« February 2008 | メイン | April 2008 »

March 31, 2008

東京アニメーションフェア。

ウサビッチの勇姿。着ぐるみに入っているアクターはさすがの動きだ。プロだ。30日は東京ビッグサイトで行われた東京国際アニメフェアへ出かけた。今回は特に知人の出展もなかったがメジャーは当たり前。そうでない人々の作品を見る絶好の機会なのだ。しかし歴史絵巻はさっぱりだなあ。
今月はVisits25,632(211,069)、Hits106,701(1,364,965)いただきました。
ありがとうございました。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:13 PM | comments (0)

March 30, 2008

花見。

29日は知人と連れ立って掃部山公園へ花見に出かけた。大層な人だかりであった。その後席を移して野毛のみかさへ行った。飲み過ぎた。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:22 AM | comments (0)

March 29, 2008

時節柄。

やはりこれですね。こちらもどうぞご覧ください。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:04 PM | comments (0)

March 28, 2008

紅白。

おとくです^^


posted 久多@麩羅画堂 : 10:55 AM | comments (0)

March 27, 2008

白いキャンバス。

大きな建物だと迫力が違いますね。さて何を描きますかね。大規模修繕かな。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:40 AM | comments (0)

March 26, 2008

春雷。

昨晩、南側の空が桃色に輝き丘が浮かびあがった。つづいて「どっ」と音がしてしばらくして雨粒が落ちて来た。夏のそれと異なり柔らかい。どこか儚げで、どこか控えめだ。会釈のようなものだからだろうか。濡れたまま歩いてみた。
shikibishin1999ちなみにこれはフラッシュではありません。ひとこまひとこまペインター上で矢印キーでコチコチ打って動かしました。イージングは5打ち4打ち3打ち・・・1打ちです。途中で電話が掛かって来ると何処まで打ったか忘れそうになるので恐怖でした^^;当時の通信環境ではとんでもない時間をかけてサーバーに上げてもたったこれだけでもまったく動かず挫折。^^;この年の夏フラッシュ3に出会って解放されたのでした。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:39 PM | comments (0)

March 25, 2008

アップルストア銀座。

昨晩3月24日(月)7:00 p.m.アップルストア銀座へ出かけた。
「エキスパートスタッフpresentsクリエイターズ・トークショー:自分のチカラで世の中に出る、というスタイル /会社勤めから独立し、イラストレーター/デザイナーとして活躍中のNIWAKOさんと、Apple Storeのイベントでおなじみのまつばらあつし氏によるトークショーです。作品をご紹介しながら、フリーランスの楽しさや苦労話などを披露。独立志望の方たちへのエールとして、多様な生き方の可能性を提示します。ぜひご参加ください。」 がんこ銀座一丁目店へ行った。途中から女子率急上昇。Tさんがいらしておどろいた。一昨日飲み過ぎた感じがあったので抑えた。と思う。


posted 久多@麩羅画堂 : 09:47 AM | comments (0)

March 24, 2008

チューリップ。

今日は冷たい雨が降っています。昨日横浜公園ではチューリップが咲き始めています。昨年も同じ頃見ました。三寒四温ですね。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:17 AM | comments (0)

March 23, 2008

小額展。

横浜の開花宣言も出ました。自宅裏の桜も一枝だけ3輪咲きました。写真はザイムフェスタ「小額展」風景。出展した作品4点中2点お買い上げいただきました。ありがとうございました。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:12 AM | comments (0)

March 22, 2008

大晴天。

昨日はダウンジャケット、ウールキャップ、手袋、^^;だったのに、本日ぽっかぽか〜^^/。 ザイムフェスタ。3時から別館311に棲息します〜(コア期間20〜23日)


posted 久多@麩羅画堂 : 01:49 PM | comments (0)

March 21, 2008

剥がれる。

高速道路の壁を覆う蔦だが、強風の為か剥がれつつある。ちょっとコワイ。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:18 PM | comments (0)

March 20, 2008

春分の日。

帰省した。風雨強くバスで駅へ向かう。東京駅から高速バス利用する。家の近くで奇妙なドラム缶を発見する。風で倒れてそのままなのだろうか、気になる。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:16 PM | comments (0)

March 19, 2008

小額展搬入。

本日搬入日。3時〜6時の3時間。8時までと聞いていたので慌てる・・・写真は馬車道のウインドーのふぐ人形「窓際のふくちゃん」


posted 久多@麩羅画堂 : 09:51 AM | comments (0)

March 18, 2008

緊急?救急??

間違えるにも程がある似非患者。しかしディレクションできない人が多いね。メッセンジャーの方がなんぼか上等と思う事もあるね。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:10 PM | comments (0)

March 17, 2008

小額展

●小額展企画● 小さな額の中に広がる「大きな宇宙」展
(on ZAIM FESTA2008)
開催期間:3月20日(木)春分の日〜23日(日曜日)
開催場所:横浜ZAIM 別館3F
みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分
JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
横浜市中区日本大通34 日本大通り角、中区役所隣り
TEL.045-222-7030


posted 久多@麩羅画堂 : 06:18 PM | comments (0)

March 16, 2008

瀬戸ヶ谷古墳(跡)頂上から

天王町ビジネスパーク、新横浜プリンスホテルを望む。結構見晴らしが良いのに今更ながら気がついた^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 06:22 PM | comments (0)

March 15, 2008

古墳。

今朝の瀬戸ヶ谷古墳・・・跡^^;
北西から望む。まあ言われてみればかなあ。しかし良い天気しかし事務所しかも仕事・・・うふふ


posted 久多@麩羅画堂 : 10:57 AM | comments (0)

March 14, 2008

ふきみそ。

頂く。酒量も増える^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 04:36 PM | comments (0)

March 13, 2008

平面と立体。

どうしてこんなにも表現が変わるのか不思議なキャラクターだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:48 AM | comments (0)

March 12, 2008

特に無し。

目立った変化は事務所には無いのでつまらん。 いや仕事を楽しまなければならないがDTPでは実際には楽しみは小指の先くらいだ。^^;
●出品します。詳細は後日。
●小額展企画● 小さな額の中に広がる「大きな宇宙」展
(on ZAIM FESTA2008)
開催期間:3月20日(木)春分の日〜23日(日曜日)
開催場所:横浜ZAIM 別館3F
みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分
JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
横浜市中区日本大通34 日本大通り角、中区役所隣り
TEL.045-222-7030
FAX.045-662-0509


posted 久多@麩羅画堂 : 01:12 PM | comments (0)

March 11, 2008

春霞。

雨上がり。温かい。花粉多大。


posted 久多@麩羅画堂 : 10:40 AM | comments (0)

March 10, 2008

見上げてご覧。

空は高いよ。つまらん事にいつまでもとらわれてるんじゃないよ。桜木町駅前MM21-28街区計画株式会社TOC/地上24階 物販、飲食、フィットネスクラブ、映画館、ホテル、事務所、駐車場500台、平成21年9月末日完了
そしてもう一つの見上げてご覧。あれがアメリカの大量虐殺マシンだよ。戦争なんかくそくらえ。喜ぶのは死の商人だけ。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:51 PM | comments (0)

March 09, 2008

三渓麺。

きれいきびしいきもちいいの3Kお姉様じゃありません。三渓そばとは? シバブログさんが丁寧に解説されておりますのでご参照ください。三渓園へ出かけました。もちろん「梅」。暖かな一日でした。久しぶりにのんびりできました^^/ 観梅写真


posted 久多@麩羅画堂 : 11:46 PM | comments (0)

March 08, 2008

シャンソンライブ。

昨晩は横浜「デュモン」へ出かけました。はっきり言ってきちんとお店で聞くのは始めてなのさ。緊張はしなかったけどね。お店のドアを開けたら人生の円熟期を迎えた方達ばかり。それと音楽を勉強中の学生さんかな?和気あいあいとした居心地の良さそうな空間だ。やはり歌はいいねえ。僕は名うての音痴なんだけどね^^;3ステージ中2ステージ拝聴。舌噛んじゃったので・・・痛くて・・・^^;
藤田三保子さんの雨なのに雪が降る(爆笑)、アンコール。悠路さんのピアフ3。佐川由紀子さんの手話で泣けちゃう。良い時間でした。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:57 PM | comments (0)

March 07, 2008

おみやげ。

静岡のお土産。 釜揚げさくらえび 。うまいものだ。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:15 AM | comments (0)

March 06, 2008

光。

いいね。
横浜区役所が移転した跡地に関内ホールが建設され、それを記念して1986年に日本宝くじ協会から寄贈されたモニュメントでマルタ・パンという作家の「平和1」「平和2」の1の方です。プレートには「平和とは 静かな時と運動からなる絶えざる均衡の追求である」と記されています。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:36 PM | comments (0)

March 05, 2008

啓蟄。

目覚めよ、起きよ、ぐぐっと自分。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:03 AM | comments (0)

March 04, 2008

3Dハート。

SMAPの番組を見ていて青いハートがたくさん降って来たが、絵で描く時は立体的なハートって鋭角な部分はないように柔らかく丸く描く。 ところが番組では二枚貝のようになっており合わせ目が鋭角だ。3Dで以前自分が作った時もやはり表裏の合わせ目がどこか機械的な角があったように記憶している。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:39 AM | comments (0)

March 03, 2008

ヒトバシラ。

雛型に飾られたお箸と爪楊枝を見て、まるで人柱みたいだと、子は言った。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:37 AM | comments (0)

March 02, 2008

横浜という街。

横浜物語と言う言葉で以前読んだ本を思い出し検索してみた。まったく別のサイトであったが日頃思うところあり。近似なので記す。 横浜物語
5 文明開化の横浜
「ヨコハマ」という名前は、歌にも出てきたブルーライトヨコハマだけでなく何となくロマンチックでエキゾチックな匂いがする。今は「みなとみらい21」で21世紀の都市・街造りが行なわれている。ペリー来航以来150年日本の文明開化の窓口を担ってきた。はまぎんの「横浜ものの始め物語」によれば、横浜開港で新文化が伝来した、その数の多さが書かれている。横浜発のものとして「鉄道」「自転車」「ホテル」「カフェテリア」「競馬」「ボート」「新聞」「和英辞典」「写真」「ビール」「牛乳」「パン」「氷・アイスクリーム」「クリーニング」「石鹸」「理容」「洋裁」「マッチ」が掲げられている。続編では殖産興業・近代生活面では「「ガス灯・電灯」「電信・電話」「波止場」「近代下水道」「鉄の橋」「教会建築」「近代水道」「公園」「外国郵便」「居留地消防隊」「病院」「劇場」「水泳・海水浴」「野球」「テニス」「スケート」「牛鍋」「西洋野菜」「目薬」「時計」「義足」がある。よくも調べたものだと感心する。しかし今も横浜界隈に残り全国に誇れる産業、製品、娯楽として残っているのは少ない。東京ほか全国で製品化されたり、商業化されたりしている。それは何故だろうか。資本の問題もあるかもしれないが、じっくり育てる風土が横浜には無かったからではないだろうか。初物食いは良いとしても、次から次へと目移りして文明開化の波に翻弄されたのかもしれない。密教王国でモノ造りには向かなかったこともあるかもしれない。

特に最後の数行はあまりに情けない状況ではないか。

感じているのは特に横浜に限らない。育てるという感覚がないのだよ最初から。生産は産まれてくる、天から降ってくる。そう思うからじゃないのか。では現在何も産まれず育たないのかと聞かれれば否と答えるだろう。まあ、僕の都合の良いところだけ取り上げた訳ですが、ちょっと弱かったかな。
横浜捺染業界も頑張っています。デザインが生きる場とも言えますね。僕は横浜という場が不思議な存在として感じます。こんな事言ったら東京だって同じと思われるかも知れないし、住んでいる方から見ればふざけるなとおしかりを受けそうだけど歴史の厚みの違いが歴然としています。流れ者の街なんだと思うのです。本来それは居心地の良さそうな物だが定着し続けると違和感を生じる。なぜか・・・
船舶が貿易の主要な手段だった頃、確かに横浜は玄関でした。で、観光都市に変わってさらに情報発信都市へと変貌を遂げつつありますね。重要なのは情報集積都市でなければならないのじゃないかなと思います。でも湾岸だけ。
横浜を形成する大部分の住宅地はそこから出かける人が全て横浜と言う訳ではなく大方が東京へ昼間移動しちゃう。昼間の消費活動が低くなると産業も発展しないかなあと言うのが現在の感想なんです。どうしたものかなあ?
横浜は発祥の地と言われています。突然生まれた訳ではなく港本来の先進性があったからですね。ただ歴史と言うのは積み重ねだと思うのですよ。今まではそれが少ない。「で、いまはどうなの?」と聞かれた時に誰もが胸を張って答えられる。そのような物があるといいなあ。常に新しく常に消費され実験台は嫌だなあ。と思うのですよ。古いのが良いのではなく古さをきちんと評価する文化みたいなのが欲しいなあと。
冒頭にも出た「何となくロマンチックでエキゾチック」だが、これを味わえる地域は実は小さい。小さいとは大きさ広さではなく横浜市全体から見た率だ。波止場、埠頭、錆、塗り重ねられたペンキ、煉瓦、元町チャーミングセール、イセブラ。街全体がこれらで構成されている訳でないのは明白だ。しかし多くの人はそれを求めて来訪するだろう。そしてみなとみらい地区に来てこれが横浜かと錯覚する。「同じじゃないか。」と。
街は人の要求に合わせて成長する。恐らくここに大きな過ちがあるような気がする。街は人に合わせてはダメなのだ。あるべき姿から作る必要があるんじゃないのか。それが試金石だったのにも関わらずノッポだけが取り柄の未来を作ってしまった。波に翻弄されているのは文明開化の昔だけではないような気がする。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:32 AM | comments (0)

March 01, 2008

パッチ?

保土ヶ谷駅ホームにやっと待合室ができました。冬は風の通り道となって・・・・寒いんだわ。 ところで、ふと気になったのがガラス面の「パッチ」 これは一体何のためのものなのでしょうか? 思うに 1)ガラス運搬の為の穴を塞いだ。 2)衝突防止のための目印。 3)覗き穴。 4)静電気除去装置。さて分かりません。 衝突防止なら白か半透明のスリットにすれば良いし・・・覗き穴ならガラスの意味がないし、やはり運搬の為の穴なんでしょうか?


posted 久多@麩羅画堂 : 01:26 PM | comments (0)

▲top page