« 淡々と始まる一週間。 | メイン | 月かたぶきぬ »

November 07, 2006

劇画古事記。

まあ人文、歴史、古代史の棚に平積みだから奔放なエロに満ちていなかったのは仕方がない。おろちの描画が今までになく良かった。神々の数はもの凄くまだ数えていない。基本的に刻の眷属の資料と考えて求めたが良かったと思う。
アマゾン
惜しみなくホトさらすウズメ


posted 久多@麩羅画堂 : November 7, 2006 12:52 PM

コメント

コメントしてください(お名前とメールアドレスは必須です)

コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。