« 劇画古事記。 | メイン | いつもの朝。 »

November 08, 2006

月かたぶきぬ

東(ひむかし)の野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば月かたぶきぬ 柿本 人麻呂
す、すみません。後に月が見えたもので・・・

※広辞苑によると、『かぎろい』とは日の出前に東の空にさしそめる光とあります。冬の寒い朝、夜明けの一時間から二時間位前に、東の空に陽炎が立つ現象をいいます。前の夜に冷え込みが強く、次の日によく晴れると、きれいな『かぎろい』が見えるそうです。


posted 久多@麩羅画堂 : November 8, 2006 09:31 AM

コメント

コメントしてください(お名前とメールアドレスは必須です)

コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。