« 消失からガングロまで。 | メイン | 和菓子のような。 »

April 24, 2010

ベリーダンスから

2010年04月19日11:34ベリーダンスベリーグッド。昨日はヨコハマ大道芸だったんですが、午後4時半からの回。
2010年04月19日22:51石原はやはり馬鹿である。帰化うんぬんを言ってどうする。どこぞの福島女史のいう人種差別とは感じないし、外国人に参政権を付与する事は反対だが、ではお前は「何人」だったのかと問われればいったい何人がはっきり家の歴史を語る事ができる?精々がひいおじいさんクラスじゃないかね。戦のどさくさで百姓が武家から奪ったのか知れたもんじゃない。公家が暮らしに困って家系の一部を名乗る事を許したのかも知れない。だいたい石原、お前は大昔(そうね大仏開眼くらい?)に「何人」だったのか証明できるのかね馬鹿だなあ。様々な血が混じっているだろう。最近は口が滑る政治家が多過ぎる。軽いのである。あんたは軽石か?
今問題にするのは日本人である事であって、過去に何人であったかではないだろう。帰化したのなら立派な日本人じゃないか。帰化もしないで権利を要求するからいかんのだ。世界はどうでも良いのだ。日本人の標準が日本であって何が悪い。最近オリンピック誘致にご執心だがもういい加減引退したらどうかね。ったく。
2010年04月20日20:05復元はやはり復元でクローンではないね^^;ところどころに抜けがあって指摘され、がっくりさ。 朗報はpdfで校正に出したインデザインはイラストレーターで開けた事。 ポストスクリプトの勝利だね^^;本当はインデザインで開ければ復元も楽なのだけど。
2010年04月20日23:48中国に馬鹿にされる民主党政権はつまり日本がコケにされるという事だ。民主党は即刻政権を止めて欲しい。何が友愛だ、何が民意だ。国なくして民あらず、民なくして国あらず。あれだけ警告しているのに。日本を通してアメコの出方を探っている。もっとも危険な隣人。もっとも油断ならぬ共産主義。日本は戦争を放棄した立派な憲法があります。ただ国防はしなくてはならないが米国の思惑もあって弱体化しています。仮に国防予算を仮想敵国と対峙する水準にすると国に資源がないから疲弊します。米国との安全保障は無くてはならない。中国の思想と主義が嫌いなのはひとえに共産主義だからですが、米国の出方を探るいやらしさが嫌いです。軍事的バランスは決して対等ではないのにも関わらず民主党は何故中国とここまで接近するのか理由が分かりません。そこが不安なのです。売国とまでは申しませんが、国民を統制するために軍部に頼る中国のテクノクラートや、今や何を考えているのか分からない小沢の腹が不気味です。
2010年04月21日12:48リバウンド。煙草を止めたのがほぼ4年前で、いつ測ったか忘れたが64キログラムになってしまっていた。昨晩、気まぐれで体重計を出して測ったところ59キログラムだった。結婚前は54キログラムだったからまだまだだ。しかし肉の位置は肩や胸から下方修正だ。まずいのである。
精子に似たたんぱく質を作る雄特有の遺伝子はOTOKOGI(侠気)
雌特有の遺伝子をHIBOTAN(緋牡丹)
で、どうやら雌から分離して劣性でちょっと足りないのが雄だと思っていたら、なんと別々に進化したらしいね。こうなるとヒトは男と女であって人種は後付のつまらない区分だと言う事が分かる。男通しにしか分からない事って確かにあるな。物語の肉付けとして面白い研究だわ。^^;
2010年04月22日00:08選挙が目的の人はその後、民意の名の下で何をするか分からない。今一度考えてみてね。やるだけの事はやったといったポーズに騙されないでね。私は自民党が長く好きだった。名ばかりの改革が嫌いだった。共産主義も嫌だった。友が学生運動の中に埋もれていくのを見るのが辛かった。汗を流し晩酌をし子を育て静かに暮らす。何故それがいかんのか、友は労働者の権利だと言うが、闘える自由が自由主義の良さではないか。一党独裁の元で自由を奪われる世界が本当に欲している世界なのか。自由は勝ち取る物という。確かに歴史はその繰り返しだ。しかし、ほんの少し相手を認めれば自由は闘わずに手に入る。あらゆる規制が人々のヒステリーに乗じてはびこる。でも今誰を支持すれば良いのか分からない。それが残念だ。


posted 久多@麩羅画堂 : April 24, 2010 10:54 AM

コメント

コメントしてください(お名前とメールアドレスは必須です)

コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。