« May 2008 | メイン | July 2008 »

June 30, 2008

丘の上の蟹。

例年より18日遅く現れた蟹。いつもだと命日近くに白い腹を出すのに不思議だ。七回忌を過ぎたからだろうか。
今月はVisits13,417(232,470)、Hits113,831(1,425,544)いただきました。ありがとうございました。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:49 PM | comments (0)

June 29, 2008

粘ります。

粘ります。ああジョーンジ、サービス過多。ルーカス先生の思い込みが激しくて浮いている感じ。先住民は守っているのだから丁寧に扱って欲しいな。愉しいのだけど・・・夏のハムナプトラ3に期待。写真は雨の日は相合い傘でらぶらぶ。水面にハート形の模様が浮かびます。横浜西口相鉄ムービル前にて


posted 久多@麩羅画堂 : 05:47 PM | comments (0)

DAZZLE企画展 VIVA! ITALIA 展

梅雨のうっとしい日本から太陽の国イタリアに思いを馳せて。
VIVA! ITALIA 展
日時 6月24日(火)〜6月29日(日)
   12:00〜19:00
   29日〜17:00
会場 DAZZLE
   東京都港区北青山2-12-20 #101
   MAP
電話 03-3642-5590
参加者 生駒さちこ、井出 佳美、井上 コトリ、岩清水 さやか、加藤 聖子、くぼた たま、クラハシヨーコ、小塚 類子、小松 容子、斉藤央、さかき くみこ、しあわせ かなこ、中村 メグミ、中村 葉子、nori、橋本尚美、妃呂麿、J.F.クーヤ、ミヤモト ヨシコ、ワタナベ メグミ


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

June 28, 2008

SUMOPAINT

HAL_氏(ZietZ)より教えて頂いたこれは半端ではないウエッブアプリケーションです。フォトショップも真っ青!なSUMOPAINT
Open Sumopaint in new windowをクリック。後はフォトショップライクなインターフェイスです。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:09 PM | comments (0)

コンフリクトの穴。

生まれる場所を選べない。しかしそれはそれで愉しい国と言える。日本にも、米国にも中国にも北朝鮮にも言いたい事が山ほどあるが。コンフリクトが起きて機能不全となる前にバグは取り去らなければならないよね。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:03 PM | comments (0)

June 27, 2008

ぐっくくぽん!

グッククポンの音がなった感じがした。馬車道で昼食散歩やってるばあいじゃないのだが^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 07:06 PM | comments (0)

June 26, 2008

一億円で責任を被って欲しい。

業務改善措置命令それだけなの?と言うか、もうそろそろ分かりもしないブランド信仰って止めない?と言っても小さな鰻で高くても中国産もあるのか・・・浜名湖宿泊鰻みたいなのとか・・・大丈夫なのか・・・横浜は雨。雨が降ると景色が沈む。灰色は明るい色が無いといやな色だなあ。



posted 久多@麩羅画堂 : 08:24 PM | comments (0)

「アートとして餓死するまで展示された犬」

私達は命を糧として生きている。私達は動物をそして植物をそれらの命を糧として生きている。私達は何かを代償にして生きている。私達は芸術を時間を通して創作している。命と時間、決して逃れる事なく正面から見なくてはならない。私達は同じ命でありながら命を異なった観点で見る。それが倫理観だ。だから間違っているとは言えないかも知れない。魚は良くてほ乳類は駄目だとか豚は良くてクジラは駄目とか、それらを逆手に取っての表現だろう。しかし、ここに重大で明らかな欠陥がある。個々の命は尊厳を持たなければならない。あらゆる理由はそれを妨げない。「アートとして餓死するまで展示された犬」というのをご存じでしょうか?転載と署名を集めているようですのでここで紹介します。南米ホンジュラスでアートエキジビジョンが開催され、そこで、展示された「アート作品」です。 そのアーティストは、町を徘徊しているノラ犬を捕まえ、展示会場内のコーナーに繋ぎ「餌を与えないでください」と書いた立て札を立て、開催期間中、一切の飲食をさせず、犬が餓死していく様子を見せるという作品を展示したのです。 展示場へ訪れた人達のたくさんの人達が、餌をやろうとしたり、抗議をしたそうですが、その芸術家グループ側が断固として阻んだそうです。でもそういう抗議行動が大きくなればなるほど、その芸術家の思うツボなわけで、なんとか隠れて餌をあげようとした時には、その犬はもう何も喉を通らない程衰弱していたそうです。この虐待者は、「作品」が受けたので、二頭目によるニ作品目を準備しているといいます。

この作家が世界のアート展に同国から代表に選ばれて参加する事をボイコットしたいと言う署名です。オンラインで署名ができます。ただしご自身の判断でお願いします。アドレスの収集に利用される恐れもあります。
■←クリック■
〜署名の仕方〜
下の方に四角で囲まれた「Click Here to Sign Petition」 というのがあるので、そこをクリック。
(全てローマ字でお願いします)
Name: (required) (名前)
Email Address: (required) (メールアドレス)
Ciudad / Localidad: (required) (町の名前)
※(町の名前)は、横浜市でしたら「Yokohamashi」と入力してください
Pa??s: (required) (国)
そして、「Preview your signature」をクリック!
次のページの「Approve Signature」をクリック!
署名が完了すると折り返し下記の内容の自動メッセージが届きます。(全て、英語のメールになっています)“このメールは「オンライン署名」にご署名いただきました○○××さんとしての署名であることの確認です。貴方様からいただきました署名の受け取りはすでに完了しておりますので、このメールへの返信は不要です。 貴方様の署名番号は2530047です。PetitionOnline.comにて署名集めを主催はしておりますが元々の署名文面を作った訳ではありませんので、もし署名文等にたいしてのご意見がある場合には、署名文を作られた方へ直接ご連絡ください。メールアドレスは、jaime.sancho@gmail.comです。 当方ではご署名をいただいた方々のメールアドレスを(他の目的で)配布リストとして保存することはありません。ご署名をお送りくださった貴方の勇気に敬意を表しますとともに、ご参加いただいたことに心より感謝しております。
ケビン マシューズ PetitionOnline.com ディレクター”


posted 久多@麩羅画堂 : 03:38 PM | comments (0)

June 25, 2008

横浜松坂屋。

横浜松坂屋とうとう閉店なのか。サンケイリビング新聞横浜湘南版が発足した黎明期。ブランケット版だった当時にI編集長から依頼を受けて「アルバイト」でイラストマップを描いたのはもう35年前・・・今でも覚えているのは取材の日は大雨でアーケードがありがたかったって事。当時はまだ松屋も健在で両雄相並んでいたなあ・・・博雅の焼売もなあ。競馬とパチンコで伊勢佐木町を駄目にしたなあ。2丁目以降は何語だか分からんもの・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 03:51 PM | comments (0)

June 24, 2008

ぴーかん〜♪

こんな日は 小径を抜けて 隠れたい
その階段を
その直進を
むこうにゃ
愉しい事で
溢れかえる
そんな世界

でもよ
隠れちゃ駄目だ逃げちゃ駄目にょ。
明日を楽しみに生きるんだっちゃ。
くそったれ排除で健康に


posted 久多@麩羅画堂 : 11:13 AM | comments (0)

夜の雨。

さらさら。夜の雨は好きだ。
見えないからケヤキの葉に当る音だけが聞こえて来る。
いや見えないんじゃない。見ないのだ。
夜の雨は見て良い時と見ちゃ駄目な時がある。
今は見ない雨を聞く。
さらさら。
雨はいかなるものも流してくれる。
でも雨に甘えちゃ駄目だ。雨は相手を見る。固める場合もあるからね。
だから楽しい気分の時に雨を見ずに聞く。
さらさら。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:11 AM | comments (0)

空のない路地 昼食散歩

昨日の事。30年以上も関内に居てはじめての路地。ちょっとどきどきする。
社会保険事務所の裏、事務所から120メートルほどの路地。車屋さんの前の歯抜け状態になって駐車場になっているスキマからふと気になった建物が見えたので昼食の帰りに寄ってみた。突き当たりに普通のマンションが建ちその奥へ同じくらいの高さで幅の広いマンションが建ち、更に奥に巨大な白いビルが建ち進行方向に空がなくなっている。(カメラはコンデジで広角気味だから空が写るが心情的には正面に空は無い)ビルの建った場所、マンションの建った場所、確かそこは大きな駐車場だった筈で見通しの良い場所だったと思う。表通りばかり歩いていたから気が付かなかったのだ。へえと感心するほど間口二間ほどの小さなお店がたくさん並んでいた。一度誘って行ってみよう。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:09 AM | comments (0)

June 23, 2008

初短パンで。

昨日は蒸していたので短パン着用で出かけた。しかし雨脚が強くなった為に冷えた。どうやら一番強い時にうろうろした模様。そのような中に花の撮影をしながら帰宅した為、夕方から肩が痛む。参った参った年寄りの冷や水状態・・・^^;川は濁流。鴨は見当たらず無事でいて欲しい。もっとも野生は人間よりよほど生きる事に必死だから大丈夫だろうね。鯉は浅瀬付近の茂みの影で流れに逆らって泳いでいた。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:57 PM | comments (0)

June 22, 2008

山田ゴロと愉快な仲間たち

山田ゴロと愉快な仲間たち〜原画で見るヒーロー・ヒロイン展
日時 6月17日(火)〜22日(日)
   10:00〜18:20(22日〜17:00)
会場 横浜人形の家 2階多目的室 ( 入場無料 )
URL
トーク・サイン会( 有料 )4Fあかいくつ劇場
日時 6月21日(土)
   1回目12:00~特撮ヒーロー出演俳優( 決定次第告知 )
   2回目14:00~山田ゴロ/桜多吾作
   3回目16:00~高杉俊介(仮面ライダースーパー1 沖一也)
            平山亨 ( 東映元プロデューサー )


posted 久多@麩羅画堂 : 05:00 PM | comments (0)

自己陶酔。

昨日はKIP定期総会だったので横浜中華街「龍華楼」午後1時に出かけた。30分ほどの慌ただしい総会後というか途中退席で午後2時からの「山田ゴロと愉快な仲間たち〜原画で見るヒーロー・ヒロイン展」トークショーへ入場のため急いだ。中華街からだから近いと甘く見積もってしまった。汗まみれ^^案外と距離があったのだ。さて一つの事を長く続けるという事は努力だと思う。決して好きだからだけでは済まされない。もちろん好きでなければ続けられないのも事実だが。山田ゴロさんと桜多吾作氏(僕はその時までさくら・たごさくと読んでいた^^;)正しくはさくらだ・ごさく氏だ。好きで続けた事がいつのまにか特色とか特長、そのひとなりを作って来たというお話。もちろんそれ以外も愉しかったが僕にはそこが記憶に留まる事になった。なぜなら僕は飽きっぽい。ひとところに留まれない。完成する前に逃げてしまうところがある。今さらどうしようもないが、今朝のNHK日曜美術館でアボリジニのエミリーさんという画家の話を聞いた。78歳から。僕にはまだ22年もあるじゃないか^^何とかなるかも知れない^^;その後2階に移って肝心の原画を拝見する。僕自身は漫画は印刷され本になってはじめて読者の目に触れそこに価値をみいだす物だと思っていたから、アイデアスケッチに関心があって原画そのものには興味が薄かった。ところが原画を見てちょっと印象が変わった。うまく言えないが印刷と違って息づかいが感じられるのだ。指の動き手の動きその時の息を止める感じといえば良いのか。自分が描く場合もあるので感じられるのかも知れないが塗りムラも愛情のようで原画って愉しい。
丸子さん、岩崎さん、菅さん、メソポ田宮文明さんにお会いした。
中華街から野毛の叶やへ移動。その後カラオケに寄って自己陶酔したという訳。


posted 久多@麩羅画堂 : 12:09 PM | comments (0)

June 21, 2008

蒸して来ました。

横浜地方は本格的に梅雨入りですね。でも花は水滴を乗せて美しくなる季節でもあります。反射が基本的に好きなんです^^;宝石とか^^;持ってないけど。他家の庭の枇杷の実はだんだん上に去ってしまい^^;マクロ撮影ができません。3倍ズームでやっと^^; 本日は13:00中華街龍華楼「KIP定期総会」、14:00人形の家「山田ゴロと愉快な仲間たち」16:00〜???^^;どうしようかなあ


posted 久多@麩羅画堂 : 12:02 PM | comments (0)

June 20, 2008

だから正義面する奴が嫌いなんだ。

死神報道。
この報道が真実なら明らかに言葉に対して偏向している正義みたい。法の執行に何を言うのだ。おかしいんじゃないか?報道する立場として大丈夫なのか。
参考記事
先日の秋葉原無差別死傷事件でも逮捕の警官の銃の扱いについて他紙と明らかに異なっていた。犯人がナイフを捨ててから銃を向けたと書いてあったが他紙は反対だった。何か倫理規定とか大丈夫なのか?自分の支局が襲われた時、犯人に同じ態度で接する事ができるのか。ネットを知らないこの新聞の読者はこの報道しか読まない、信じない。そんな事で良いのか?他人を死神と言うこの無神経がたまらなくいやだ。
鳩山法相は、「死に神」なのだろうか
法律を守って死に神呼ばわりされるのか
鳩山法相下で死刑執行最多13人…秋葉原無差別殺傷を意識か
宮崎死刑囚ら刑執行 プロセスに一定の透明化必要
<死刑>3人執行、廃止議連や人権団体の抗議表明相次ぐ
亀井。あなたにそんな事を言う資格があるのか
「事故があったのは事実ですが、“誠意”云々については、事故の加害者、被害者のそれぞれの立場によって主観も入りますから……。いずれにせよ、事故処理は『警察のほうできちんと処理されて』いますから、その点をご理解賜りたいと存じます」


posted 久多@麩羅画堂 : 04:29 PM | comments (0)

遺体屋の仕事

泣けて来ます。こちら


posted 久多@麩羅画堂 : 02:14 PM | comments (0)

ありがとうギャラリー号。

今朝の横浜駅。
いつもの向かいのホームは京浜急行本線だが見慣れぬ車両が停車した。
検索してみた。なるほど〜
ゲーム馬鹿の壁。
通勤時の事だが横須賀線車内のドアの真ん前、僕の正面で白プレイステーションポータブルのゲームをしていた若くてでかい男。ホームに到着してドアが開いてもその場でやってやんの。しかもでかいから押されても微動だにせず。僕は後ろからの圧力と奴のニオイの狭間で辛かった。先日の八双飛びの男よりひどい。なんで一度降りようとする判断がないのか不思議でならなかった。奴の脳を知りたい。ゲームだけは一人前だったりして・・・


posted 久多@麩羅画堂 : 12:19 PM | comments (0)

June 19, 2008

昼食散歩。

昨日の本町通り昼食散歩。横浜銀行協会玄関


posted 久多@麩羅画堂 : 12:23 PM | comments (0)

June 18, 2008

変化。

このカタチのまま白から赤の分量が4段階。巫女さんに見えたり、逆さまのミニーに見えたり。^^僕は女性の巨大なヒップに見えますが^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 03:40 PM | comments (0)

June 17, 2008

金沢パリパリしらす。

今朝、食卓にそっと置いてあった父の日のプレゼント。越乃寒梅とおつまみ。金沢パリパリしらすは塩をまぶした「かたくちいわし」をそのまま圧延しただけの素朴な商品。最初はぱりっとするのだが噛んでいると次第に元の魚の食感が戻る。そんな味わい。わかるかな^^;たたみいわしではないのよ。僕が眠った後に帰って来て置いてくれたとの事で、ありがとう^^


posted 久多@麩羅画堂 : 03:40 PM | comments (0)

June 16, 2008

横浜スカイツリー。

新東京タワーの愛称は「東京スカイツリー」。ならば横浜市庁舎の上のタワーは「横浜スカイツリー」と申し上げても過言ではない^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 02:45 PM | comments (0)

June 15, 2008

鴨の親子。

昨日の事だが今井川に鴨の親子がいると聞き寄り道をした。しかし見えるのは親ばかりで最初は本当に分からなかった。すぐ近くなのに砂利に混じってじっとしていたからだ。親鳥が移動して子が後を追って動いたためやっと分かった。


posted 久多@麩羅画堂 : 02:21 PM | comments (0)

June 14, 2008

エド参り上野神田用賀。

10:10上野に到着。着いて驚く長蛇の列。若い若い人の波。しかも並んだのは当日券購入の為で、入場は別の列だという。30分ほど並んで1時の回の入場券1,500円を求める。それではという事で半ば諦めていた神田薮蕎麦へ向かう。
11:20に神田薮蕎麦店前に到着。30分開店だが既に10名ほどの方が並んでおり待ち合いにもお座りだ。^^;僕は並ぶのが嫌い。でも予約はもっと嫌いと言うへそ曲がり^^;なのですぐ座れるのは嬉しい。せいろ3枚、天たね一つ、お酒一合。神田も秋葉原も等距離なので何となく秋葉原駅まで歩く。本日一番暑い時間に一番暑い街を歩いた感じですなあ。僕は降りた経験があまり無い駅で普段がどのような感じかは分からないのだが事件が起きて6日なのに街は一角を除いてまったく変わりなく動いているように見えた。並ぶ覚悟で上野の森美術館に戻ったが拍子抜けとはこの事か、時間が良かったのか誰もいない・・・。まだ30分あるので寛永寺清水観音堂へ寄って秋葉原事件の被害者の方の事をお祈りした。何となくそうしなくちゃいかんような気がしたのだ。
13:00並ぶ。井上雄彦・最後のマンガ展10名位ずつ入場させる。多少じれったさもあるが小さい肉筆画なのでその為の配慮なのだろうと思う。その後の武蔵、死ぬ間際の武蔵の元に草木が弟子入り志願する場面から始まるが内容は言わない。大きな絵の武蔵はさすがに迫力がある。画力があると言われる作家の事はある。と思う。しかも和紙に墨だ、滴り落ちる墨痕もうまく生かして素晴らしい。漫画の方の描き込みもなかなか細部にわたって神経が行き届いており素晴らしい。しかし背景とかスクリーントーンとか。これはスタッフだろうと言うと家人はまっさかあ展覧会用にそんな事しないでしょ?と言う。そこらへんは分からない。岩屋の武蔵も良かった。会場の構成は良いのだが全体の絵の構成は導入の緊張感から見ると後半に若干のダレを感じさせた。実は僕は「バカボンド」を知らない。「スラムダンク」の単行本のみなのだ。
15:00用賀到着。22分の美術館行きバスで向かう。15:45世田谷美術館到着。冒険王・横尾忠則入場料1,200円。自分が現在も持ち続けていた41年前のデザイン誌の表紙の色指定用紙が展示してあって驚いた。それはトレーシングペーパーに色鉛筆で事細かに書かれてあった。しかし本題は現在の油絵だ。画家に転向したのが1980年代だと思うのだが繰り返し執拗に描かれる題材に粘りと凄さを感じる。ただ僕が知った横尾忠則氏はやはりコマーシャルの世界であったのでその影響下から逃れる事はできない。多感な時代の出会いはそのごに大きく影響するが影響以降に責任はないものだと感じた。17:30出る。
18:15二子玉川から大井町線、自由が丘経由で帰る。
帰宅してからしばらくしてニュースを見て今朝の東北地震がひどかった事を知る。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:11 PM | comments (0)

June 12, 2008

第39回 日本出版美術家連盟展

「アガペー 無償の愛」
日時 6月3日(火)〜12日(木)
   11:00〜19:00
   休廊6月9日(月)
会場 ロイヤルサロンギンザ
   東京都中央区銀座7-8-10
   資生堂共同ビル2F
電話 03-3573-4067
URL


posted 久多@麩羅画堂 : 07:00 PM | comments (0)

なつつばき。

少し早い気がするが。違う種かも知れない。関内にて
あまり早く追い立てないでおくれ、時間に着いて行けなくなっちゃうよ^^;
土曜日は世田谷美術館に行く事にしました。僕が16歳の時に買った美術出版社の「デザイン」の表紙は当時、「既に」横尾忠則氏だった。本棚ではなく机の引出しに入れてある。


posted 久多@麩羅画堂 : 05:57 PM | comments (0)

June 11, 2008

壁。

「金を残すのは下だ 仕事を残すのは中だ 人を残すのが上だ。」後藤新平
基本的にどれも残せそうにないのだが困った事だ。せめて絵くらいは残したいと思っているがどうなるかなあ?まあ、残らなくても一瞬にやりとしてくれればそれで良いのだが。女子十二楽、楽器資料が正面ばかりと小さいで^^;難儀やなあ。


posted 久多@麩羅画堂 : 01:44 PM | comments (0)

June 10, 2008

細密線画展

丸子博史 細密線画展
日時 5月27日(火)〜6月10日(火)
   AM11:00〜PM8:00
   月曜(6月2日、9日)は定休日
会場 Yokohama Bee's cafe
   〒231-0849横浜市中区麦田町4-98-9
電話 045-622-6004
案内状


posted 久多@麩羅画堂 : 08:00 PM | comments (0)

むしゃくしゃ?

「仕事でむしゃくしゃ」加藤容疑者、事件前に職場で激高。そんなもんしょっちゅうじゃ。多分評論家はワーキングプアだとか家庭環境だとか言うだろうけど。ひとのせいにするな。社会のせいにするな。でも負け犬は負け犬の世界から抜け出せないままだと言った発言の原因は彼の今までの人生の途中に必ずある。僕は人というものは方向が異なるだけで大きく変わらないと思っている。ネットや武器の規制と言う前に重要であるから知っておきたい。そうしないといわれもなく殺され命を落としたり怪我をされた人々がまったく救われない。


posted 久多@麩羅画堂 : 07:25 PM | comments (0)

June 09, 2008

溶解折り紙。

もしかして「ことえり」って学習機能はないのかな?登録を繰り返さないときちんと変換しないのかな?最近とてもおかしい、怪しい・・・妖怪おりがみ 講談社 1,365円


posted 久多@麩羅画堂 : 01:27 PM | comments (0)

June 08, 2008

JAZZ香る・版画展

JAZZ香る・版画展 特別企画展
HAL_氏の個展です。見応えあります。と今までの雰囲気からそう思う。
日時 5月27日(火)〜6月8日(日)
   11:00〜18:00
   8日〜16:00
会場 SAKURA GALLERY
   東京都江東区常盤2-10-10
電話 03-3642-5590
正式公開


posted 久多@麩羅画堂 : 04:00 PM | comments (0)

途中下車。

何だか最近、オンとオフが逆転気味^^;オフの時の方がスイッチ入って困ってしまう。土曜日は上野の東京芸大美術館でピンバッジを買って来た訳だが丸子さんの細密画展の後に山手の駅前にある韓国料理のお店に入った。そこでネギ油のこげる香ばしいニオイがシャツについていたらしく今朝洗顔の際に洗面所に漂っておった^^;このニオイのままその後ハシゴをしていたのか^^;ひゃ〜〜〜
さて来年のオリジナルカレンダーだが決めた。異常な早さでしょう^^;「妖艶女子十二楽態」っつうう。 自分がモデルになれない^^;だれかやってくれる?^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 02:07 PM | comments (0)

June 07, 2008

芸大の門をくぐる。

10:00上野
バウハウス・デッサウ展
バウハウスと言えばデザインと建築に興味がある人なら必ず知っている運動体であった。その優れたデザイン理論は色褪せる事なく魅了し続けている。展示されたオブジェの数々は眺めて飽きない。で、僕も「あった」と思っていた。それらはアーカイブで語られる事が多かったからだ。今回驚いたのはデッサウが東ドイツであったために語られる事が少なかったという事。デッサウ財団としていまなお実践体として機能しているという事だ。
13:00銀座
第39回 日本出版美術家連盟展「アガペー 無償の愛」
二度目のロイヤルだが相変わらず入口が分かりにくく区画を一周してしまう^^;さすがにそうそうたるメンバーで濃い展示でした。艶っぽさ全開で目眩を起こしそう。会場にいらした宮島さんの解説付という豪華さでじっくり拝見した。メソポ田宮文明さんの作品は度肝を抜かれた。
14:15銀座
がんばれニッポン、を広告してきたんだそう言えば、俺。応援団長佐々木●宏
記名帳に大胆にも久多と書いて来てしまった。^^;
16:00関内
事務所にて細かい所用
17:00山手
丸子博史細密線画展
知人を誘って出かける。売り出しの頃の原画なども展示され興味深く拝見。小口木版との比較、スクラッチや細密画の技法、住宅パース制作に関するお話まで広範囲に伺う。


posted 久多@麩羅画堂 : 11:29 PM | comments (0)

June 06, 2008

枇杷ざくざく.

枇杷の実が成り放題。問題は他家の庭なので取り放題ではないところかな。^^;空き家だけど^^;;;;;暑いすね〜横浜は27度なんてのが出てましたね^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 05:38 PM | comments (0)

June 05, 2008

気分はハートで。

今朝の関内駅のホームでの事。通勤時間帯は会社役所が多いために車両から降りる人が圧倒的な中、ドア付近で流れに逆らって八双飛びよろしく頑張る人がおってな、突き飛ばされたのかすぐさま顔を真っ赤にしてホームに飛び出し相手の襟首をむんずとつかむと車内に戻そうとした。
回りの人が複数間に入って柔らかい物言いで「混んでんだからぁ止めろよぉ」と引き剥がした。ちょっと間延びしたような言い方が効いたのかその場は収まった。しかし何で自分が一度降りて他人を降ろしてから素早く乗ろうと考えないのかなあ。きっとその人は車両のほとんどの人が降りるとは思ってもいなかったのだろうなあ^^;
34万円で薄給か。大阪って裕福なんだなあ^^


posted 久多@麩羅画堂 : 10:36 AM | comments (0)

June 04, 2008

元気を出せばぁ、

元気を出せばぁ、何でもできるぅ!正解です。しかし肝心の元気はどう出せば良いのでしょうか?現状の閉塞感に満ちた中で疑問を抱いていらっしゃる方も多いかと思います。実は僕もその困った状況下にあります。エンターテインメントつまりアニメーションですが、まったくのらない^^;調子づく為の元気。どーしたもんかなあ、どこかに落ちていないものだろうか・・・
何でもできるぅ・・かよっ!
次はオクト君か^^


posted 久多@麩羅画堂 : 11:34 AM | comments (0)

June 03, 2008

横浜開港祭花火大会

梅雨入り前夜祭・・・昨晩の花火大会の事。日時/6月2日(月) 20:20〜21:00  開催場所/臨港パーク前面洋上・メインステージ前。時間になったので慌てて弁天橋のたもとに。 こうして見ると丸の形ばかりだなあ。ちょっと見て戻った。


posted 久多@麩羅画堂 : 03:24 PM | comments (0)

June 02, 2008

土。

埋もれた土と生きた土。 埋もれた土は偶然のいたずらだが、生きた土は先日コンクリートで覆われたと思っていた崖が上部は土を覗かせる工夫がなされていた。今朝見上げて竹が伸びていて気が付いた。


posted 久多@麩羅画堂 : 08:10 PM | comments (0)

June 01, 2008

横浜は暑かった。

半袖で過ごす。若干出遅れたが午後から関内>桜木町>横浜西口と歩く。時間の都合が付かなくてアフリカンフェアは残念ながら今回はパスとする。関内は昨日の荷物を事務所に届ける為、桜木町は開港祭を覗くためと帝蚕倉庫跡地を確認するため、西口はハンズでキャップを探す為だった。無かったなあ。高島屋地下で総菜を購入、茄子田楽、小鮎の抹茶揚げ、若鶏の西京焼、ピーマン肉焼き鳥を買う。男は原の好くまま買ってしまうから量がどうしても多くなってしまう。家では茄子の煮びたしとお刺身もあったと言う^^;焼酎とサッポロの発泡酒、サントリーのカクテルも駅前スリーエフで購入。珍しくアイスクリームが食べたくなってソフトコーンもどきを食べながら帰宅。買い食いがみっともないと非難される^^;


posted 久多@麩羅画堂 : 08:00 PM | comments (0)

村岡修至展

村岡修至展
「柿釉」
期間:5月28日(水)〜6月1日(日)
時間:12:00〜19:00
休館:月曜・火曜
会場:東京・広尾GALLERY旬
   東京都港区南麻布4-2-49
   サンパレスビル1F
   電話03-3444-7665
交通:地下鉄日比谷線広尾駅A1天現寺交差点方向
MAP


posted 久多@麩羅画堂 : 07:00 PM | comments (0)

▲top page