんうーん

牙は表面に現れ犬歯は口腔に収まると思っている。しかしバビルサなどは上あごの犬歯が顎を突き破って出てしまっているし何より下あごの犬歯も巨大でやはり牙だ。うーんうーん

上下だが見えているのはどっちだ?
資料3

ヒューマンボディ動物学
資料4

うー牙は下。上の牙は下の大きな牙を研ぐ為の犬歯。
大きく曲がり空洞だそうだが・・・下を向いているんだな。
資料5

どう見ても下の牙が大きい
資料6

これはメス
資料7

資料8

資料9

資料10画像注意(不快に思うかも知れません)

資料11頭骨コレクション


posted 久多@麩羅画堂 : 01:40 PM | comments (0)

October 14, 2006

カポック。

久しぶりに見たので珍しいと言うと家人曰く「開花すると樹勢が弱るから近年裁ち落としている。」 観察が足りない・・・^^;
吉報
吉祥寺アニメワンダーランド2006・吉祥寺アニメーション映画祭で、盟友吉田暁君の「花の翳」(はなのかげ)が優秀賞受賞^^良くやった!


posted 久多@麩羅画堂 : 10:44 AM | comments (0)

October 13, 2006

とん、ちょ、ぴっぐ、ぶた。

今年はちょっと早くから取りかかろうと思ってます。例年ギリギリで苦労はイヤだし。実はまだアイデアが固まっていない。種類の少ないのもネックになってます。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:48 PM | comments (0)

October 12, 2006

ひょうたん。

結構高い場所にできており、手が届かないせいか、呼ばれて返事をすると吸い込まれるせいか分からないが誰も近寄らない。


posted 久多@麩羅画堂 : 04:23 PM | comments (0)

October 11, 2006

天高く。

志高く。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:16 AM | comments (0)

October 10, 2006

ユーザービリティ。

建築家が何を考えたのか知らないが森ビルも大した事がないね。時代に逆行の印象だ。フロアと階段に段差を作り係員が足下に気をつけるように誘導するとは情けない。ましてショップとフロアとは・・・オープンして時間が経つと言うのにすぐ改良すべきなのに誰かが転ばなくちゃ頭が回らないのか。「回転ドアと同じ発想なのが悲しい。」都市再開発の優れた考えと実践がちぐはぐなのは組織が大きくなったせいなのだろうか。それとも開発ではなく所詮地上げ屋なのか。そうであってはならないが、そうでない事を祈りつつ後にした。

夕べじっと考えた。このままだとカレンダーができない。
さらにじっと考えた。決まった。良かった。決まると油断するので気分がほぐれるのだ。やれやれ


posted 久多@麩羅画堂 : 12:37 PM | comments (0)

October 09, 2006

秋の道行き。

渋谷から銀座線で今年二度目の表参道です。相変わらず混んでます。相変わらず駅のフロアで改札が下階にあるのに慣れません。ヒルズ西館地下2階 Idea Frames にてGALLERY MYDESIGNS in World Food Day 2006 拝見。知人では立体の光作氏と可愛らしいミヤモトヨシコ氏が参加されておりました。本館も見学したがここについては意見がある。後で。
表参道からやはり銀座線でのんびりと田原町まで。
TEPCO浅草館で開催されているJ-Mac主催 第一回デジタルポンチin浅草を拝見する為だ。いご昭二氏、塩澤文彦氏、菅ナオコ氏、山田ゴロ氏、宮島幸次氏、まつばらあつし氏、福田紀子氏、NIWAKO氏、綱島ヒロユキ氏、駄場真弓氏、駄場寛氏。^^会場でメソポ田宮文明氏、高山弘氏とご挨拶。
腹が空いて来たので「豚八」を紹介されていたのだが量が多く困りそうなので、合羽橋道具街へ行くも休日はお休みのところばかりで再び元に戻る。洋食屋へ行きたかったのでランチ850円の看板が出ていた「Attrayant」というお店に入る。サラダ、ハンバーグ、イカのトマトソース、ライス、コーヒー付き!美味しかった^^この後TEPCOに戻り2階と1階を見学、知り合いともしばし歓談で後にした。都営地下鉄浅草線で京急経由で帰宅。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:55 PM | comments (0)

October 08, 2006

快晴。

良い天気です。
ワシントンホテルのエスカレーターに描かれた模様
今日は横浜ジャズプロムナードもやっています。事務所近くの馬車道関内ホール前でも演奏されていました。
URL


posted 久多@麩羅画堂 : 02:01 PM | comments (0)

October 07, 2006

横浜オクトーバーフェスト2006

赤煉瓦パークにて「横浜オクトーバーフェスト2006」。SPATENおいおい高いよ〜1,500円@@しかしうんまい^^グラス保証金1,000円は別。だから持ち帰っても良いのです。あたしは荷物はイヤだから返金してもらいました。 2リットル以上飲んでます。忘れました。演奏はボランティアらしいのですが彼らも飲んでます。もっとも中身は分からないので水かも知れません。

その後、赤煉瓦パークにて海上保安資料館横浜館見学。2001.12.22の工作船事件で引き上げられた工作船展示。生々しい弾痕、あまりにお粗末な旧装備。酔いも冷めます。
大桟橋へ移動して芝生で寝転び酔いを冷ます。
中華街兵どうして梅蘭焼そば&シュウマイ&瓶ビール。山東水餃子&青菜炒め&大正海老唐揚げ&紹興酒。
関内へ移動してビッグエコー・・・・
しばらく鬱とした気分だったので何かふっきれて頑張ろうといった気持ちになりました。良かった


posted 久多@麩羅画堂 : 08:55 PM | comments (0)

1999。

昨日の「顔づくり」で思い出したJFC
偶然にも1999年の今日サイトオープンだった。
8月4日にKIPがマクロメディアに講師を依頼しFlash4セミナーを拝聴してのち有志と立ち上げたものだ。このArtWorkの中で、

skibishin,nekogayatsu,kotonoha,santaboarder,
snowkid,timedrgon,drgon2000が僕の作品で、稚拙。2ヶ月で作った。
ここに至る1998年に猫谷物語のお話を発表し、クイックタイムでムービーを作ったのが1999年の3月。とてもインターネットで配信できるデーター量ではなかった。すでにFlashで仕事をしていたSにアニメーションが有効である事を聞き、神奈川ウエッブコンテストが開催されそこで知ったのがC女の大国主神
http://www.flala.com/
以降は知っての通り。ただ最近束ねる力が衰えて来ているのを痛感。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:54 AM | comments (0)

October 06, 2006

水滴。

ファインピックス4500のマクロ機能を使って水滴の中にどれほどの世界を封じ込められるのか。やってみた。良く分からなかった。72dpiで100%。もともとオートだし手持ちなので判断も曖昧^^;
別に悪気がある訳じゃなく修正項目が多い時にたまたま目に入っただけの哀れな奴だが、「こいつ人を舐めとんのかぁ」と思った次第なので撮影してみた。


posted 久多@麩羅画堂 : 04:35 PM | comments (0)

October 05, 2006

天狗のクロウ。

第五章 天狗
45)烏山 異変、山がなくなるという。縄張りの喪失を迎え天狗のクロウは一族をひきいて移動を図らねばならなくなる。猛将バシ。その経過について触れていく。

50)縄張、強い北風。だが、人は考える。思考を重ねて無に帰する者もあれば有を選ぶ者がある。
有を選んだ者は経過を形にして残そうとするが、およそ人族が己の肉体が持つ以上の力に頼って、自然を破壊してまで作りあげた物に美しい物はない。億、万年という単位で自然が育んできた取り戻しようもない物を犠牲にしながら、次々と駄作を刻みつける。
人の快適はしばしば「止むを得ない」、「効率」という一方的な言葉で自然と対峙する。
人は矛盾を内包する生き物であるが、自然は矛盾を一切拒否するからだ。容認したとしても、それには時限がある。奢りがあるうちは、それが見えないだけなのだ。
もし人が地球の覇者を自認するのならば、それを誇りと考えるのならば、制御ではなく、共生という必要にして最小限の謙虚さが大切なのだ。人の知性はそのためにあると思われる。自然が懐に潜ませた時計の針は休むことを知らないのだから。(猫谷物語プロット199809)


posted 久多@麩羅画堂 : 03:14 PM | comments (0)

October 04, 2006

PS。

職業柄、僕はたちまちポストスクリプトエラーなんてのが頭に浮かぶね、いやだいやだ^^;世間でプレステというゲームマシンが任天堂王国であるわが家に来た。機械すべてとあまたのゲームの中で 「大神」 が小さくなっているわ^^。あたしのじゃないけど・・・べろべろんという喋りは好かんけど表現はちょっとばかり自分の向う先に似ていて好感が持てるね。渦多用だし。イントロをちょっと見て寝た。12時過ぎたし・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 07:13 PM | comments (0)

October 03, 2006

東京展。

美術の祭典’06 第32回東京展
期間:9月18日(月)〜10月3日(火)
時間:9:00〜17:00
休館:9月19日(火)
会場:上野・東京都美術館
URL
知人の福田さんが出展されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

CSの容量喰い。

イラストレーターCSの容量喰い。
届いたデータはVer8で1.7MB。僕はそのバージョンを持っていないのでCSで開いて確認します。届いたデータのフォントはNEWCIDだからOTFの僕はフォントも調整する為CSで保存します。さて配置した画像は含まず新規に保存するとあらら11.2MB。ところが書き出しでVer8に落としてみると1.7MB。不思議です。一体アドビのイラストレーターは何を企んでいるんでしょう。腹に一物でなければ膨らまないと思うのですが気分がスッキリ晴れません。^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 04:41 PM | comments (0)

October 02, 2006

秋雨。

十二 秋雨
「明日はどうやら雨のようじゃな。」
 眠り続けるアカミミの傍らで月を見上げてハナはつぶやいた。月がますます朧になったからであった。雲も厚くなってその輪郭を月明りの中ににぶく見せていた。チクワは自らの未熟が引き起こした不始末を解消するためにタラ達を説得しようと出かけていた。

 目の前の駐車場ではススキの穂がわずかな月明りを受け白く輝やき、そよいでいた。さまざまな虫がそれぞれの声でしきりと鳴いていた。
 リリリッ……リッ……。虫の声が止んだ。何かが近づいて来る。ハナは月から駐車場に眼を転じた。闇の中にこちらをじっと見つめている赤く光る片目があった。恐怖はなかった。何故か知らぬ懐かしいものを感じた。
「何者じゃ?」
 問いかけにしばらく声がなかった。声はなかったが、かつてこの地を知る足取りで近づいて来た。その体は八幡のチコより黒かった。チクワより倍も大きいと見えた。歳をとり腹の下に段下のキジと同じように長い毛があった。
 漆黒は近づいてハナの足元を見た。アカミミを見た。
「……お前はハナじゃな。なぜここに谷のアカミミがおる?」
「私の名をなぜご存じか。私はあなたを知らぬが……。もしや?」
ハナは見た事もない目の前の猫になぜ親しみを感じたのか、なぜ懐かしさを覚えたか気付いた。
「もしや、ザキ殿ではあるまいか?私の父か。」
「いかにもザキである。ハナよ、りっぱな大人になったのう。」
 涙も出ないし、感動もなかった。淡々と見つめ合った。ハナが生まれた時には父は既に出ていたから顔も知らない。実に三年も合わなかったのだ。当然と言えよう。近くに見ればさすがに漆黒と思われた毛並みに衰えがあった。
 衰えを見た瞬間、ハナの両の眼から涙が堰を切ったように溢れ出た。恥ずかしいと思い拭おうとしたが止まる事を知らなかった。同時に父を恨む気持ちがない混ぜになり、混乱した。
 体が勝手に父の足元へ駆けさせ身を擦り寄せ甘えさせた。理性がそれを押さえ込もうとしたが聞かなかった。ひたすら泣きじゃくった。恥も外聞も今はなかった。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:39 AM | comments (0)

October 01, 2006

夢野頓坊農場窯焼締作品展

期間:9月29日(金)〜10月1日(日)
時間:10:00〜19:00(1日は17:00)
会場:三浦市南下浦市民センター
   (三浦海岸駅裏)
   三浦市南下浦町上宮田3274
電話:046-888-1111
交通:京浜急行線三浦海岸駅徒歩1分


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

チノパン。

ユニクロでワンタックキモウチノを購入した。げ、79センチだよ^^;ちょっと緩いがシャツが厚手になって来るとね・・・テイジンメンズショップでウエストもレングも同じ寸法だった時代が懐かしい^^;
日曜美術館で、「技というのはあくまで途中の事、最後に技なんかを見せてはいかんのよ」で「技術はあって当たり前、技術を見せて何になる、術は美と芸ね」


posted 久多@麩羅画堂 : 10:03 AM | comments (0)

▲top page